単純なクリッカーだからこそ

 2014-04-13
01P4135781.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている「ロコ」君(推定2歳)です。

少しずつ「抱っこ」の練習と、
爪切りや耳掃除、歯磨きやボディチェックなどのケアの練習も始めました!
まだ、始めたばかりなので緊張した顔をしていますが、、
短い時間から始め、褒めて、おやつを与えつつ、
「楽しい」と言う印象を持って貰うようにすると、
最終的には尻尾を振って自分から望むようになってくれる事は多いです。

02P4105688.jpg
また「ボール」を使ったコミュニケーションなども始めています。
今まで「おもちゃ」とは無縁の生活だったのか?
おもちゃに対して、強い警戒心を示していましたが、。
「おもちゃ」は怖くない・・
「おもちゃ」は楽しい・・
と言う印象を与えてあげるようにしたら、
少しずつ、ボールに対する警戒心が解けて遊びだしました。



ちなみにどうやって印象を変えて行ったかと言いますと、
「クリッカー」を使い、
「ボールを見たらクリッカーが鳴ってオヤツが出てくる」と言う風に
、ボールを見たら良い事があるようにしました。
「クリッカー」と言うと「何かを教える」と言うイメージがありますが、
こうして、苦手なものを大好きに変える事もできたりします(^^)

また、「クリッカー」を使ったコミュニケーションは単純だからこそ、
「犬の心がよく見える」と思います。
まぁ、クリッカーは道具なので、使い方は、人それぞれですが、
僕の使い方としては、犬の行動をよく見て
「肯定」する時はクリッカーを鳴らしておやつを与える。と言うだけ・・

基本的には指示や命令など、言葉は使いませんし、
ハンドシグナルなどのボディサインも使いません・・
犬をよく観察し「YES」の合図だけでこちらの意図を伝える・・
となると「犬が何を考えているか?」とか、
「どう言う風に理解しているか?」と言う部分を読み取る必要がありますし、
「昨日よりもちょっとでも良くなった部分」や
「昨日はできなかった事ができた瞬間」を見つけて
「YES」と肯定してあげなければうまく伝えられませんので、
今まで、見えていなかった犬の良い所・・
「当たり前」だと思っていた事が当たり前ではなかった・・など、
犬を育てているようで、実はこちらの方が
「犬の良い所」を見つける「目」を鍛えさせて貰っている事は多いです。

また、犬の方も、指示や命令を待っていては正解にたどり着けないので、
色々な行動を見せたり、感情を見せたりと、
その犬の「本質」を見せてくれる事は多いです。

静かで大人しく見えた子が実は自分勝手で横柄な態度をしだしたり、
暴れん坊だと思っていた子が実は思慮深く、相手の気持ちをよく考える子だったりと、
指示や命令で犬を型にはめようとしていては見られない、
その子の心を感じられる事も多いです(^^)

また、そうした犬の心も固定しているわけでは無く、
少しずつ変化して行きます・・
最初は単純におやつを求めていただけだったのが、
少しずつ「どうしたら良いのだろう?」と言う、
理解力、判断力、応用力を身につけて行く・・
最初は分からなかった事が自分で考え、
正解を見出すようになる・・

「何かをやらせる」とか
「これができなければ」と行動とか結果だけしか見れないと気づきにくいですが、
「できる」とか「できない」ではなく、その側面にある
犬の心の動きや成長度合い、心と心のコミュニケーションに価値を見出すと、
結果に対して焦る事はなくなりますし、
これによって犬と飼い主さんの関係も良くなると思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :ロコ トラックバック(-) コメント(-)

「遊び」を通してルールやマナーを教えてあげる

 2014-04-12
01P4105702.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいているマルダックス君(推定2歳)です。

毎日、部屋の中を走り回っては、気になったモノの匂いを嗅いだり、
座布団やカーペットを引っ張ってイタズラをしたりと好奇心旺盛に暮らしています。

02P4115763.jpg
最近、人間の手に対する「ジャレ噛み」も始まりました。
こうした事は「歯が痒いから」と言われる事も多いですが、
実際は「遊び」を通して将来の為の練習をしている・・
本来、犬同士が遊びの中で学ぶ事を人間の手を代用し、
「飛びかかって、噛みついて獲物を狩る練習をしている」
と考えられているそうです。

ちなみに人間の男の子も「かくれんぼ」などの「遊び」を通して、
「獲物を発見する練習」や「獲物の気持ちを推測する練習」をしていたり、
ボールを投げ合ったりする中から
「獲物に対して正確に槍を投げる練習」をしている。と言われていますし、
また、そうした「遊び」は「自己中心的な行動や考え」をしていては仲間外れにされてしまう為、
「遊び」を通して「自分の気持ちをコントロール」したり
「仲間と協力する事を学んでいる」とも考えられているそうです。

