スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

愛情も強まったり弱まったりを繰り返す

 2018-02-22
11DSC00176.jpg

「犬と飼い主さんの理想的な関係」と言うと、
犬は常に飼い主さんの事を見ていて、
飼い主さんもまた、いつも、犬の事を気にかけていて
お互いに幸せそうにしている・・
と言う感じかもしれませんが、
そんな風に高い水準を維持したまま、
ずっと一緒にいられるのが理想的な犬と飼い主さんの関係性で
それと比べて、自分と犬の関係は・・と考えてしまうと、
良い時もあるけど犬の行動の問題もあって
上がったり、下がったりを繰り返していて
なかなか、高い水準を維持できずにいる・・
なんて落ち込んでしまう事もあるのではないかと思います。

しかし、そうした不満が出てしまうのは、
理想が高すぎるから・・かもしれません?

実際はどんな犬と飼い主さんの関係性の中にも
不満や問題はあると思いますし、
大小のトラブルを繰り返しながらも
なんとかお互いを意識し、関係性を続けて行く事が
犬と飼い主さんの関係性を紡いで行く事になるのではないかと思います。

その為に飼い主さんに必要な事は?と言いますと、
まずは「理想」や「ゴール」を高く設定しすぎない事だそうです。
「ここまでできたら合格」とか「これができたら100点」など、
「ゴール」を基準にして「減点方式」で考えて行くと、
どうしても「できない事」に目が行ってしまって辛くなりますし、
ある程度、結果を出しても100点では無いため、
自信を育てる事ができなくなってしまいます。
だから、他の誰かと比べたり、自分の中の理想と比較するのではなく、
以前の自分と自分の犬との関係性と比較して、
どこが良くなったか?と考えてみるのが良いと思います。

また、そうして他者や理想と比べて自分を必要以上に卑下していると、
他者に対して自分を大きく見せようとしてしまったり、
逆に相手に気に入られようと媚びる行動が増えてしまいますから
犬との関係性を大切に考えるのなら
自分を大きく見せて相手に必要として貰うような行動も・・
相手に媚びて好きになって貰うような行動も避けるべきですし、
犬に対して等身大の自分で向き合うようにして
犬がどうしてくるか?を恐れずに向き合う事が重要だと思います。

そして、その為にも
「自分には欠点があるけれど、良い所もある」
と自分を見つめなおしてみるのも良いそうですし、
自分を基準に考えるようにしてみると
「犬にどう思われるか?」と言う考えの比率が低くなって
自分の考え方や思いがスッキリしたり、
不安や心配の割合も低くなって
犬との関係性を冷静に考えられるようになると思います。
「犬と飼い主さんの理想的な関係」を考えて勝手に落ち込む・・
と言うような事もなくなると思いますので、
自分を知り、犬の事を知る事によって
犬との関係性も良くなっていくのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

自分の愛情は重いと思った時

 2018-02-21
10DSC00151.jpg

「愛情が重い」と言う理由で二人の関係性がうまく行かない事は多いですが、
それは、犬と飼い主さんの関係にも言えて、
飼い主さんの犬に対する愛情が深すぎるあまり、
犬との関係性が悪くなってしまう事もあったりしますので注意が必要です。

ーとは言え、多くの飼い主さんが
自分の「愛情の深さ」に気づかずに犬に愛情を与え続け、
結果、犬の行動の問題が激しくなったとしても、
それをまた、飼い主さんが自分の責任だと感じ、
犬の欲求を満足させるような愛情を与える事によって、
犬のワガママやストレスが助長されて
行動の問題が悪化して行く・・
と言う悪循環に陥ってしまう事も多いです。

飼い主さんからすれば
「深い愛情のどこがいけないの?」と言う感じだと思いますが、
そう言う飼い主さんほど
「愛情とは与え続けること」とか
「常に相手を中心に考える事」が正しいと考え、
その考えに沿って行動をし、
結果、そうした事が逆効果になってしまう事も多いです。

「あなたとできるだけ一緒に居たい」とか
「いつでも、あなたの事が大好きだよ」
と言う事を分かって欲しい・・と考え、
犬も同じ風に思っていると考えますが、
実は「自分の愛を受け取って欲しい」を優先し過ぎていて
犬の気持ちや状態を冷静に判断できていない・・
と言う事も多かったりするそうです。

