「他罰的」は自分を傷つける

 2018-06-10
20P1080786.jpg

犬がミスや失敗をすると、全てに犬のせいにしてしまったり、
ドッグトレーナーさんに与えられたノルマを達成できていないと
「旦那が非協力的で」とか「仕事が忙しくて」など、
失敗の原因やできない理由を他者や社会、
環境のせいにしてしまう事を「他罰的」と言うそうです。

勿論、本当にそう言う部分もあるとは思いますが、
なんでもかんでも、他者や環境のせいにして、
自分が努力をする事を怠っていると、
その結果は自分に返って来る事もありますから注意が必要だそうです。

「ミラーニューロン」と言う言葉がありますが、
人は他者の態度や感情の影響を受けやすい傾向があるそうです。
つまり、自分が相手に対して「他罰的」な態度をしていれば、
相手も自分に対して「他罰的」な態度をしてきますので、
そんな風にお互いに「相手が悪い」と罪をなすりあっていれば、
問題がさらに悪化してしまいますし、
ドンドンと複雑化してくると思います。

だから「他罰的な人」は自分の身を守る為に相手を貶めているようで、
かえって自分の立場や評判を下げる事となり、
結果的には「自罰的」な行動になっていたりもしますので注意が必要みたいです。

ちなみに「自罰的」とはミスや不幸な出来事が起きた時に、
全部、自分のせいだと自分を責めてしまう事を言うそうで、
犬の行動の問題の相談に来られる人の殆どが「自罰的」だったりしますが、
「犬の行動の問題の改善」と言う視点で考えた場合、
「犬が悪い」とか「自分が悪い」などと「犯人探し」をするよりも
問題を改善する為の具体的な方法について
考えた方が良いのではないかと思います。

そして、その為には普段から
「ネガティブな思考」や言葉は避けるるようにするのが良いみたいです。
普段からそう言う思考をしていると「思考の習慣」が強まって
意識をしていないとすぐに「ネガティブな思考」が
浮かび上がってしまうそうです。
だから、普段から「他者の長所や物事の良い面を見るようにする」
他者の悪い部分や自分自身の問題点ばかりに目を向けるのではなく、
他者の長所や起こった出来事の良い面だけを見るようにすれば、
「他罰的」な考えにはなりようがありませんし、
そうして、他者の良い面を探し、出来事の良い部分を探すようにしてみれば、
他者との関係性もより良いものになって行くと思いますし、
そうして、普段の生活の中にそうした思考を持ち続けるようにしていれば、
犬と向きあった時も同じような視点で犬の事を見れるので、
犬の悪い所よりも良い所を沢山、見つけられるようになったり、
犬のミスに対しても「できない」ではなく
「これからできるようになって行く所」などと
前向きに考えて行けるようになるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(-)

全能感と達成感

 2018-06-09
18DSC00122.jpg

最近のテレビでは「謝れない大人」や
「失敗を受け入れられない大人」を多く見たりしますが、
それは「プライドが高いから」と言うよりも
「万能感が強いから」かもしれないみたいです。

「万能感」とは「自分は何でもできる」とか
「特別な存在」だと思い込んでいる状態を表す心理学用語だそうですが、
「万能感の強い人」は自分が挫折の経験をしても
それを受け入れずに「無かった事」とし、
「もっと自分に向いているものがあるはず」と言って、
違うものを追い求める傾向が強いそうです。
でも、「特別な自分が挫折をした」と言う現実は心の奥に残っていますから、
いくら自分の道を軌道修正したとしても
それは「劣等感」として残ってしまう事は多いみたいです。

また、「万能感の強い人」は自分の考えや判断がうまく行ったとしても
素直には喜べないそうで、それはなぜかと言うと
「万能感が強い人」は他者との比較や相対でしか自分の価値を判断できないので、
相手に勝って「優越感」を得たとしても、
すぐにまた、他者と比較をして自分が劣っている部分を探してしまうので、
「万能感」が強い人ほど「屈折した劣等感」を
強めてしまう事も多いみたいです。

まぁ、でも、「劣等感」は
「より良い自分になりたい」と言う気持ちの動力源になりますから、
「強い劣等感」と「自分なら何でもできる」と言った「強い万能感」が合わさると、
普通の人以上の頑張りを見せて結果を出せる事もあるかもしれませんが、
動機の基本が「他者との比較」と「自分に対する屈折した劣等感」だとすると、
「攻め」は強いけれど「受け」は弱い・・
と言う事になってしまうのかもしれません