勿論、そうした事は、犬も子供も自覚してはいないと思いますが、
だからこそ、そうした事を「本能的」に「楽しい」と思うようにできている・・・
「遊び」と言うと「勉強」とは正反対の事のようでいて、
実は「コミュニケーション能力」など多くの事を学んでいると思いますから、
「噛んだら叱って止めるだけ」とか、、
「犬が本気で噛んでくるけど我慢するだけ」ではなく、
犬に噛まれて痛かった時は、きちんと「痛い!」と言って注意をする・・・
飼い主さんが楽しく犬と一緒に遊ぶ中で「ルール」を教えてあげる事によって、
犬も「楽しい遊びを続ける為にはどうしたら良いか?」を考えるようになり、
少しずつ噛む力をコントロールできるようになると思いますし、
それが、他の犬と遊ぶ時にも役立つと思います。

03P4105730.jpg
「犬のしつけ」と言うと、「オテができる」とか「マテができる」とか、
そう言う事が「しつけができている」と言われる事も多いですが、
飼い主さんに言われたり・・叱られた時だけ「できる」と言うのでは
「しつけができている」と言うのとはちょっと違うように感じますし、
実際は
「好き嫌いをしない」とか
「おもちゃを横取りしない」とか
「順番を待てるようにする」とか、
「友達を噛んだりしない」など、
みんなと仲良く遊ぶ為の「ルール」や「公共マナー」など、
相手を思いやる気持ちを持って
自分をコントロールできるようになる事・・
「どうやってコントロールしていけば良いか?」
を飼い主さんが教えてあげる事が「しつけ」ではないかと思います。

その為には、まず、飼い主さん自身が「ルール」を大切にし、
自分自身をコントロールし、
犬への「思いやり」を持って接するように心がける事から
はじめてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :ロコ トラックバック(-) コメント(-)

犬にも「タイムアウト」を用いる

 2014-04-11
01P4105734.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいているマルダックス君(2歳)です。

08P4105717.jpg
最初の頃は、クレートから出るのにも時間がかかっていましたが、
今では元気でパワフルに部屋の中を走り回れるようになりました!(^^)

02P4105704.jpg
「しつけ相談」に来られる飼い主さんの中には、
このマルダックス君のように犬が大暴れ状態で
「言う事を聞かない・・」とか「聞き分けがない・・」と、
心配になって相談に来られる方も多いですが、
よくお話をうかがってみると、
「実はまだ犬が1歳にもなっていない・・」と言う事も多く、
「もしかすると、この子は一生、このままなのかも?」と、
心配になる気持ちは理解できますが、、
仔犬の場合、「言う事を聞かない」とか
「聞き分けがない」としてもそれが当たり前・・
「普通の事」だと思った方が良いのではないかと思います。

飼い主さんは犬が聞き分けのない態度をとると、
「私に反抗している!」とか、
「わざと怒らせるような事ばかりする!」
と腹立たしく思ってしまうかもしれませんが、
実は「飼い主さんが求めている事が犬にはまだ、よく理解できていない」
と言う事も多いです。

また、そもそも「聞き分ける」と言う事が、
犬にしてみればなかなか難しい事・・である事も、
理解してあげる必要があるそうです。

「聞き分ける」とは、
「聞いて」「判断して」「応用する」と言う事・・
飼い主さんの言っている事を正確に聞き分ける「理解力」や、
「それではどうするべきか?」と言う答えを導く「判断力」・・
そして、これまでに経験した事と照らし合せたりする「応用力」など、
色々な能力と経験が必要となってきます。

それが、生まれてまだ、1年や2年の知識や経験しかない・・・
脳も身体もまだ未熟で成長段階の仔犬に求めてしまうとしたら、
どうしても「できない事」ばかりが増えてしまい、
叱ったり、悩んだり、自信を失ったりしてしまうと思いますので、、
犬ができない、分からない事をマイナスに考えるのではなく、
「まだ、できないのなら少しずつ学ばせてあげれば良い」と、
前向きに考えてあげるのも良いと思いますし、
その為にはまず「犬のまだよく理解できていない部分」を素直に受け止めてあげ、
優しく、分かりやすく教えてあげるようにするのが良いのではないかと思います。

ちなみにマルダックス君も
今、色々な事を学んでいる最中です(^^)


