絶対的な味方

 2017-09-18
04DSC00565.jpg

成人し、子を持つ母親になったとしても、
「母親がどう思うか?」で
自分の行動を判断してしまう女性は多いみたいです。

幼い子供にとって「母親」とはどう言う存在か?
また、どのような「母親」が求められているか?と言いますと、
一番、大切な事は子供にとっての
「安全基地」になってあげる事だそうです。

自分がどんなに遠くへ行っても帰ってくる場所・・
帰ってこられる場所、受けいれてくれる場所・・
と言った「安心感」・・
母親だけはどんな事があっても絶対に自分の味方・・
と言う安心感を子供に抱かせてあげる事が
子供が母親に求める事であり、
母親がすべき、本当に必要な事なのだそうです。

子供は常に新しいものへの好奇心が旺盛で、
周囲の環境を探索しようとしますが、
それは、「母親がそばに居てくれる」と言う
安心感があってこその行動です。
母親の顔色をうかがいながら冒険やイタズラを繰り返し、
冒険をしては不安になると、大急ぎで
母親のもとに戻ってしがみついて安心感を得る・・
イギリスの心理学者「ジョン・ボウルビィ」は、
こうした保護者の存在が子供の発達における
心理的な「安全基地」であると提唱したそうです。

生後6~7ヶ月の子供は、
母親が部屋から出て行くと、泣き叫んでしまうそうです。
他の人がいくらあやしても泣き止まないのに、
再び母親が戻ってきて抱かれるとピタリと焼き止む・・
これは、子供が母親と言う存在に対して
特別な感情を抱くようになった為であり、
このような特定の対象に対する
特別な情緒的な結びつきを「アタッチメント(愛着)」
を言うのだそうです。

また、乳幼児期に形成されたこの絆は永続的なものであり、
母親(保護者)に対して特別な愛着を抱く事が、
子供の安定した情緒の発達を促し、
その後の対人関係にも影響を及ぼす・・
と考えられているそうです。

こうした「アタッチメント(愛着)」は、
子供が成長するにつれて「自分の存在に対する自信」となり、
母親との距離が離れていても、
「母親がいつもそばに居てくれる」と言う
安心感を持てるようになるのだそうです。

また、こうした事は犬と飼い主さんの間でも同じことが言えて、
お散歩中、前を歩いていた犬が不安になると
飼い主さんの所へ戻ってきて、
飼い主さんの足にピッタリと身体を寄せる・・と言うのも、
飼い主さんが犬にとっての「安全基地」に
なってあげられているからだと思いますし、
そこで「安心」と「安全」を得る事ができるから、
犬は再び飼い主さんから離れて冒険の旅に
出かける事ができると思います。

そうして、成長するにつれて
少しずつ、犬は飼い主さんから離れていても
大丈夫になって行きますが、
それは、「飼い主さんがいつもそばに居てくれる」
と言う「信頼」をしてくれているからだと思いますし、
逆に言うと、犬の「分離不安」が激しい場合、
飼い主さんに対して「不安」や「不信感」を抱いている場合もありますので、
「分離不安が激しいから・・」と「しつけ」を頑張る前に
「大丈夫だよ」と言って、犬の身体を撫でてあげるなど、
情緒的な結びつきをもう一度、しっかりとするように
してみるのも良いのではないかと思います。

ただ、犬が分離不安をしない・・
飼い主が見えなくなるぐらい離れていても普通にしている・・
と言う場合も、ちょっと注意が必要かもしれません?
犬の中には飼い主さんに対して期待する事を止めてしまっている・・
諦めてしまっている為に飼い主さんが離れていても気にしない・・
「信頼」もしていないし、頼ってもいないので、
飼い主さんがそばに居なくても関係ない・・
と言う犬も居ますので、犬がどのくらい飼い主さんの顔を見るか?
どのくらい目と目が合うか?と言う部分も注意して
犬の事を観察してみるのも良いのではないかと思います。

犬の不安を取り除き、安心と安全を与えてあげる為には、
犬の事をよく観察してあげる必要があるそうです。
また、そうして、飼い主さんが常に見守ってくれている・・
と言うのも犬にしてみれば嬉しい事なので、
飼い主さんが見てくれていると言うだけで、
「アタッチメント(愛着)」は育っていきますが、
飼い主さんが犬の事を見ていなければ、
犬も飼い主さんの事を見なくなりますので、
関係性はドンドンと薄くなり、
最終的にはお互いに勝手な事をしだし、
犬は不安から周囲に対して吠えたり、
噛んだりして過剰に身を守るようになる・・
なんて事もありますから、
犬が飼い主さんから離れていても落ち着いていられる・・
自分に自信を持って、他の人や犬に対してご挨拶に行けるように
普段から犬に対して微笑んだり、話しかけたり・・
お互いに触れ合ったり、目と目でお互いの位置を確認したり・・
と言う事を心がけてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

