きさらちゃんとみんなで平塚総合公園へ

 2017-11-10
01DSC04341.jpg
平塚総合公園に行ってみました。

02DSC04335.jpg
バラがキレイに咲いていましたよ!

03DSC04348.jpg
二人で並んで・・・となんだかんだで、
きさらちゃんもようやく他の犬とここまで
近寄れるようになりました。

04DSC04398.jpg
その後、sideWANのオーナーさんと
シュナ君のママと合流!

05DSC04401.jpg
ご挨拶

06a06bDSC04412.jpg
みんな上手です。

06cDSC04393.jpg
きさらちゃんはシュナ君の
飼い主さんのそばに行って・・・

06dDSC04394.jpg
ちょっとビックリしてました。

07DSC04436.jpg
でも具体的に何か怖い事があったわけではなく、
勝手に怖くなっているだけなので、
後は経験を積んで「大丈夫」を増やして行けば大丈夫です。
とりあえず、みんなで広場へお散歩に行ってみました。

08DSC04467.jpg
夕日をバックに・・

09DSC04470.jpg
シュナ君に近寄られてちょっとビビリ気味のきさらちゃん
初めて会う子に対しては、まだ、ちょっとどうしたら良いか?
が分からないみたいです。

12DSC04472.jpg
シュナ君

13DSC04593.jpg
そこから少し歩くと
紅葉がキレイでした。

14DSC04534.jpg

16DSC04554.jpg

17DSC04658.jpg
池エリア

18DSC04662.jpg

21DSC04741.jpg
シュナ君とみずき君
仲良く一緒に歩いています。

22DSC04747.jpg
sideWANさんの家の子達も
足並みがピッタリです。

23DSC04761.jpg
噴水と岩場のエリア

24DSC04790.jpg
噴水の音が結構しますが、
みんな落ち着いています。

25DSC04795.jpg
きさらちゃんも水を嫌がるかと思いきや
意外と興味があるみたいです。

26DSC04821.jpg
日が落ちてきたのでそろそろ戻ります。

みんなと歩く事できさらちゃんも
自信がついたみたいで尻尾も上がっていましたし、
足取りも軽く、楽しそうに歩いていました。
外でのオヤツも随分と食べられるようになってきましたし
僕からも随分と離れられるようになりましたが、
だからと言って自分勝手か?と言うと、
名前を呼んだり、何か不安な事があったりすると
すぐに戻ってきますので、
「依存」と「自立」を繰り返しながら
良い感じで成長していっているのではないかと思います(^^)
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

「できごと」と「攻撃行動」の間に

 2017-11-09
17DSC00135.jpg

寝ている犬を触ろうとしたら、
ビックリしたのか、反射的に噛み付かれた・・とか、
犬が噛んでいたオモチャを取ろうとしたら、
オモチャを守る為か怒って噛み付いてきた・・
なんて言う話もよく聞きます。

そんな時、多くの飼い主さんが
寝ている時に急に触ったらビックリしたのね。とか、
犬がせっかく楽しく遊んでいるおもちゃを取ろうとしたから怒られた。
など、「人間側が悪い」と思う事は多いですし、
実際、そうなのかもしれませんが、だからと言って、
犬が攻撃的な行動をしても許される・・と言うと、
それはまた、違う問題ではないかと思います。

例えば、人間の子供だったらどうでしょう?
イラッとしたから・・と親やきょうだいの事を叩いてきたり、
オモチャを取られそうになったから・・
と、カッとなって友達を殴ったりしたら、
「怒りたくなる気持ちも分かるけれど叩いたらダメよ」
と教えてあげるのではないでしょうか?