05P4095567.jpg
うちに来た頃は「要求的な吠え」が酷かったのですが、
今では「要求的な吠え」も殆ど、無くなりました。

「犬の吠え」と言うと「叱る」事で対処をされている飼い主さんも多いと思いますが、
単に「叱るだけ」では効果が無い事も多かったりします。

それはなぜか?と言いますと、
犬が「叱られた意味が分かっていない」から・・
「叱られた意味を考えようとしない」から・・
と言う事も多いです。

06P4105707.jpg
勿論、叱れば一時的には吠えが止むかもしれませんが、
それは自分が悪い事をしたと理解したからでは無く、
単に「怖いから」とか「ビックリしたから」なだけ・・
ですから、叱っても、叱っても、
また、同じ事を繰り返す事は多いです。

なので、うちではまず、
「叱る」よりも「ルール」を教えてあげる事から始めます・・・
その中でも特によく使うのが「タイムアウト」と言う方法です。

「タイムアウト」はアメリカの子供のしつけによく使われる方法で、
子供が悪い事をしてもその場ではすぐには叱らず・・・
離れた場所に子供を連れて行って一人で頭を冷やさせたり、
椅子に座らせて考えさせたり、
子供が分かるまで教えたりするそうです。

犬の場合も、要求的な吠えが酷いようだと、
まずは叱らずに「静かに」と警告し、
それでも止まらないようだったら、
叱らずに黙って犬を誰も居ない、
「一人で考える事ができる場所」へと連れて行きます。

勿論、一人にされた犬は最初はその意味が理解できず、
より大きな声で吠えたり、暴れたりすると思いますが、
それでも声をかけずに放っておきます。

そうして一人にさせる事で、
犬も頭を冷やす事ができ、
犬も「どうしてこうなったのか?」とか、
「こうならない為にはどうしたら良いのか?」と考えるようになる事は多いです。

そうして
「どうしてこうなったのか?」と言う「理解力」
「こうならない為にはどうしたら良いのか?」と言う「判断力」
「怒られないように自分の気持ちをアピールする為にはどうしたら良いか?」
と言う「応用力」を養ってあげる・・

勿論、そうした力が身につくまでには、
飼い主さん側にも時間と根気と我慢が必要ですが、
そうして「考える習慣」を身につけさせてあげると、
犬も自分で「どうしたら良いか?」を考えるようになるので、
長い目で見ると、そうした教え方の方が、
一緒に暮らすのがとても楽になるのではないかと思います。(^▼^)ノ

((注)犬によって「問題解決」へのアプローチの仕方が変わりますので、
    ここでは「タイムアウト」に関する具体的なやり方は書きませんが、
    もし、気になる方は「sideWAN」さんへご連絡して下さい)
カテゴリ :ロコ トラックバック(-) コメント(-)

「学び」は楽しい雰囲気の中で

 2014-04-09
01P4085411.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただいている2歳のマルダックス君です。

02unnamed (1)
この子は山の中からこう言う状態で見つかったそうですが、
最近、そんな風に犬が捨てられる事件が増えているみたいです。

しかも、気になるのが同年齢・・同犬種が大量に・・・あちこちで・・
となると、同一犯による犯行と言う感じがしてしまいます。

動物愛護法が改定されて厳しくなり、
インターネットでの犬の販売ができなくなった事や
売れ残った犬の終生飼養を考えなければならなくなった事などから、
儲からなくなって廃業している「繁殖屋」も多いそうです。

そのせいで犬が捨てられている・・・と言うのは問題ですが、
犬は儲からない・・
メリットが無い・・
と分かれば、金儲けの為に産まれたり、
産まさせられたりする犬の数も減ってくれるのではないかと思います。

03P4085560.jpg
そんなマルダックス君ですが、
少しずつ、この場所が安心だと分かってきてくれたのか、、
お水が飲めるようになりました!

04P4085495.jpg
しかし、お外は苦手みたいで、
お外を歩かせようと思うと、
不安そうな暗い表情になって歩く事もできませんでした。

05P4085505.jpg
しかし、この表情を見ると、とても自分の力で逃げてきたとは思えませんし、
お散歩自体、行っていたとは思えません・・
人とのコミュニケーションも苦手だしテレビも見た事が無さそう・・
となると、やっぱり繁殖場に居た可能性は高いと思います。
ちなみに繁殖場がどんな所かと言いますと、
こんな風に小さなケージに入れられたまま
人の愛情も知らず、外の世界も知らない・・・
と言う感じで、そのまま一生を過ごす犬も多いみたいです。

でも、お外がストレスになるからお散歩はしなくても良い・・
と言うのも違うと思いますので、
人も車も少なく・・静かになった夜にもう一度、お散歩に行ってみました!