本当に危険な事は怒ってやらないようにさせる

 2017-09-17
02DSC00164_20170921152327ad4.jpg

人間の子供は3歳ぐらいになると、
ようやく、
「片づけをしないと、
 お気に入りのオモチャをしまわれてしまう」とか
「○○をすると、母親に怒られる」など、
ごく短い時間における前後の因果関係を理解できるようになるそうです。

逆に言うと、3歳ぐらいまでは、
物事を理由付けて怒ってもあまり意味がなく、
怒られてもなんで怒られているのか?
その「因果関係」が理解できませんし、
脳も発達中で「長期記憶」も弱いので、
怒られた事も長い間、覚えてはいられない・・
と言う事もあるのだそうです。

これは、仔犬にも言える事だと思います。
飼い主さんは成犬と同じようにしつけようと、
仔犬が間違った瞬間に注意をし、
その行動を止めさせようとしますが、
仔犬はまだ、脳が未発達で関連付けも長期記憶も弱いので
怒られた事もすぐに忘れてしまう事は多いです。
まぁ、逆に言うと仔犬の頃は考える力も弱いので、
自分の欲求の為に吠えて飼い主さんを動かそうとしたり、
他の犬を見ても吠えてこちらに来させよう・・
なんて事も思いつかないので、
仔犬の頃は動きが早くてしつこいものの、
「問題行動も起こさないで良い子」
と言われる事が多いのだと思います。

では、3歳までの人間の子供に対し、
「絶対にこれだけはして欲しくない」
と言う事を教える為にはどうしたら良いか?と言うと、
まずは、危険な所には行けないように工夫する事が大切ですが、
それでも、子供が行こうとしたり、やろうとする時は、
多少、大げさなくらいの勢いで怒って
恐怖心を植えつけると言うのもアリだそうです。

勿論、なんでもかんでも怒って止めさせる・・
と言う事では無く、本当に危険な事だけは、
大きなケガをさせてしまう前に
怖がらせてやらないようにさせる・・と言うのも、
子供の安全を守る為には必要と言う事だそうです。

犬の場合も同じだと思いますが、犬の場合は
結構、簡単に「恐怖心を植えつけて止めさせる」
と言う行動をしてしまう事も多いように感じます。

対して危険でも無い事でも、
「怖がらせればやらなくなるから・・」と、
安易に叱りを連発し過ぎた結果、
臆病な犬になってしまった・・と言う事もありますので、
犬が小さい時は本当に危険な事だけは
怒ってやらないようにさせつつ、
犬が大きくなって、ある程度、因果関係を理解し、
長期記憶ができるようになってきたら、
「褒め」と「無視」を用いて犬に考えさせ、
「どうしたら良いか?」を理解させてあげられるように
してみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

「思いやり」は総合的な教養

 2017-09-16
01DSC00275.jpg

「思いやりを持ちましょう」と、
小学校のポスターなどに貼ってありそうな言葉ですが、
「思いやりを持つ」とは一体、どう言う事を言うのでしょう?

親から「(他者に対して)優しくしなさい」とか
「思いやりを持ちなさい」なんて言われて育ってきたとしても、
相手の気持ちを100%、理解できるような子になるか?と言われると、
相手の気持ちを想像するスキルは上がるかもしれませんが、
完璧に相手の気持ちを理解することなんてできないと思います。

「他者の心は推測する事はできても完全に分かりあえる事はできない」
まぁ、だからこそ、相手の心を思いやる気持ちが
大切になってくるのだと思いますが、
実際には他者の心を推し量り、上手に付き合って行くのは大変です。
子供や友人に対しても「分かってあげられなかった・・」と、
理解してあげられなかった事に罪の意識を持ってしまう事もありますし、
相手の言葉の裏にある意味が読み取れなかったり、
相手の表情や口調、しぐさから気持ちを読み取る事が苦手・・など、
そもそもにおいて、他者とコミュニケーションに
不安や恐れを感じてしまう事もあると思います。