あと、「強い万能感」を持ったまま親になると、
自分の子供の「挫折」を見たくはないし、受けけ入れたくも無いので
子供が挫折をしそうになると、すぐに手や口を出して助けてあげ、
子供が挫折をしないように子供が苦手とする事はやらせず、
逆に他の子供よりも優れている部分があればそこを重点的に伸ばして
「特別な存在」になれるように・・と願いますが、
実はそれは、自分がなりたかった「願望」だったりする事もあるみたいです。

強い万能感を持つ人は、自分の人生に満足をしていない為、
子供にはそうなって欲しくない・・
あるいは、自分が歩めなかった道を歩んで欲しい・・と
無意識に自分の夢や願望を子供に背負わせてしまったりする事もあるそうです。

そして、そうした「期待」を背負わされた子供は、
いつも「過剰な期待」にさらされ、
親の期待に応えれば、親の愛情を受けられるものの、
親の期待に応えられないと手のひらを返したように無関心な態度をされるので、
子供は親の「あなたはなんでもできるのよ」とか
「あなたは素晴らしい子よ」と言った存在の全肯定と共に
「あなたには何の価値もない」と言った全否定の両極端の態度を受ける中で
やがて「強い全能感」と「強い劣等感」が育って、
「自分が勝てる事にしかチャレンジしない・・」とか
「ミスや失敗をしても認めないし、あやまれない」と
なってしまう事も多いのではないかと思います。

では、「強い万能感」を弱める為にはどうしたら良いのか?と言いますと、
「達成感」を得るようにするのが良いみたいです。
「万能感」の強い子供は、自分が正解したり成功をする事よりも
それによる「他者からの評価」を重視してしまうので、
成功すれば「安心」、失敗したら「不安」となるだけで、
なかなか、「達成感」を得る事はできないみたいです。

小学校の頃など、勝負に負けても「負けてない」と言い張ったり、
ミスをしても嘘をついて「責任逃れ」をしようとする子がいましたが、
「自分にできない事」を受け止めるのも「達成感」につながるそうです。

「できない事がある」と気づく事で、
「それをできるようになりたい」と言う気持ちや行動が生まれると思いますし、
そうした気持ちがあり、実際に行動をして失敗の中から成功を得るようになれば、
自分なりの「やり遂げた感」が得られると思いますし、
そうした事は犬を育てる時も同じで、つい、犬を育てている時も
自分のミスや失敗を隠して「無かったこと」にしてしまいがちですが、
それを受け入れて「成功する為には?」と考えてみると、
犬がミスや失敗をしても「無関心な態度」ではなく、
犬と一緒に少しずつ歩んで行こう・・と思えますので、
そうする事で犬も飼い主さんも達成感も得られて
より楽しい生活を送ることができるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(-)

良い子と悪い子は表裏一体

 2018-06-08
19DSC00145.jpg

色々な人と話をしていると、
相手の発言に「イラッ」としてしまう事もあるかと思いますが、
その時は、その感情に目を向けるよりも
「どう言う発言にイラッとしたのか?」と言う方向に
目を向けてみるのも良いそうです。

そして、その上で「その言葉は止めて下さい」と伝えてみるようにする・・
勿論、それを言ったらさらにそうした事を言ってくるかもしれませんが、
状況を変化させ、好転させて行く為には
「相手とコミュニケーションを取っていく」と言う事が必要になってくるそうです。

相手の言った事を素直に受け入れて反論もせず、
「相手にとっての良い子」を演じていれば丸く収まった・・
と言うのならばそれを続けて行けば良いとは思いますが、
その結果、もっともっと要求が大きくなってしまうなど、、
「良い子」を演じる事に強いストレスを感じるとしたら、
その方法はあまり良くないと言う事になりますから、
他の方法を考え、行動して行くべきではないかと思います。

しかし、長い間、「良い子」を演じる事で問題を解決したり、
問題の本質を先延ばしにしてきた人は、
なかなか、その思考の習慣から抜け出せない事も多いですが、
少しずつ、相手に自分の気持ちを伝える事で状況を変えて行く・・
と言う事も覚えて行くのが良いそうですし、
それは、自分を成長させる事にもつながって行くそうです。