犬の行動を常に観察してあれやこれやと手や口を出し、
なんでもやってあげようとしますが、
それが犬からしてみれば「重い」とか「窮屈」に感じられてしまったり・・
勿論、そこまで「犬の為に・・」と頑張ると、
犬は自分でやらなくて済む・・と言うか、
知識や経験を積めずに自分では何もできなくなってしまう為、
飼い主さんなしでは不安になってしまって、
お互いに依存状態になってしまう事は多いですが、
そうして「お互いがお互いを必要としている」と言う事に満足をしてしまい、
お互いの気持ちに違いがある事を恐れてしまうと、
「執着心」がさらに強まってしまって、
犬がもし、病気になって入院をしなくてはならなくなった時や
飼い主さんが泊まりの用事で家を留守にしなければならなくなった時、
社会性も無ければ、他者に対する信頼感も無く、
さらに自分自身に対する自信もない犬は
酷いパニックになって不安と恐れの中で過ごさなくてはならなくなると言う、
とても強いストレスを感じてしまう事もありますから
「自分が与えたい愛情」を自分の欲求のまま、与えるのではなく、
犬との距離を保つようにして、
犬が自分ひとりでもの自分を律する事ができるように
「自律」を促してあげるのも良いのではないかと思います。

「相手が離れようとするからもっと愛情を注ごう」と、
愛情を与える事で見返りを求めるのではなく、
相手が愛情を与えてくれるから愛情を返す・・でもなく、
相手がどう思おうと自分が好きだから
相手にとって自分に何ができるのか?を考えてみる・・
そうして、自分の気持ちをコントロールし、
自分を変化させる事によって犬との関係性も
変化してくるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

「分かったつもり」に注意

 2018-02-20
09DSC00146_20180223195029488.jpg

犬が行動の問題を起こすから・・と、
いつもと同じルートをお散歩し、
いつもと同じ生活をして終わり・・
と言う飼い主さんも多いと思います。

「ウチの犬はこう言う子だから・・」
と決め付けてその枠から出ようとはしないし、
出ないから犬の行動や考え方が変化する事はない・・
と言う事もあったり・・

夫婦間でも結婚生活が長く続いて行くと
変化に乏しくなって会話が少なくなり、
「この人はどうせこう言う人だから」と決め付けて
期待をしなくなってしまう事もあると思います。

そう言う時、いつもは行かないようなレストランに行ってみたり、
二人だけで映画を観に行ったり・・と、
二人でゆっくりと過ごす時間を作ってみると、
「会社でこんな事があったのか・・」とか、
「普段、こんな事を考えていたのか・・」と、
相手の見えていなかった部分が見えてきたりする事は多いそうです。

勿論、その為には「子供の話はしない」と言うルールを作る事も必要だそうですが、
そうして、相手の見えていなかった部分が見えたと言う事は
自分がどれくらい相手の事を「わかったつもりでいたのか?」とか
相手に対する関心が薄れていたのか?と言う事に気づけると思いますし、
そうして、相手の見えていなかった部分・・知らなかった部分を知る事は
お互いの距離をさらに縮めるきっかけになると思います。

それは、犬との暮らしにおいても同じで
「どうせ・・」と決め付けて行動をしないのではなく、
「犬と一緒にあんな事をしてみたい」とか
「犬と一緒にこう言う所に行ってみたい」と目標を持ってみる・・

勿論、目標と言っても難しく考える事はなく、
「いつもとは違うルートでお散歩に行ってみる・・」とか
「いつもとは違う時間にお散歩に行ってみる・・」でも良いと思います。
そうして、変化を与えてみると、
「うちの子にはできない」と思っていた事が
意外とできるようになっていたり、
逆に今までできていたと思っていた事が
環境が変わった事でできなかったり・・と、
自分の犬の見えていなかった部分が見えてくると思います。

今まで「できている」と思っていた事が
「実はできていなかった」と言う現実を突きつけられるのは辛いですが、
でも、それは、自分の犬の事をより深く知れた・・と言う事ですから、
それは「分かったつもり」になって、
気づいてあげるべき点を気づかないままでいるよりも良い事だと思います。

それに「分かったつもり」になっている時は、
相手に対する関心が薄れている事も多いそうですから
「相手の事を分かっていなかった」と気づく事は悲しい事でも悪い事ではなく、
お互いの距離を近づける為の”気づき”となると考え、
犬と飼い主さんの関係性をより良くして行く為にも
「相手の事を分かってあげられなかった」とか
「こんな事も知らなかった」と恐れるよりも
新たな発見を得る為の新たな行動をしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

犬が変わってしまった・・ではなく

 2018-02-19
08DSC00135_2018022319471658a.jpg

「付き合い始めの頃は凄く優しかったのに
 今はもう、優しい言葉もかけてくれない・・」
など、相手が変わってしまった・・
と思っているカップルも多いそうです。

最初の頃はいかに自分があなたの事を思っているか?
を伝える事が重要で、
そうした事をアピールする必要がありましたが、
いざ、二人の仲が深まるとそうした気持ちを伝える必要も・・
アピールする必要性も失われる為、
全くしなくなってしまう・・と言う事も多いですし、
逆に「相手が変わってしまった」と思う人は
「相手が自分の為に何をしてくれるか?」とか
「いかに自分を満足させてくれるか?」
と言った事に意識が向きがちなタイプだったりする事も多いみたいです。

