犬へのコントロールを弱めた時?

 2014-02-02
01P1180206.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「アイシャ」ちゃんです。
「クリッカー」をはじめてみました。


「シェイピング」を基本とした「クリッカー」は
飼い主さんが指示や命令、叱りを使わず、
犬の思考や行動に対して「フィードバック」を返して行くだけなので、
今まで、指示や命令、叱りで感情や行動を抑え付けられた犬の場合、
「自由に・・自分で考えて行動する事」を推奨されたとしても
戸惑ったり、動けなかったりする事も多いのですが、
そうして犬の主体性を認め、引き出して行くようにすると、
徐々に自分から行動できるようになり、
暗い顔をしていた子が明るい表情になったり、
怖がりだった犬が積極的に行動しだす事は多いのですが、
そうして良い面が出てくると同時に悪くなった・・
問題行動を起こすようになった!
と、クリッカーを止めてしまう飼い主さんも多いみたいです。

「今までしなかった要求的なアピールを犬がするようになった」とか、
「今までおとなしかった犬がやんちゃになった・・」など、
悪い子になってしまったと焦ってしまう事もあるかもしれませんが、
でも、クリッカーはきっかけにすぎないと思います。

今までは「あれはダメ、これはダメ」と、
飼い主さんに叱られるから犬がそうした行動をしなかっただけで、
実は犬自身は「ルール」を理解しているわけではなかった・・
と言う事も意外と多かったりするのです。

ですから、犬のコントロールを緩めた途端、制御ができなくなる・・・
だから指示や叱りで犬を常にコントロールしなければならない・・
でも、それって「しつけができている」と言えるのでしょうか?

勿論、クリッカーを止めて、積極性や自発性を育てないようにすれば、
問題行動は出なくなるかもしれません?
でも、それでは、この先もずっと指示や命令、
叱りで犬をコントロールし続けなければならず、
それはそれで、とっても大変ではないかと思います。

犬の積極性が出て
悪い行動が増えるか?
良い行動が増えるか?
それは普段の犬との接し方・・生活習慣で決まると思います。

「犬が吠えてしまう」とか「噛んでしまう」と言う場合、
「正しい行動がどう言うものか?」を犬に教えていない・・
教えているつもりだけど伝わっていないと言う事も多いそうですが、、
でも、「犬に教える」と言う事を「言葉で言って聞かせる」
と言うイメージしか持てなかったりすると、
犬に正解を教える事はなかなか難しいと思いますし、
1回や2回、犬に教えて「ダメだった」とか
「分からなかった」と言う場合も
犬が正解を理解する事は難しいと思います。

ですから、何度も何度も教えてあげる事が大切だそうです。
でも、これまで「吠えたらダメでしょ!」とか
「噛んだら痛いでしょ!」と感情的に叱っても効果がなかったとしたら、
この先もその方法では効果は得られない可能性は高いので、、
さっさと他の方法を試した方が良いと思います。
例えば、犬が吠えたり噛んだりしたら、
犬を置いて部屋から出て行ってしまう・・
その時に飼い主さんが離れる事に抵抗を示したら、
「その場から離れる」と言う行動には効き目があると思います。

ただし、すぐに効果を出る事を期待するのではなく、
ひたすら、吠えたり噛んだりしたら独りぼっちにする・・
と言う事を繰り返す・・
そして、すぐには戻らずに20分~30分ぐらいは
そのまま、一人にします。

犬が激しく吠えて飼い主さんを呼んだり、
悲しそうな顔をして反省した態度をするかもしれませんが、
それで自分の行為を後悔したり反省しているか?と言うと、
単に自分が一人にされるのが嫌だからそう言う行動をしているだけかもしれません?

犬が本当に吠えたり噛んだりしてはダメなんだな・・
と思ったかどうかは、次の日に同じ状況の時に
吠えたり噛んだりしないかどうか?で決まります。

しかし、意外と飼い主さんの方が
短気だったりせっかちだったりして我慢ができない・・
犬ができるまで待つ事ができない・・
と言う場合も多いみたいです。
でも「短気」や「せっかち」なのは、もしかしたら自分の育て方に自信が無い・・
「待ってもできないのでは?」とか
「今の方法を続けても結果は出でないのでは?」と言う不安や焦りが、
つい、手や口を出してしまう原因になっている事もあるのではないかと思います。

逆に言うと「正しい方法をきちんと理解していれば待てる」と思います。
短気やせっかちなのは、自分の不安や焦りからかもしれない?と考え、
自分に負けないようにする・・
犬が自分で自分をコントロールできるようにさせてあげる為に、
まずは、飼い主さん自身が自分で自分をコントロールできるように
気をつけてみる事も大切かもしれません?

