ちょこ君とアジサイを見に行く

 2014-06-09
01DSC00077.jpg
湿度は高いものの、曇り空で気温は低かったので、
うちの先住犬と「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「ちょこ」君(推定4歳)を連れて
「引地川親水公園」に行ってみました。

03DSC00115.jpg
橋を渡って右へ行くと、
子供用の滑り台などがある
大きな芝生の広場が見えてきました。。

04DSC00124.jpg
そこで、お散歩中のわんこと出会ったのでちょこ君がご挨拶

05DSC00135.jpg
お互いに匂いを嗅ぎあって・・

06DSC00136.jpg
上手にご挨拶ができました!(^^)

07DSC00137.jpg
さらに、飼い主さんに対しては、
お腹を出して「撫でて」と甘えています。
最近、お腹を出す動きを教えてはいたのですが、
いつの間にか、コミュ力がアップしていてビックリです!?(笑)

09DSC00217.jpg
その後は、階段を登って上の部分へ・・

10DSC00223.jpg
実はこの辺りはアジサイが沢山、咲いているのですが・・

11DSC00234.jpg
まだ、少し早かったみたいです(^^)

12DSC00238.jpg
アジサイを眺めていたら、
先ほどの飼い主さんもアジサイを見に来られたみたいで、
今度は先ほどよりもさらに落ち着いて
コミュニケーションを取る事ができました。

13DSC00242_20140610213800c23.jpg
2ワンで草を食べています(笑)

14DSC00251.jpg
ちょこ君はこの子の事が気になるようですが、
まだまだ、一緒に遊べるまでの
コミュニケーションスキルはありません。

15DSC00255.jpg
とても明るく落ち着いた優しい子でした。
また、お会いできる日を楽しみにしています。(^^)

16DSC00267.jpg
そこから、さらに移動して
アジサイ鑑賞を続ける事にしました。

17DSC00303.jpg
18DSC00315.jpg
19DSC00318.jpg
場所によっては良い感じですが、
見頃はもう少し先・・と言う感じですね。
また、遊びに来たいと思います。(^▼^)ノ

20DSC00322.jpg
少し歩くと、林の中へと続く道がありました。
以前よりも整備された感じがしますが、
雨上がりですし、探索するのは次の機会にしたいと思います。

21DSC00349.jpg
そこから、しばらく歩いて
芝生の丘の上へ・・・

22DSC00421.jpg
曇り空ですが、
そのお陰でのんびりとお散歩ができて良かったです。

23DSC00451.jpg
そろそろ帰ります。

24DSC00471.jpg
シツロメグサに囲まれて・・
って写真で見ると良い感じですが、
雨上がりの草の中を歩いたので、
実はお腹周りがビチョビチョです・・(^^;

25DSC00500.jpg
何故か一緒に走ってます(笑)
しばらく雨続きだったので、
お散歩がより楽しかったのかもしれません?
今年は「冷夏」だと予想されているみたいですが、
しばらくは早朝か夕方以降のお散歩にした方が良さそうですね(^^)
カテゴリ :チョコ トラックバック(-) コメント(-)

ちょこ君の成長と新sideWANのペンキ塗り

 2014-06-05
01P6059235.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「ちょこ」君(推定4歳)です。
「最近、顔つきが変わったね!」とか
「頭が良さそうになった」と言って貰えるようになりました(^^)


最近、ちょこ君は良い意味で自信がついてきたようで、
室内排泄の時も以前のようにお腹をトイレシートにつけるように・・
自分の排泄を隠すかのように低い姿勢になる事もなく、
腰の位置が上がって、
お腹とトイレシートの距離が離れてきた感じがします。


コマンドコミュニケーションも良い感じで、
「8の字歩き」も覚えましたし、
足の周りを後ろ向きに歩いて回転する動きもかなり上達し、
後ろ歩きも楽々とこなせています(^^)