まぁ、女の人の場合、男の子に叩かれる事はあっても
叩いたりした経験は少ないと思いますので、
すぐに暴力を振るう気持ちが分からず、
そう言う時にどうしたら良いのか分からなくなってしまうのかもしれませんが、
「できごと」に対して、すぐに「怒る」とか「叩く」と言う行動をする前に
それ以外の対応の仕方があり、その方が皆が平和的で楽しい気持ちになる事を
教えてあげる事も大切になってくると思います。

ちなみに犬がなんで触られただけで噛むのか?と言うと、
過去に手で叩かれていたり、強く押さえつけられていたり・・
と、人間の手に対して強い恐怖心を持っていたりするから・・
と言う事は多いですし、逆に凄くワガママに育っていて、
飼い主が急に自分の事を触ってくるなんて許せない!
と思ってしまっているケースも多いです。

人間の手を怖がっている子の場合、
まずは犬の方から近寄ってくれるまで待ってあげる・・、
その為には信頼関係の構築が必要ですが、
犬がワガママに育ってしまっている場合、
「犬が怒るから・・」と飼い主さんが犬に対して遠慮をしたり、
おべっかを使ってるご機嫌を取っているばかりだと、
犬の行動の問題が悪化してしまう事もありますので注意が必要です。

a01_20171110213043aa0.gif
これまでは「犬が怒るから」と遠慮をしてきたとしたら、
その結果、犬は「怒れば全て自分の思い通りになる」
と勘違いをしてしまう事も多いですので、
犬が怒ったり、噛みついたりしたら、
飼い主さんはそれ以上に怒って、
「その行動をしてはいけない」と言う事を
教えてあげる必要もあると思います。
a02_20171110213042bbc.gif

勿論、だからと言って体罰はダメですので、
怒るのならしっかりと大きな声で怖い顔をして
「怒っている」と言う事を伝える事が大切です。

女の人の場合、「ダメよ」とか「止めて」と
小さな声で言っているだけで「怒れない」と言う人も多いですが、
それでは、犬からしてみると怒られる事が「嫌な事」にはなりませんので、
飼い主さんがいくら「怒っている」と言っていても、
実は全く効果が無かったりする事も多かったりするのです。

また、怒るのが苦手・・と言う飼い主さんの場合、
逆にもっともっと、犬の身体を触りまくって、
「怒っても意味は無いよ」と教えるやり方もありますが、
a03_20171110213042837.gif
犬が興奮してもっと強く噛み付いてくる可能性もありますので、
犬が怒ってきた場合は、もっと強く怒り返して、
「怒ると嫌な目にあう」と言う事を実感させるか、
あるいは、犬が居る部屋から出て行って
その日は犬の事を見もしないし、お散歩にも行かない・・
「怒る」と言う事をした結果、
今まで当然のように受けていたメリットが全て無くなってしまう・・
と言う行動を飼い主さんがする事で犬も困惑し、
いつもとは違う反応・・
触ってもジッとしていられたりしたら、
その瞬間に褒めて、その行動が「正解」だと
教えてあげるのも良いと思います。
a04.gif

ただ、犬がワガママに育っている場合、強く吠えて要求をしてきたり、
飼い主さんの足を噛んで自分の思い通りに動かそうしたり・・
と言った行動を見せてくるかもしれませんので、
まずは、犬がワガママに育ってしまった要因・・
自分達の接し方を見直して根本的な解決を目指すと言うのも
大切になってくるのではないかと思います。

人間も自分よりも格下だと思っている人からバカにされたり、
ナメた態度をされたりするとイラッとして
攻撃的な態度をしてしまう事もあるかと思いますが、
その思考は犬が飼い主に対して怒る思考と同じかもしれません?

だから「上下関係」を持ち出して「飼い主の方が犬よりも上になる」とか
そんな話になるのだと思いますが、
その思考だと例えば、犬は強い父親には従うけど、
母親の言う事は聞かない・・とか、子供にだけ噛み付くとか
近所の弱そうな犬には噛み付く・・など、
誰かしら自分よりも下だと思う相手には
攻撃的な行動がし続けてしまう可能性もありますので、
そもそもにおいて、自分よりも相手の方が
弱いからと言って攻撃的な行動をするのは間違っているし、
自分よりも格上だからと言って自分の意思や気持ちを表現してはならない・・
と言う事ではないと言う事を教えてあげる必要があると思いますし、
その為にはまず、飼い主さんが上下関係を捨て、
力で相手を服従させるのでも、
自分が下になる事で犬の機嫌を良くさせて
問題行動をしないようにして貰おう・・でもなく、、
お互いに気持ちを伝え合い、両者にとって暮らしやすい生活を送る為には?
を考えてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