でも、そう言う人も他者が悲しんでいれば自分も悲しくなりますし、
他人が喜んでいるのを見れば、自分も嬉しくなるそうですから、
他者の事を100%、理解する事はできないけれど、、
だからと言って、全く理解できないワケではなく、
他者に共感し、気持ちを共有する事はできると思いますから、
完全に分かり合える事を目指すよりも
「分かろう」と言う気持ちをもち続ける事が
大切になってくるのではないかと思います。

特に女性は相手の気持ちを察するスキルが高いと思いますが、
察するだけではなく、そこに理論的な思考・・
認知のプロセスをプラスするのが良いそうです。。
「相手の心を思いやる」と言うのは簡単なようでいて、
知識や経験、論理的な思考、認知プロセスなど、
総合的な教養も必要になってくるそうです。
「相手が悲しんでいる」と推測できたとしても、
「なんで悲しんでいるのか?」と言う部分を
周りの状況や過去の記憶や経験、
言葉のコミュニケーションで補ってあげ、
相手の力になってあげられるようなサポートをするのも
「思いやり」には必要なのではないかと思いますし、
それは、犬を育てる時にも同じ事が言えて、
犬が吠えていたり、怖くて震えていたりすると、
飼い主さんの多くは「犬が怒っている」とか
「犬が怖がっている」と気持ちを推測する事はできても、
そこから、冷静に状況を判断をしたり、
過去の記憶や経験を照らし合わせつつ原因を調べ、
犬の気質や人格を推察し、
犬の行動学を用いて問題を解決する・・
と言った論理的な思考までは行かない事もあるのではないかと思います。

特に女性は相手の気持ちを察するスキルが高いと思いますが、
犬の気持ちに共感するだけではなく、
行動学を用いた論理的な思考を用いて、
犬の気持ちの読み取りをより正確にできるようにしてみたり、
犬の自信を育てていけるようなサポートをする事を
心がけてみるのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

無理やりやらせても辿り着けるゴールは低くなる

 2017-09-16
02DSC00073.jpg

子供の頃、やりたくもないピアノ教室に通わされていたり、
遊びたいのに塾に通わされていた人も多いと思います。
勿論、最初は自分から「やりたい」と言ったのかもしれませんが、
いざ、行ってみたら面白くなかったり、
途中で飽きてしまう事もあると思います。

でも、「やめたい」と言うと、
「そんな事ではなんでも途中で投げ出す子になる」とか
「サボり癖がつく」などと言って、母親が怒ってやめさせて貰えず、
結果、やりたくはないけど、
やらないと怒られるので通い続けた結果、
そこそこの知識やスキルが身についたので、
今では「まぁ、無駄ではなかったかな?」
なんて思う事もあるのではないかと思います。

でも、実は「そこそこ」と言うのが問題みたいで、
自分から「やりたい」と思う事は積極的に行い、
自分の知識や経験をドンドンと強化して行けますが、
「仕方がなくやっている」程度の気持ちでは、
「怒られない程度のギリギリのライン」
の実力しか身につかない事の方が多いからです。

これは、犬を育てて行く事を考えた時にも
とても重要になってくる問題だと思います。

「犬のしつけ」と言うと、
まだまだ、服従訓練や強制訓練が一般的で、
犬は怒られたり、抑え付けられたり、
痛い思いをする事で嫌々、やらされている・・
と言う感じだったりもしますが、
では、それで一体、どれだけの結果を出せるのでしょう?

「飼い主さんがそばに居ないと言う事を聞かない」
「飼い主さんが見ていない所では積極的に行動しない」
など、「仕方がなくやっている」程度なので、
「なんとかしてサボろう」と思っている子も
多かったりするのではないかと思います。

なので、それを見て、飼い主さんはさらに怒り、
怖がらせて従わせようとしますが、
それも仕方が無いからやっているだけなので、
犬もそんな感じでドンドンと追い込まれて行けば、
ノイローゼになって無気力になってしまったり、
逆に心の中に溜まった怒りが爆発して
咬傷トラブルになってしまう事も
あるかもしれませんので注意が必要です。

「犬の育て方」の上手な飼い主さん・・
すなわち「できる飼い主さん」と「できない飼い主さん」の違いは?
と言いますと、犬が「積極的に行動しよう」と言う
「動機付け」をどれだけ上手にできるか?ではないかと思います。