最初は怖がって動く事ができなかったのですが、
おやつを使って少しずつ、褒めてあげたら、
一歩・・また一歩・・と少しずつ、動く事ができるようになりました。

最初はおやつを見せて歩かせ・・
歩けるようになったら、
今度は「頑張り」に対して褒めておやつをあげる・・・
しかし、気をつけたいのが
「ここまで頑張れたんだから、もっと・・」と、
犬の限界まで頑張らせようとしてしまう事・・・
それでは犬も「頑張っても報われない・・」と思ってしまいますし、
限界までやって「もうダメだ」と言う態度をしたら、
飼い主さんが「頑張ったね」と褒めておやつを与えたりすると、
犬だって頑張るよりも、
「早々に「もうダメだ」とした方がおやつを貰える」と考え、
すぐに「ダメだ」と言う態度をする子になってしまう事もありますので注意が必要です。

07P4095590.jpg
そんな感じで、頑張った事を褒め、
好きなように歩かせて、
好きなように匂いを嗅がせてあげ・・
「お散歩は楽しい」と感じられるように気をつけてあげていたら、
今日の昼頃にはこんなに歩けるようになりました!
08P4095628.jpg
表情が全然、違いますよね?
このまま、楽しいお散歩を心がけるようにすれば
外への不安感も無くなってくれると思います!(^▼^)ノ
カテゴリ :ロコ トラックバック(-) コメント(-)

2歳のマルダックス君が来た!

 2014-04-08
01DSC00006.jpg
「アニマルプロテクション」さんから
一時預かりをさせていただく事になった2歳のマルダックス君です。

山の中に捨てられていたそうですが、
何も知らない・・
何も教わってきていないみたいで、
不安で怖いことだらけ・・と言う感じでした。

02DSC00017.jpg
表情も不安そうですが、
昨日の夜は、ハウスから出る事もなかなか、できなかったぐらいですから、
一晩寝て、少しはリラックスできたのではないかと思います。

03DSC00021.jpg
優しい顔をしています。

04DSC00032.jpg
不安なので、部屋の中に置いてあるお水も飲めません・・

05aDSC00043.jpg
室内トイレが気になるみたいで・・・

06aDSC00059.jpg
排泄を頻繁にしていました。

犬が頻繁に排泄をすると、
「病気なのではないか?」とか、
「自分の強さを誇示しているのではないか?」
と思われるかもしれませんが、
健康で去勢手術が済んでいるのなら、
不安なので「自分は害の無い存在ですよ」と知らせるかのように
頻繁に排泄をしている事は多いです。

07aDSC00129.jpg
おやつの匂いを嗅いでいますが・・

08aDSC00134.jpg
食べる事ができませんでした。

09b13DSC00082.jpg
でも、床に投げてあげると・・・

10aDSC00083.jpg
食べる事ができましたので、
部屋の中が怖くて食べれないと言う程ではないみたいです。

11aDSC00023.jpg
では、人間の手に嫌なイメージがあるのか?
人間を信用していないのか?
と言うと、そう言う感じでもなく、
単に人とのコミュニケーション経験が少なくて不安を感じていた・・
と言うのもありますし、
「指を噛まないようにしておやつを食べる方法が分からない」
と言うような優しさから食べられなかった・・
と言う感じもしました。

15DSC00180.jpg
他にもテレビを見た事が無いのか?

16DSC00166.jpg
テレビに対して物凄く過剰に反応していました(^^)

「保護犬」と言うと、
「過去の経緯が分からないからしつけができない」とか、
「過去の経緯が分からないから気持ちが分からない」
と言われてしまう事もありますが、
逆に仔犬から飼っていても、
過去を知ってるが故に分かった気になって
犬と飼い主さんの間で気持ちのすれ違いが起きている事もありますし、
一つ一つの事柄に対する犬の表情や反応を見てあげる事で、
その子がどう言う育てられ方をしてきたのか?
育ち方をしてきたか?を推測できると思いますので、
大切な事は過去を知っているかどうか?ではなく、
「知ろう」とか「思いやろう」と言う気持ちを持つ事ではないかと思います。

17DSC00191.jpg
しばらくして、部屋の中が「安心できる場所」だと理解したのか
突然、「遊ぼう」と言うポーズをしてきました!
18DSC00193.jpg
 19DSC00223.jpg
20DSC00224.jpg
人間はつい、「年齢」を基準に犬を見てしまいますが、
2歳と言っても、何も教わっていない・・
何も経験していなければ、知識、経験・・精神年齢は
仔犬と変わらない事は多いです。

22P4085411.jpg
ですから、大切な事は、
その子に合わせた教え方・・教える内容を考えてあげる事・・・
この子の場合、まずは「楽しい」を教えてあげ、
それから、ルールや我慢などを
教えて行ってあげたいと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :ロコ トラックバック(-) コメント(-)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