今の犬の行動はそれまでの飼い主さんの接し方によって作られている事も多いと思います。
ですから、この先の犬の変化を良い方向に導いて行けるように、
普段の犬への接し方・・
日常生活の習慣の見直しをしてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :アイシャ トラックバック(-) コメント(-)

「フィードバック」を考える

 2014-02-01
01P1180202.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「アイシャ」ちゃんです。

「アイシャ」ちゅんは推定2歳ぐらいですが、
動きを見ているとまだまだ仔犬です。
自分の「楽しい」が中心で「自分をコントロールしよう」とか
「しなければいけない」と言う意識が薄かったので、
まずは、少しずつ「自己コントロール」ができるように
接して行こうと思っています。

ーとは言っても、特に難しい事をするワケではなく、
「アイシャ」ちゃんが自分からオスワリをするまで待つだけ・・
跳ぼうが、甘えようが、手にジャレついてこようが、
一切、無視してひたすら待っていると、
「アレ?」と考えて徐々に動きが遅くなって行き、
最終的には自分からオスワリをしてくれました。

勿論、あらかじめ「オスワリが正解だよ」と
教えてあげる必要はありますし、
まだまだ時間はかかると思いますが、
指示や叱りで座らせてばかりだと、
自分で考えられない子になってしまう事もありますので、
指示や叱りたい気持ちを我慢して、ひたすら待つ・・
「この子はできる子なんだ」と信じてあげる事も大切ではないかと思います。

また、きちんと座れたらきちん褒めておやつを与え、
「それが正解だよ」と伝えてあげる事も重要です。
もともと、食べるのが大好きな子なので、
食べ物が絡む事・・メリットを提示してあげる事で
「ルール」を覚えてくれるのも早かったのですが、
「おやつを使った犬のしつけ」に対し、
「犬が食べ物の為にやるのは本質的ではない」
と批判される事も多いみたいですが、
個人的にはそんな事はないと思います。

最初は大袈裟に誉め、
おやつを大量に与える所からはじまったとしても、
犬が「達成感」や「飼い主さんに誉められた喜び」に気づき、
「言う事を聞いたら飼い主さんに誉められて嬉しいことがあった」
と犬が実感して貰える事の方がよっぽど重要な事だと思います。

逆に「おやつを使わないトレーニング」は
指示や叱りが多いような気がします。
でも、叱られながらやるコミュニケーションは楽しくないと思います。
人間だって、お友達や旦那さんが薦めるから・・
同じ趣味を共有したいからと教わったら、
指示や命令、叱られてばかりで楽しめなかった・・
「こうやるって教えただろ?」とか、
「なんでこんな事ができないんだ?」と最初から高い意識を要求され、
指示や命令ばかりのピリピリした雰囲気で楽しめない・・
言われた事ができないと怒られる・・
で、嫌になってしまった・・
と言う事は多いと思いますから、
叱られながらでは「やる気」には結び付かない・・
と言う事は人も犬も同じだと思います。

そんな感じで「フィードバック」の仕方を考え、
しっかりと返して行く事はとても大切です。
そうして、きちんと「フィードバック」を返して行けば、
犬の行動が少しずつ変わって行く事は多いですが、
では、日常生活の中で、
犬の行動に対してきちんと
「フィードバック」をしているか?と言われると、
意外と犬のダメな部分を叱る事はあっても、
「いつもは吠えていた犬が静かにしていられた・・」とか
「いつも落ち着きのない犬が静かに座っていられた・・」
と言うような犬の良い行動に対しては褒めていない・・
「それが当たり前」だと思って何の反応も示さない・・
と言う事は多いと思います。

ちなみに「フィードバック」とは、
「自分の行動に対する反応」だそうです。

車に乗ってラジオを聴こうと思った時に、
周波数がズレていたとしたら
スピーカーから聞こえる音を頼りに
周波数を合わせようとすると思います。

摘みやスイッチで周波数を移動させる・・
「音声にノイズが多くなった」とか、
「音声がクリアーになった」などの「フィードバック」を確かめながら
正確な周波数を探して行きますが、
クリッカーをしている時の犬も
そんな風に飼い主さんの反応を見ながら
正解を探していると思います。

そう言う風に考えると
「違う」とか「そうじゃない」と指示や命令、
叱りを与える「フィードバック」は、
「ラジオの周波数合わせ」で言うと
「ノイズが増えて行く」と言う感じかもしれません?
「褒める」がクリアーな音声だとすると、
ノイズが増える事で「間違っている」とは気づけますが、
褒められないので「クリアーな音声」にはならず、
正解を見つける事は難しい・・と言う事も・・