最初こそ、相手を喜ばそう、相手に好かれたい・・と頑張りますが、
最初の頃のような無理をいつまでも続けて行くのは大変ですし、
逆に言うと「変わってしまった」とマイナスに考えるよりも
お互いに肩の力が抜けて楽な付き合いができている・・
と考えてみるのも良いと思います。

最初の頃のような情熱がなくなったとしても、
興味が無くなった・・とか愛情が弱まった・・
と言う事では無く、次のステージに移ったと考え、
自分の相手に対する不満点ばかりを見るのではなく、
相手の「いいな」と思った部分を見失わないようにするのが大切だそうです。

犬も長く一緒に暮らしていると、
依然とは変わってくる部分は多いです。
以前は呼べば走ってやって来たのに
今はのっそりとやって来る・・とか、
以前は私の事だけを見ていたのに
今は他の犬と遊んでいたり、
他の飼い主さんの所へオヤツを貰いに行ったら
全然、帰ってこない・・など、
なんだか自分に対する興味が薄れてしまったような・・
自分の価値観が弱まってきているような不安から
つい、以前だったら・・と思ってしまったりもしますが、
犬にも心がありますから気持ちや考えは変化しますし、
歳を取って知識や経験を積んでくれば、
飼い主さんに名前を呼ばれたからと言って走って行く程のメリットはないだろう・・
と考えられるようになったり、
以前なら社会に対して不安を抱いていて、
飼い主さんの足元から離れられなかったのが、
今は人や犬にも慣れてきて係わり合いの楽しさを知ったから
なかなか、戻ってこないのであって、
飼い主さんの事を大切に思っていないわけではないと思いますし、
犬の行動の変化は成長によるものだと考え、
飼い主さんもまた、以前の犬を基準に判断するのではなく、
今の犬に合わせて見方を替えてあげるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

「教えて」や「分かりたい」で突っ走らない

 2018-02-18
07DSC00129.jpg

女性が男性に対する不満として、
「私の話をちっとも聴いてくれない」とか
「私の気持ちを理解をしようとしてくれない」とか
「なんでも話してと言っているのに
 気持ちを打ち明けてくれない」
など、つい、不安になってしまって
男性を質問攻めにしてしまう事もあるのではないかと思います。

「私の事をどう思っているの?」と
相手の気持ちを確かめたくて近づけば近づくほど、
相手は迷惑に思ってしまったり、
気持ちが離れてしまったり・・

まぁ、男女間のそうした悩みは最初の内だけかもしれませんが、
これが「子供」となってくると、子供が大きくなっても
「気持ちを教えて欲しい」とか「分かりたい」と
大変なエネルギーを注いで行き、
結果、「お母さんはうるさい!」と
子供に迷惑がられてしまう事は多いのではないかと思います。

自分の中の「知りたい」とか「教えて欲しい」と言った気持ち・・
「何も言ってくれないから不安」と言った心配など、
自分の中の感情をコントロールできない結果、
相手にも迷惑をかけてしまうし、自分も嫌われて
余計に不安になってしまうとしたら、
相手が「大丈夫」と言って来た場合は、
「今はその事については話したくない」
と言う合図だと受け取って詮索するのは止めてみるのが良いそうです。

そうして、自分の気持ちを落ち着けた後は、
相手と少し距離を置いて「観察」をしてみる・・
相手が疲れていて話したくないのなら、
黙って温かい飲み物を渡してあげたり、
甘いお菓子を出してあげたり・・と言うのも良いと思いますし、
一人にさせてあげる・・と言うのも必要かもしれません?

そうした事は犬に対しても同じで、
犬がいつもと違う行動をしたりすると、
つい、原因を知りたくなって、
あれやこれやと犬をいじくりまわしたり、
「元気を出して」と食べ物を提示したりしてしまいがちですが、
犬がそこから学ぶ事は
「病気のフリをすると飼い主さんが優しくしてくれる」とか
「何もしない方が良いことがある」だったりする事は多いです。

そうして、飼い主さんが自分の中の「不安」や「心配」に振り回されて
冷静さを欠いた行動をした結果、
犬の行動の問題を助長させてしまう事はよくありますので、
何かあった時だからこそ犬の様子を冷静に観察する事が大切ですし、
そうして、普段から冷静な対応を見せる事で、
犬が本当に調子が悪い時が気づけますし、
ヘタな動物病院に通う事で病気のフリをしている犬を薬漬けにして
かえって調子を崩させてしまう・・
と言う危険性も防げるのではないかと思います。

飼い主さんの不安な気持ちも分かりますが、
時には少し犬との距離を置いて冷静に観察する・・
と言う事も必要では無いかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。