それに、誰かにとっての「良い子」を演じると言うのは、
結局、自分自身に嘘をつき、無理をさせる事になりますので
ストレスにはなると思います。
また、Aさんにとっての「良い子」は
Bさんにとっての「悪い子」になるかもしれませんし、
そうして、誰から見ても「良い子」に思われるように演じようとすれば、
それは、とてもとても大変な作業だと思いますし、
そうして頑張っても、
結局、「八方美人」と思われてしまうかもしれませんから
「良い子」と言うのはとても曖昧で難しいものではないかと思います。

実際に会社にとっての「良い子」は「利益重視」や
「効率重視」の存在であって人間性などは二の次・・
なので、同僚からは「嫌なヤツ」と思われて嫌われたりしますので、
誰かの「良い子」を目指すぐらいなら、
自分自身にとっての「良い子」を探してみるのも
良いのではないかと思います。

ーとは言え、今まで誰かの「良い子」・・
職場においての「良い子」を演じていると、
自分にとっての「良い子」を見つけるのは難しいと思います。
だから、まずは、自分にとっての「悪い子」にならないように努力してみる・・・
「見て見ぬフリをしない」とか「自分に正直になる」など、
良い子を演じて誰かの見返りを求めるよりも
「嫌な自分」にならないように努力をしてみると、
もっともっと、自分の事を好きになれるのではないかと思います。

それは、犬との暮らしにおいても同じで、
犬にとっての「良い子」を演じたり、
近所の飼い主さんにとっての「良い飼い主」を演じるよりも
まずは、「嫌な自分」にならないように努力をしてみると、
犬に対しても、近所の飼い主さんに対しても、
自分を演出する必要もなくなりますので、
お互いにより自然な関係性になれると思いますし、
「勝ち負け」や「上下」の意識も無くなりますので、
イライラしたりする事も減ると思います。

勿論、だからと言って「努力をしない」と言うのは、
自分にとっての「嫌な自分」になってしまいますから、
昨日よりは今日・・今日よりは明日・・と、
自分をほんのちょっとでも良いので高めて行けるように意識してみると、
自分の中の「理想の自分」に近づいていけるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(-)

イライラを止める為には?

 2018-06-07
17DSC00108.jpg

職場で上司から急な仕事を頼まれ、
「自分も仕事があるのに・・」と思いつつも
頑張って終わらせたにもかかわらず、
「ありがとう」の一言も無い・・とか、
後輩が何度、言っても同じ失敗をする・・
など、そうしたイライラが溜まってくると、
今度は自分もミスをしてしまったりするので、
凄く悪循環だとは思うのだけれど、
「では、どうしたら?」と言うと答えが分からない・・
と言う事は多いと思います。

あまり良くない「思考の習慣」として
「イライラ」「クヨクヨ」「完璧主義」があるそうです。
そうした思考が強いとストレスが増え、それを解消する為に
「後回し」や「夜更かし」「食べ過ぎや飲み過ぎ」などの行動を
頻繁に行ってしまったり・・
しかし、そうした思考になってしまう時って
自分を中心に考え過ぎてしまっている・・
と言う事は無いでしょうか?

「自分も忙しいのに!」とか
「どうしてもっと早く言ってくれなかったの?」など、
自分の主観で状況をとらえてしまっていて
相手がどうしてそう言う事を言うのか?と、
相手の立場になって考える余裕が失われている事も
多いと思います。

「自分はこんなに忙しいのに・・」とか
「なんで私にばかり頼むのか?」など、
自分の気持ちを伝えれば良いのに、
「それを言えば、絶対に怒られる・・」と決め付けて言えなかったりしますが、
それもまた、自分の主観からそう思っているだけだったり、
「相手の立場になって伝える」と言う考えが足りない為に
実際に言うとと怒られてしまったり、
喧嘩になってしまうのかもしれません?