きさらちゃんと2回目のsideWAN

 2017-11-08
01DSC08520_20171108211746599.jpg
今週も「sideWAN」さんへ

02DSC08528_20171108211745d72.jpg
きさらちゃん・・
最初はお店の隅で小さくなっていました。

03DSC08530_2017110821174599a.jpg
他の子達はオヤツを貰っています

04DSC08541_201711082117444d6.jpg
きさらちゃんが後ろに居る時は放っておいて他の子達と遊び、
きさらちゃんが前に来たらおやつをあげて遊んであげていたら、
少しずつ、前に出てくる時間が長くなり、
さらにシュナちゃんの飼い主さんから・・

05DSC08540_20171108211743f13.jpg
オヤツを貰う事ができました!

前回はワリと後半になってから
ようやくオヤツが食べられた感じでしたが、
今回は前回の良い記憶もあったようで、
わりと早くオヤツを貰う事ができました。

06DSC08567_201711082117426e7.jpg
でも、まだまだ緊張や不安が強いようで、
僕から離れてオヤツを貰いに行けるまでではありません。

07DSC08577_201711082118589cd.jpg
前に出られたかと思ったらこんな感じです。
でも、お散歩と一緒で飼い主の足元で周りの様子を眺め、
安心感や安全が確認できたら前に行き、前に出て頑張ったけど、
やっぱりちょっと不安や緊張を感じたら、
再び、足元に戻ってきて安心感や安全が確保できるまで休憩する・・
それで良いと思いますし、
そうして、少しずつ世界を広げて行くのだと思いますが、
気をつけるべきは、足元に居る事に対してメリットを与え過ぎない事ですね。
ここで、メリットを与え過ぎると、
前に出る必要性が無くなってしまいますから注意ですが、
かと言って、足元に居ても飼い主さんが無視をし過ぎて
安心感も安全も確保できない・・となれば、
前に出て行けるだけの「勇気」を持てなくなってしまいますから、
その微妙なさじ加減を見つける為にも犬の表情をよく観察したり、
失敗を怖れずに「トライ&エラー」を繰り返す・・
と言う事が大切になってくると思います。

08DSC08626_20171108211858d84.jpg
再び前に出て来れることができました。
前回は物凄く不安げな表情をしていましたが、
今回はワリと目力も出てきているみたいなので、
大丈夫だと思います。

09DSC08603_20171108211857577.jpg
sideWANのオーナーさんが
下の段でみんなにオヤツをあげはじめました。

10DSC08636_201711082118562c7.jpg
きさらちゃんは下の段に行けないみたいですが、
この場所からみんなの様子を見れるぐらいには
余裕が持てているみたいです。

11DSC08646_20171108211855290.jpg
周りに沢山の犬が居ても落ち着いています。


凄いのは「差し出されたオヤツを食べられている」と言うだけではなく、
他の犬が近くに来ても逃げずに居られる事と他の犬とぶつかったり、
接触があっても動じずにその場に居続けられている・・と言う事です。
以前のきさらちゃんなら他の犬が近くに来ただけで逃げてしまいましたし、
他の犬と接触なんてしようもののなら、
すぐにその場を離れて僕の足元で小さくなっていたのですが、
足元から他の犬をよく観察していたのと
後ろに居るよりも前に出た方がメリットが多いと言う事・・
そして、他の飼い主さんが提示してくれるオヤツがとても美味しい!
と言うのも、きさらちゃんの成長の動機になってくれていると思います。

男の子は「楽しい」で動くけど、
女の子は「美味しい」で動き出す・・
人間だけではなく犬の女の子も「美味しい食べ物」が絡んだ損得に敏感に反応しますので、
女の子に積極性を伸ばしたい時は美味しい食べ物をメリットとして絡めた
「行動随伴性」を考えてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :きさらちゃん トラックバック(-) コメント(-)

きさらちゃんと金井公園へ

 2017-11-07
01DSC00373.jpg
きさらちゃんと連れて
「金井公園」に行ってみました。

02DSC00246.jpg
金井公園にある大きな広場です。
きさらちゃんも最初の頃はお散歩に行っても緊張して匂い嗅ぎもできず・・
すぐに帰ろうとしていましたが、随分とお散歩にも慣れてくれたみたいです。