まだまだ、覚えなくてはならない事・・
上達の余地があるものも多いですが、
焦らず、楽しく一緒に歩んで行こうと思っています!(^▼^)ノ

04P6059288.jpg
そんな感じで犬達のお世話をした後は、
6月中旬のオープンを目指している「sideWAN」さんへ・・

05P6059291.jpg
先日はみんなでお掃除をしましたので、
今日は「マスキング」をした後に「ペンキ塗り」をする予定です。

06P6059297.jpg
この茶色く薄暗い壁に・・

07P6059302.jpg
白いペンキを塗って
明るいお店にイメージアップしたいと思っているのですが・・

08P6059305.jpg
「ペンキ塗り」だと言うのに、たった二人で終わるのかな?
と思っていたら、Twitterを見て
急遽、sideWANのお客さんが応援にかけつけて下さりました!、
(ちなみに手前のまだら模様の部分が僕が塗った所です。(^^; )

09P6059312.jpg
僕は壁の下地塗りと天井だけを塗る事を許されたので、
仕上げはお任せする事にしました(笑)

10P6059329.jpg
そんな感じで作業を進めて行くと突然の大雨・・
丁度、ペンキも無くなった事ですし、
今日の作業はここで終わる事にします。

11P6059338.jpg
2時間ぐらいの作業でしたが、
犬の話をしていたら、あっと言う間・・
と言う感じでした(^^)
手前側はもう一回、塗って、
次は奥の部屋の掃除とペンキ塗りと言う感じですが、
セミナーをやったり、お散歩会をしたりするの中での作業なので、
本当に6月中旬にオープンできるのかは分かりませんが、
基本的には場所と犬と人さえ居れば、
なんとかなると思いますので、
楽しみながら作業をして行きたいと思っております。

(残念ながら、雨予報の為、
 「新杉田公園」での「スマイリングフェア2014」
 は中止となってしまいました。
 みなさんにお会いできるのを楽しみにしておりましたが、
 またの機会を待ちたいと思います)
カテゴリ :チョコ トラックバック(-) コメント(-)

犬同士に任せてみる

 2014-05-24
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「ちょこ」君(推定4歳)です。
01DSC00483.jpg


普段、こんな感じで遊んでいるのですが、
仔犬の頃やこうした遊びをした事がない子の場合、、
遊びの加減が分からなくて人間の手や顔に強く噛み付いてしまったり、、
自分の楽しいを優先して飼い主さんが「おしまい」と言っても
吠えて遊びを要求するなど、自己中心的な部分が強く出てしまう事もありますが・・
こうした「遊び」を通して、少しずつ、力加減やルール・・
我慢を覚えて行ってくれると思います(^^)

まぁ、それでも、飼い主さんが相手ならそれでも許され・・
たいがいの事は大目に見てもらえますが、
これが、他の犬・・特に同年齢ぐらいの犬が相手となると、
そう、うまくは行きません・・

先日、2~3歳ぐらいの犬同士が
絡む場面がありました。
02_20140524211442960.jpg
白い子は自分の行動に自信があるのに対し、
ダックス君の方は自信はあるものの、
少し、自分の行動に悩み始めた頃と言った感じです。

03_20140524211442dd2.jpg
白い子が吠えてダックス君を遊びに誘いますが、
ダックス君は知らんぷり・・、
仕方が無いので、白い子が「噛むフリ」をするなどして
ドンドンとアプローチをして行きます。

04_20140524211441261.jpg
しかし、困ったダックス君はその場で固まったまま・・
動かない事で相手に「落ち着いて」と伝えているのですが、
白い子は自分が遊びたい気持ちで一杯なので、
その行動の意味が分からずに吠え続けます・・
しかし、さすがに自分の行動が
全く良い結果に結びつかない事に疑問を感じ、
少し吠え声に自信がなくなってきました。

05_20140524211441c41.jpg
その後、白い子が体当たりっぽい感じで
強引に距離をつめますが・・・

06_201405242114409fd.jpg
ダックス君はひっくり返ったまま、
動かなくなってしまいました・・
予想外の展開に困った白い子は、
吠えるのも止めてダックス君の匂いを嗅ぎます。

07_20140524211539542.jpg
それでも、ダックス君が動かないでいると、
白い子は考え、後ろ足をあげて
自分の匂いを嗅がせていました。

08_20140524211539f09.jpg
でも、結局、遊びは成立せず、
それぞれ、自分の飼い主さんの所へと戻って行きましたが、
普通はここまで犬同士にやらせる事は無く、
自分の犬がこう言う状態になる前に飼い主さんが引き離して
止めてしまう事の方が多いと思います。