ですから、きちんと「正解のフィードバック」を返してあげる・・
褒めたりおやつをあげたりして
「正解はこっちだよ」と示してあげる事は
とても重要だと思います。

逆に言うと、こちらの「フィードバック」に対する犬の反応を見る・・
犬からの「フィードバック」をきちんと確認する事も重要です。

人間同士だって、
「この人は言っても無駄」とフィードバックを返さない・・
「この人はこう言う人」と自分の思い込みや先入観だけで判断して、
相手からのフィードバックを読み取ろうとしない・・
そう言う事から誤解や関係性の悪化は始まると思いますから、
「フィードバック」を返し、
「フィードバック」を受け取ろうと意識する事が、
双方向のコミュニケーションの為には大切ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :アイシャ トラックバック(-) コメント(-)

明るくなってきたカン君

 2014-01-31
00P1180114.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「アイシャ」ちゃん(推定2歳)です。

01aP1302560.jpg
同じく「アニマルプロテクション」さんから
少しの間だけお預かりさせていただいている「カン」君ですが、
最近、表情がとっても明るくなりました!(^^)

01bP1150073.jpg
ちなみにウチに来たばかりの頃の「カン」君です。
同じ犬とは思えないほど無表情・・・

01cP1150134.jpg
勿論、ウチに来たばかりで緊張はしていたと思いますが、
瞳がガラス玉のようですし、
精神的にピリピリと張り詰めているのが分かります。
きっと辛い事があり、
それを考えるような「頭の使い方」も教わって来なかったため、
どうしてこうなったのか?
どうしたら良いのかが分からず、
常にピリピリして、色々な事に過剰に反応してしまっていた・・
精神的な疲れがさらに気持ちをピリピリさせ、
ちょっとした事で自分の足を噛む転移行動・・
自傷行為を起こしていたのだと思います。

独り暮らしのお年寄りなどに多いそうですが、
自分を必要としてくれる存在・・
自分の寂しさを紛らわす為の存在として犬を飼い、
甘やかすだけ甘やかした後に
「自分の体調が悪くなったから」と病院に入り、
残された犬はセンターに連れて行かれる・・
と言う事が本当に多いみたいですが、
そうして、何も教わってこなかった・・
可愛がられるだけで頭を使う習慣がなかったと言う犬は、
新しい環境に適応する事ができず、
今までと同じように吠えたり噛んだりして要求するだけの一本やりな行動をし、
センターでも「問題犬」として扱われて譲渡対象にならなかったり、
保護団体でも「噛み犬はちょっと・・」と引き出されない事もあるそうで、
そのまま、誰にも貰われないまま殺処分・・と言う事も・・・

ですから「犬を可愛がる」と言う事について、
もう一度、考えてみる必要もあるのではないかと思います。

そんな「カン」君ですが、
最近、やっと「オテ」を覚えてくれました!

「オテ」なんて初歩の初歩じゃない?
そもそも、これが「オテ」なの?
と思われるかもしれませんが、
この子は人に触れるのが苦手・・
特に犬は前足に触られる事を嫌がる事は多いので、
カン君の前足に触ろうとすると噛まれる危険性があり、
本当に少しずつ少しずつ・・
信頼関係を築きつつ、怖くないよ、楽しい事なんだよ
と言う風にして、ようやく、ここまでできるようになりました。

「後ろ歩き」はまだまだですが、
「8の字歩き」も上達しましたし、
人と一緒に何かをする事の楽しさに気づいてくれたのは
本当に良かったと思います。

ちなみに後ろでアピールをしているのは「アイシャ」ちゃんです。
「アイシャ」ちゃんも今までは「新しい環境が大丈夫なのか?」とか
「ここは怖い場所ではないのか?」と、
静かにして様子を見ていましたが、
徐々に「安全で安心できる場所」だと分かったようで、
少しずつ自分の我を出すようになってくれました。

「カン」君も一時期は物凄い要求アピールをしていましたが、
今は何も言わなくても自分で自分の気持ちを我慢できるようになりました。
でも、そうした事は、飼い主さんが指示や命令・・
叱りで犬の要求アピールをさせないようにしていては身につかない事だと思います。

要求的なアピールを悪い事だと決め付けて頭ごなしに抑え付けるのではなく、
そう言う気持ちを引き出した後で
犬自身がそうした気持ちをコントロールできるように導いてあげるのが
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :アイシャ トラックバック(-) コメント(-)

テリア系ミックスの女の子とコマンドコミュニケーションをしてみる

 2014-01-30
01P1302546.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいているテリア系ミックスの女の子です。