03DSC00462.jpg
しばらく散策をしていたら、
先住犬が走り出しましたので・・

04DSC00479.jpg
きさらちゃんも走り出し、足は遅いものの
なんとか追いつく事ができました(^^;

先住犬との仲は良くも悪くもない感じですが、
少しずつ、気持ちは寄って行っているみたいです。

06DSC00666.jpg

07DSC00734.jpg
公園内を歩いてみます。
犬に会う事は殆どなかったのですが、
よその犬が近くに来たとしても、
きさらちゃんは地面の匂いを嗅いだりして
接触を避けて上手にスルーをしていましたし、
まだ、犬同士のコミュニケーションに対して
苦手意識があるものの全く興味がないわけではないみたいなので、
これから少しずつ、犬同士のコミュニケーションも
教えて行ってあげようと思っています。

08DSC00817.jpg
すっかり秋と言った雰囲気です。

09DSC00910.jpg

10DSC01016.jpg
今回は特に犬同士との係わり合いがあったわけでもなく、
これと言って大きな成長があったわけでもないのですが
焦って他の犬に無理に会わせようとした結果、
怖い思いや苦手な気持ちを強めてしまうよりも
「怖い事が起きなかった」と言うのも、
お散歩に対して前向きになれる要素の一つなので、
しばらくは穏やかなお散歩を続けようと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :きさらちゃん トラックバック(-) コメント(-)

飼い主さんの足元に居続ける犬と出て行ける犬

 2017-11-06
02DSC00239.jpg

sideWANさんでは犬達がお店の中を走り回り、
他の飼い主さんからオヤツを貰ったりして
楽しそうに過ごしている一方で、
なかなか、飼い主さんの足元から離れられない・・
と言う子も多かったりします。

では、その差はどこから?と言いますと、そもそもの出発点が違っていて、
他の犬が苦手ではないのだけれど犬同士のコミュニケーションが分からない為に
他の犬が近寄ってくると飼い主さんの足元に逃げたり、
飼い主さんの足元から吠えたりしてしまう場合は、
犬同士のコミュニケーションに自信をつけさせてあげると
意外と早く、飼い主さんの足元から離れて
他の犬達と同じような行動をする事ができたりしますが、
飼い主さんに強く依存していて「他の犬なんて興味がない」と言う場合、
そもそも「他の犬と仲良くしたい」なんて思っていないし、
他の飼い主さんのオヤツにも興味がありませんので、
飼い主さんの足元から離れる事に意味を見出さない・・
飼い主さんの足元から離れて不安や恐怖が伴うような
行動をする事に何のメリットも感じていないワケですから、
飼い主さんがどんなに「他の犬と仲良くなって欲しい」と願っても、
犬の依存を外さない限り、犬の行動は変わらない事は多いです。
でも、どちらの場合も「行動随伴性」を正しく用いれば、
犬の行動に変化をもたらす事は可能ではないかと思います。

例えば、自分の犬が足元で固まっている場合、
飼い主さんの多くが「可哀想・・」と心配な顔をして、
撫でたり、声をかけたり、おやつを与えたりする事は多いです。
勿論、最初はそうして環境に慣らしてあげる必要がありますが、
環境にも慣れ、不安もそこまででもなくなっているのに
飼い主さんがいつまでも、そうした行動を続けてしまうと、
犬にとっては、飼い主さんの足元でジッとしている事の方が
大きなメリットとなってしまう事も多いのです。

01_20171108202307e04.gif
図で描いてみると周囲を犬に囲まれている状況に対し、
不安な顔をしてジッとしていると飼い主さんが優しく声をかけてくれて
オヤツまでくれるのですから犬からしてみれば、
あえて前に出て行く必要は無いですし、
「可哀想なフリ」をした方がメリットがある・・となって
ドンドンと行動が消極的になってしまう可能性が高かったりします。

なので、飼い主さんの行動として
02_20171108202306eb6.gif
の方が良いと思うのですが、
どうしても自分の犬を放っておいて他の犬の相手ばかりをしていると
「冷たい人」とか「」犬が可哀想」と周囲の人から思われてしまいそうだし、
実際、そう言う風に言う飼い主さんも居ますので難しい所ですが、
自分の犬が平気なハズなのに消極的な行動を選択している場合、
その行動を止めて欲しいのならそこにメリットを与えないのが良いと思います。