でも、犬同士だからこそ・・
対等の立場だからこそ、
白い子は自分の遊びたいと言う欲求が通らない時に
「どうしたら良いか?」を考え、
「吠えない方が良いかも?」とか、
「自分の匂いを嗅がせた方が良いかも?」と考えて、
次の機会は吠えずに遊びに誘えるようになるかもしれませんし、
ダックスの子は自分とは違う考えの犬が居て、
そう言う相手に対して「どうしたら良いか?」を考えた・・
考えて「動かない事」で平和的に終わった事が
次に犬と会う時の自信につながって行くと思います。

そんな風に、普段は楽しく眺めているだけで、
なんとなく見過ごされがちな「犬の遊び」ですが、観察してみると、
意外と「犬の心の発達度合い」が見えてくる事は多いです。

勿論、自分の欲求やわがままを通したい気持ちが強く、
主張と主張がぶつかり合っていつまでも吠えあってしまったり、
なかなか、自分の感情を抑えられず、
解決の糸口が見つけられない事も多いですが、
そんな風に「自分達でどうにかしよう」と考えさせる事は、
相手の事を考えるきっかけになったり、
相手の気持ちを理解するきっかけになると思いますし、
「しょうがないな」と許される飼い主さんとの暮らしの中では体験できない、
対等な立場だからこそ「わがままは許されない」とか
「我慢しなければならない・・」と言う事を
実感して行くのではないかと思います。

自分の犬が他の犬に対してどう言う接し方をしているか?
どのくらい考える事ができるか?
と言う事を観察してみるのも面白いと思いますし、
「犬の社会化」は、
実際に犬同士がかかわる時間と機会を作る事が大切だと思いますので、
そうした機会を与えてくれるような・・
犬同士のかかわり方を教えてくれるようなトレーナーさんを
探されてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :チョコ トラックバック(-) コメント(-)

「教えて」から「待つ」事で犬は伸びて行く

 2014-05-23
01DSC00472.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「ちょこ」君(推定4歳)の最近の朝の様子です。

以前は、ハウスから出ると、
すぐに隣に居る先住犬のハウスを覗きに行ったり、
伏せ目がちに・・僕の事をいぶかしむかのように見ては、
何処かへ行ってしまっていたのですが、
最近は先住犬よりも僕の方へ挨拶に来てくれるようになりました(^^)

その後、お水を飲んで、自分からトイレへ・・
と言うのが、朝のパターンになっています。

ちなみに「タンタン、タンタン」と
何かを叩いているのは、排泄の合図です。
本当だったら、もっとトイレのそばに行き、
「シッコ、シッコ」などの掛け声をするのですが、
ちょこ君はもともと、
「室内で排泄をすると怒られる」と言う、
「間違った正解」を覚えてしまっており、
人が近くに居たり、ジっと見られていたり、
声がけなどをされるとプレッシャーに感じてしまい、
怖くなって室内排泄ができなくなってしまう為、
遠くから、ちょこ君の事を見ないようにして、
小さく合図を送ると言う感じにしています。

まぁ、今は室内排泄に対する恐怖や不安も随分と和らぎ、
室内排泄に対する自信のようなものも芽生えてきましたが、
無理をさせないよう、
ゆっくりと見守ってあげたいと思っています(^^)

あと、ちょこ君はハーネスや首輪をつけるのが苦手で、
ハーネスをつけようとすると、緊張して口が開き、
僕から逃げるかのようにグルグルと回りはじめます。

でも、本当に嫌だったら、遠くへ逃げると思いますし、
僕の周りをグルグルと回ると言うのは、
お散歩には行きたいけど行きたくない・・・
ハーネスはつけて欲しいけどつけて欲しくない・・
と言う心の中の葛藤があるからだと思います。

まぁ、今まではトイレトレーニングや関係性の構築など、
色々とやる事があった為、
少し強引にハーネスをつけていた部分もあったのですが、
それでは、ハーネスをつけるたびに
いつまでも僕の周りをグルグルと逃げるように歩き、
それを捕まえてハーネスをつける・・
と言う感じになってしまうので、
ちょこ君が心の整理をつけるまで・・
自分なりに納得するまで待ってあげる事にしました。