02P1170984.jpg
ウチに来たばかりの頃は、
緊張や興奮から要求的な吠えをしたりもしていましたが、
今は落ち着いたようで、
クレートの中でも静かに待てるようになりました。


排泄も来たばかりの頃は失敗した事もありましたが、
今は室内のトイレシートで排泄ができていますし、
今日などは、コミュニケーションの途中でも
自分からトイレに行って排泄をしてくれていたので、
すごく頭の良い子だと思います。
(ちなみに後ろで声を出しているのはカンちゃんです。
 ようやく、こう言う声も出せるようになりました(^^))

04P1170974.jpg
05P1170975.jpg
「コマンドコミュニケーション」も少しだけしてみたのですが、
最初の頃は「オスワリ」と言うと、
一瞬だけ座るもののすぐに立ち上がったり、
勝手に「オテ」をして「やったからもう良いでしょ?」と、
「自分ルール」で手に持ったおやつを食べようとしていました。


多分、今までそう言う事が許されてきたのだと思いますし、
「コマンドを通して犬との関係性を作る」と言うよりも、
犬が「オスワリやオテをした」と言う形だけを見て
「ヨシ!」とおやつを与えていたのではないかと思います。

でも、自分の欲求や感情だけで行動するのではなく、
僕とのコミュニケーションを考えて欲しかったので、
「それではダメだよ」と言う風に接していたら、
少しずつ落ち着きが出て考えてくれるようになったと思います。

勿論、僕も「自分ルール」をこの子に押し付けないように・・
この子が何を考え、何を求めているのか?を観察し、
双方向的なコミュニケーションができるようになりたいと思っています。


今はこんな感じです。
ちなみに「クルン」と言う動きはすぐに覚えてくれました。
勿論、元々、知っていのかもしれませんが、
「8の字歩き」も始めたばかりのワリには上手だと思います。

10P1302550.jpg
あまり自信のない子なので、
結果を求めるのではなく、
「楽しい」を通して色々な事を教えて行ってあげたいと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :アイシャ トラックバック(-) コメント(-)

テリア系ミックスの女の子

 2014-01-29
P1282235.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいていた「リロイ」君ですが、
この度、新しいご家族と共に暮らせる事になりました。
リロイ君の社会化に協力して下さった方々、
陰ながら応援して下さった皆様、
本当にありがとうございます。

しかし、まだまだ、
新しいご家族を待つ子達は沢山、居ますので
続いて「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただく事になった、、
テリア系MIXの女の子です。
01P1170989.jpg

02P1292289.jpg
クレートにも静かに入っていられますし、
室内トイレでの排泄もできました。
とても良い子なので
何が好きなのか?
何が苦手なのか?
を知る為にお散歩に行ってみる事にします。

03P1170734.jpg
匂いを嗅いでいますが腰が引けています。
お外が怖くてたまらない・・
と言う程ではありませんが、
ちょっとお外が苦手みたいで、
お散歩中に匂いを嗅ぐ事は少ないです。

04P1170751.jpg
人の姿を見たり、不審な物音がしたりすると怖くなってしまいます。
身体はガリガリで毛もボロボロ・・・
栄養失調が原因のようですが、
これだけでも、この子を捨てた飼い主の家で
どう言う暮らしをしていたかが想像できます。

05aP1292321.jpg
不安になると僕の足に寄ってきます。
「不安なので身体をくっつけて安心したい」のだと思います。

05bP1170811.jpg
立ち止まって座ってあげると身を寄せてきます。
何も教わってこなかった・・
分からない事だらけなので不安なのだと思います。

06P1170793.jpg
でも、表情は良いですし綺麗な目をしています。
人間に虐待を受けていたりすると、
もっと怯えや不信感に満ちた目になるので、
ネグレクト状態になる前は
愛情を受けていたのではないかと思います。

08P1170937.jpg
お外でもおやつが食べれています。
本当に不安や恐怖を感じていると、
お外では食べられないと言う事は多いですが、
これは怖がりだから初めての場所で緊張しているだけで、
お散歩自体に嫌なイメージは持っていないのか?
それとも、怖いけどそれ以上に「食べなければ」と言う
気持ちが強いのか?
その辺はもう少し、一緒に暮らしていく中で
わかって行くと思います。

11P1170864.jpg
頑張って歩いています。
もうちょっと身体がしっかりして、
毛も伸びてきたら
とても綺麗な子になりそうですよね?
まずは安心感を与えてあげ、
それから少しずつ、色々な事を教えて行ってあげたいと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :アイシャ トラックバック(-) コメント(-)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