また、そうして飼い主さんが積極的に他の犬と楽しくコミュニケーションをしていると、
それが「良いお手本」となって他の犬に対する不安や苦手意識が弱まり、
飼い主さんの真似をしてコミュニケーションをしだす場合もあったりします。
また、飼い主さんと楽しそうに遊んでいる
他の犬に対するヤキモチから前に出てくる事もありますので、
その時は「前に出てきた事を褒めて、オヤツを与え」
03_20171108202305729.gif
「後ろに隠れて可哀想なフリをしていても相手にされない」のと、
「前に出る事で褒められて飼い主さんの注目を受けて、オヤツも貰える」のと
どっちが得だと思いますか?
と犬に考えさせるのも良いと思います。

しかし、それと平行して起こりがちな問題として、
せっかく、犬が足元から離れて前に出て行ったのに、
飼い主さんがそれを「当然の事」として気づかない・・
「それが当たり前だから」と言う先入観から
褒めないしオヤツも与えない為に、結局、足元に居た方が良い・・
と犬に思わせてしまって、消極的な犬にしてしまうケースです。
04_201711082023044d6.gif
そして、こうした間違いは
色々な所でしてしまっている事も多いのです。

「犬が外で吠えるから」とオヤツを食べさせてしまう事で
「吠える」と言う選択を強めてしまう一方で、
犬が犬を見て吠えていなくても褒めない・・・とか、
犬の名前を呼んで来た時は黙って抱き上げるだけなのに、
犬の名前を呼んでも来ない時はオヤツを見せて呼び寄せ、
オヤツ目当てに来た時だけオヤツを食べさせるので、
知らず知らずのうちにオヤツが無いと来ない子にしてしまったり・・

犬は「できごと」に対して自分の行動をどう選択するか?
を前回、同じようなシチュエーションの時、
「どこにメリットがあったのか?」と
関連付けて決めている事は多いです。

つまり、積極的に行動するよりも消極的な行動をした方が
飼い主さんがオヤツをくれる・・となれば、
「次も消極的な行動をしよう」となりますし、
積極的に犬同士のご挨拶に行った方が飼い主さんが喜んで褒めてくれる・・
となれば、いつでも、何処でも、犬を見ると
ご挨拶に行きたがるようになる犬は多いです。

よく、トレーナーさんが相手だと犬もよく言う事を聞くとか、
行動が変わると言われる事も多いですが、
実は最初はトレーナーさんに対しても
犬の態度は変わらない事は多いです。
でも、トレーナーさんは犬に対するメリットとデメリットの提示が的確で分かりやすい為、
犬も「こうしたらオヤツが貰える」と理解するのが早く、
理解すれば、その行動を積極的に行うようになるので、
そうした一つ一つの差が最終的には大きな差となって
トレーナーさんを前にした犬の行動も大きく変わってくるのだと思います。

でも、多くの飼い主さんはトレーナーさんのそうした接し方を見るよりも
犬が変わったかどうか?しか見ていなかったりするので、
犬も飼い主さんが相手だと
「積極的に行動をしても気づいてくれないしオヤツも貰えない」となって、
徐々に望ましい行動が消極的になってしまう事も多かったりします。

つまり、「行動随伴性」を的確に用いれば、
誰でもトレーナーさんのようになれる可能性があると思うのですが、
つい、「落ち込んでいる相手には優しくしてあげなければならない」とか、
「可哀想」と言う気持ちが先に立ってしまって、
犬に「落ち込んだり、可哀想なしぐさをしている方が得」と
思わせてしまう場合もありますので、
「犬の気持ちを知る」と言うのは、犬に自分の不安や心配を乗せ過ぎるのではなく、
「犬がどこまでできるのか?」とか「犬にどこまで任せて大丈夫なのか?」など、
手を離して見守れる範囲を見極められるようになる事が重要ではないかと思いますし、
犬の「これから」を考えた場合、
犬の行動のどこに対してメリットを与えてあげるべきなのか?と言う事を
考えてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