実際、犬との関係性が良い飼い主さんは、
犬の事を良く見ていますし、
楽しい事をして犬の気持ちを乗せるのが上手いです。
逆に犬との関係性がイマイチ・・と言う飼い主さんは、
犬が良い行動をしても気づかない・・
犬の行動を見逃している事が多いですし、
また、犬が喜ぶ事をするのが苦手・・と言う傾向がありますので、
良い飼い主さんになろうとするのであれば、
他の飼い主さんや楽しそうにしている犬を見て「羨ましい」と思う前に、
自分の犬をよく見てあげて、犬と一緒に楽しめるような行動をし、
犬が良い行動をしたらすぐに褒めて、
オヤツをあげるなどの反応を返す事を
心がけてみるのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

うまく行かない時は自分の行動をチェックしてみる

 2017-09-15
01DSC00035_201709161637045bf.jpg

「社員教育」がうまく行かない・・
と悩んでいる人も多いみたいです。
「社員教育」として最もポピュラーなのは、
「ビジネスマナー教育」だそうで、
名刺の出し方や言葉遣いなど、
社会人としてのマナーを教え込む・・と言う感じだそうですが、
そんな風に一生懸命に教えても
なかなか、結果につながらなかったり、
会社の業績が上がらない・・と言う事も多いみたいです。

でも、それは当然の事で、
確かに「ビジネスマナー」は大切かもしれませんが、
結果を出し、業績を上げる為には
「今、具体的に何をするべきか?」と言った「行動」を示してあげたり、
「顧客を増やす為にはどう言う行動をしたら良いか?」と言う事を
しっかりを教えてあげる必要があるからだと思います。

また、社員を「セミナー」に参加させたり、
「勉強の機会」を提供する会社も増えているみたいですが、
そうしたセミナーの効果はあまり長続きしない・・
と言う事も見落とされがちな問題だそうです。

勿論、セミナーや勉強会を行う事によって
社員の「行動しよう」と言う気持ちを高める事はできると思います。
ただし、それは一時的なもので、時間が経てば、
すぐに元の習慣に戻ってしまう事は多いみたいです。

セミナーで感動し、興奮して「やる気」を持てる・・
でも、それは、セミナーの目的が
「画期的な取り組み方」や「効率的な方法」を伝えて
「社員のやる気」を引き出す為であり、
そうして「やる気」が湧いてきたとしても、
その「やる気」をどうやって持続させるか?
も重要になってくると思います。

また、「やり方」を教わったとしても、
それを自分なりに考え、判断し、
行動する事も大切になってくると思います。
Aと言う行動をするとAAと言う結果になり、
Bと言う行動をするとBBと言う結果になるとします。
だから、BBと言う結果を出す為には、
Bと言う行動をしなければならないのですが、
「AをするとAAになりますよ」と言われると、
「Aと言う行動をしさえすれば結果が出る」と思ってしまい、
BBと言う結果を出さなければならないのに
Aと言う行動をし続けてしまう・・
と言う事もあるそうですから注意が必要です。

犬を育てている時もそう言う事はあると思います。
例えば、犬が「ピンポン吠え」をして困っている時、
ピンポンが鳴っても、落ち着いて犬の名前を呼び、
犬が来たらおやつを与える・・と言うやり方を教わった事で、
ピンポンが鳴っても、吠えるよりも先に
おやつを貰おうと飼い主さんの所へ行くようになり、
問題が解決した。と言う事があったりすると、
犬が外で他の犬に向かって吠えている時も
犬の名前を呼んで振り向かせようとするけど、
全然、こちらの方を見ようとしない・・
あるいは、犬が散歩中に拾い食いをするので、
拾い食いをする前に犬の名前を呼んで
止めさせようと思うものの、
犬の方が先に落ちているモノに気づいてしまったり、
名前を呼んで貰ってオヤツを貰おうと、
ワザとそうした行動をするようになる・・
など、「犬の名前を呼んで、振り向けたらオヤツ」
と言う行動しかしない為に、望んだ結果に結びつかない・・
と言う事もあるのではないかと思います。

行動をしても望む結果が得られない場合、、
自分の行動をチェックしてみると、
どこかに間違いがあっ足りする事もありますので、
その間違いを正して「行動」と「良い結果」が
結びつくようになると「頑張ろう」と言う
気持ちと行動が持続して行くのではないかと思います。

セミナーなどは大多数の人間を相手に行うものなので、
質問タイムなどはあるものの、どうしても、個々の問題までは、
細かく対応できない事もあると思います。
その為、個々の対応にはセミナーで得た知識を元に
飼い主さんが「アレンジ」を行う必要があると思いますが、
その「アレンジ」の仕方を学ぶ為には
トレーナーさんの元で一対一の授業を受けつつ、
自分でも行動を起こすようにしてみる事も
大切になってくるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