そうした事を2~3日、続けていたら、
自分なりに折り合いがついたのか、
あっさりとハーネスをつけさせてくれるようになりました。

「教育」とは「教える」と「待つ」がセットであり基本だそうです。、
とは言え、「待つ」と言うのは、なかなか大変ですし、
時間がかかってイライラとしますが、
待つ事によって犬自身が考え、
自分なりに「どっちの方が得か?」を判断する事で、
逆に時間が短縮される事もあると思います。

今までは追いかけて捕まえて、
ハーネスをつけようと思ったら、また、逃げられて・・
と言う感じだったのが、
ちょこ君が納得した事であっさりとハーネスをつけられるようになった・・
「待つ」事で犬に判断させる・・
犬自身が考えるように「見守る」と言うのは、
犬の自主性を育む事にもつながりますし、
長い目で見れば、飼い主さん側のメリットにもなると思いますし、
「犬育て」の基本でもあると思います(^^)

それから最近のお散歩の様子です。

尻尾も上がり、随分と軽快に・・
楽しそうに歩いてくれるようになりました!
途中、犬に吠えられてしまいますが、吠え返さずにスルーできています。
まぁ、吠えても良いのですが、
犬が吠えたからと言って、叱って止めるばかりではなく、
吠えていない時や吠え止んだ時に褒めて、おやつをあげる事で、
吠えない事が正解だと「教えて」から「待つ」事によって、
吠えてしまった後も自分で考え「吠えてはいけないんだ」と判断し、
吠え止む事ができるようになる事は多いです。

まぁ、そんな感じですが、
ちょこ君との生活は最初から順調だったわけではなく、
衝突の連続でした・・
でも、今までの暮らしや環境・・
生活スタイルがお互いに違うわけですし、
そう考えると反発や抵抗があって当たり前・・
それが普通だと思っています。

「最初から仲良しで分かり合える」
なんて言う方が珍しいと思いますので、
これからも少しずつちょこ君の事を理解し、
僕の事を理解して貰えるように
一緒に楽しく暮らして行きたいと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :チョコ トラックバック(-) コメント(-)

ちょこ君を連れて「大通り公園」へ

 2014-05-20
01DSC00010.jpg
今日は、うちの先住犬と「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「ちょこ」君(推定4歳)を連れて、
横浜市中区にある「大通り公園」に行ってみました!

02DSC00100.jpg
ちなみに、どうして「大通り公園」に行ったのか?
と言いますと、「SOCOS湘南よみうり」さんで
毎月、行われているsideWANさんによるお散歩会が、
6月から横浜方面でも行われる事になった為、
急遽、お散歩ができそうな場所を探す事に・・
と言う感じです(^^)

ここは候補の1つですが、
「駅に近い」
「日陰が多い」
「近くにドッグカフェがある」
と言う条件を満たす公園となると、
行ける場所は限られそうです(^^;

04DSC00086.jpg
お花が綺麗に咲いていました。

05DSC00094_201405202150534d1.jpg
ビジネス街なので、
平日でも人が多いです・・
でも、お散歩練習会なので、
ある程度は人や犬が居てくれた方が
良いかもしれません?

07DSC00139.jpg
公園の両脇に沢山の木が植えられているので、
思ったよりも日陰が多かったです。

08DSC00141.jpg
ちょこ君です。
最初の頃は人を見ると吠えてしまっていましたが、
今は沢山の人とすれ違っても、
一度も吠える事なく普通にしていられます。

11DSC00220.jpg
「水の広場」です。
ちょこ君は興味があるみたいですが、
水の中には入りませんでした。

12DSC00236.jpg
暑いので鳩とカラスが水浴びをしていました(^^)

13DSC00242.jpg
ちょこ君は鳩に興味があるみたいですが、
どうしたら良いのか分からずに困っていました(笑)

18DSC00394.jpg
さらに先の土と緑が多いエリアに来ました。
木陰が多く、
下が土なのでひんやりしています。

続きます。
カテゴリ :チョコ トラックバック(-) コメント(-)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