また、そうして自分の意見を言わないから、
「大丈夫」だと思って上司も頼んでくるのかもしれませんし、
「相手は言わなくても理解してくれている」と思っているから、
何も言わずに頼んでくるのかもしれないのです。

人間は自分の主観が思考の中心となっていて、
「自分は絶対に正しい」とか、
「自分の知っている事は相手も知っている」
と思い込んでしまっている事も多いそうです。

だから、「相手も忙しいかもしれないけれど自分の方が忙しい」
と決め付けて頼んできたり、
「何も言わなくても理解してくれているハズ」と、
勝手に思い込まれて仕事を押し付けてきたり・・
なので、「上手に自己主張をする」と言う事が大切になってくるそうです。

自分がうまく自己主張ができない事でイライラしたり、
何も言わないからと一方的に決め付けられてしまう状況にイライラしたりしないように、
相手も自分も大切にする為にも
コミュニケーションスキルを育てて行くのが良いそうです。

例えば、急な仕事を振られた時、
その内容を聞いた後にすぐには無理そうなら、
「自分は今、これだけの仕事を残しているので
 後ではダメなのでしょうか?」とか、
逆に「そちらを先にやるので、残った仕事は遅れても良いでしょうか?」
と聞いてみたり、あるいは、
「とりあえず、そちらをやるので、
 手の空いた人が居たら手伝いをお願いできますでしょうか?」
などと積極的に解決案を伝える事で、
上司の信頼を得ながら自分の主張もできるのではないかと思います。

こうした事は犬と接している時にもあるのではないかと思います。
「犬が吠えて困る」とか「犬が言う事を聞かない」など、
犬の行動の理由よりも飼い主さん自身の「困る」とか
「止めて欲しい」と言った気持ちが強く前面に出てしまっている事でイライラし、
犬の気持ちを考える余裕が無くなって、強く叱ってしまったり・・
なんて事もあるのではないかと思います。

また、
「いくら叱っても無駄」とか
「あんまり無理強いすると嫌われてしまう」と言うのも飼い主さんの主観・・
「思い込み」である事は多いです。

勿論、飼い主さんがやり方を変えなければ、
本当にそうなってしまったり、
問題がさらに大きくなってしまう事もありますので、
まずは、犬も飼い主さんも幸せに・・
お互いにお互いを大切に思えるような関係性を作るためにはどうしたら良いのか?
と考えてみる。
そして、それらは1人では思いつかないかもしれませんので、
心と関係性を大切にしてくれるトレーナーさんに相談してみたり、
あるいは、近所のステキな飼い主さんのお話を聞いたり、
相談に乗ってもらったりして、
犬の立場になって「犬の本当の気持ち」を
もっともっと知るようにしてみるのも良いと思いますし、
その上でに自分の気持ちを分かりやすく伝える努力をしたりしてみれば、
イライラも減って行くと思いますし、
犬との関係性もドンドンと良くなって行くのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(-)

「二宮せせらぎ公園」と「厳島湿生公園」にホタルを見に行く 01

 2018-06-06
「二宮せせらぎ公園」で「ハナショウブ」が
見頃を迎えている
そうなので行ってみる事にしました。

01DSC00097.jpg
階段を登ってウッドデッキの道を歩くと・・・

02DSC00006_20180606154338969.jpg
両側にキレイな「ハナショウブ」が咲いていました。

03DSC00029_20180606154337d15.jpg

04DSC00036_2018060615433707a.jpg

05DSC00016_201806061543368a2.jpg

06DSC00041.jpg
奥の方まで歩いていくと
アジサイもキレイに咲いています。

07DSC00062_201806061545037a0.jpg
多少、終わっているお花もありましたが、
まだまだ、キレイに咲いているお花も多かったです。
ちなみに「二宮せせらぎ公園」では、
6日まで午後7時から「ホタルの鑑賞会」が行われるそうですが、
午後5時~7時までは公園が一度、閉演されて
中に入ってはいられないみたいなので・・

08DSC00807.jpg
中井町の「厳島湿生公園」へ移動しました。

09DSC00801.jpg
赤い鳥居が目を引きます。

10DSC00870.jpg
今の時期は階段の横にアジサイも咲いていました。

11DSC00899.jpg
静か

12DSC00988.jpg
スズメ

13DSC01019.jpg
オブジェ

14DSC01021.jpg


15DSC01028.jpg
クマとウサギ

16DSC01033.jpg
ウサウサ

17DSC01036.jpg
クマクマ・・姿勢がカワイイです(^^)

18DSC01044.jpg
少し遠くから

19DSC01046.jpg

20DSC01052.jpg
ウッドデッキの道へ

21b.jpg

21bb.jpg
カワセミ
カテゴリ :おでかけ トラックバック(-) コメント(-)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