自分の問題として課題を変換してみる

 2018-02-06
04DSC00544.jpg

「そろそろ、勉強をしよう」と思っていた時、
母親から「勉強しなさい」と言われてやる気を失った・・とか、
「そろそろ掃除をしようかな?」と思っていた時に
旦那さんから「汚い部屋だな・・掃除ぐらいしろよ」と言われたので
「そう思うんなら、あんたがやればいいじゃない!」と喧嘩になってしまった・・
なんて事もあるのではないかと思います。

そんな感じで「やる気」と言うのは、
自分の内側から出てくる分には良いのですが、
誰かに言われて「やらされる」となった途端、
失われてしまう事は多いのだそうです。

職場でも、上司がワンマンで、
部下が上司の指示や命令で動いているだけだったりすると、
部下は「やらされている感」が強くなってしまい、
「自分から仕事をしよう」と言う気持ちは失われてしまい、
結果として全体としての効率はドンドンと下がって行く事は多いみたいです。
なので、今は部下がいかに与えられた仕事を「自分の課題」として取り組めるか?
と言う事が大切になっているそうです。

これは、犬を育てる時にも言える事で
飼い主さんが犬に対して指示や命令ばかりをしていると、
犬は「言われたからやる」とか「言われた事だけをやる」となってしまい、
飼い主さんが見ていないとやらない・・とか、
飼い主さんが近くに居ないとできない・・とか、
リードが外れると呼び戻しもできない・・など、
かえって行動の問題が大きくなってしまう事は多いのだそうです。

だから、今は犬に考えさせるようにさせ、
犬が飼い主さんが望む行動をした方が良い事があるか?と言う事を
いかに理解させるか?が重要となっているそうです。

「飼い主さんの言う事を聴いていれば嫌な事が起きない・・」から、
「飼い主さんが望む行動をするとオヤツが貰えたりと良い事が起きる・・」
となる事で犬は自分の為に積極的に良い行動をするようになる・・
犬のモチベーションも上がり、
良い行動をする確率がドンドンと高まって行くのですが、
意外と飼い主さんの方が「主従関係」や「上下関係」にこだわり、
「犬が飼い主の為では無く自分の為に行動をしている・・」と、
犬が例え良い行動をしていたとしても、
それを「良し」としない事で
犬は飼い主さんが臨む行動をしてもメリットが無い・・となって
良い行動をしなくなってしまう・・と言う事も多いですから、
これからは飼い主さんも「ワンマン飼い主」から
いかに「犬自身に考えさせられる飼い主」になるか?
が課題になってくるのではないかと思います。

しかし、実は飼い主さん自身、犬を育てる事を
「自分の課題」だと思っていない事も多いみたいです。

「犬が行動の問題を起こすから仕方なくやっている」とか
「犬の行動が近所迷惑になるから怒られない為にやっている」など、
飼い主さん自身、他者や世間体を気にして「やらされている」と思っていると、
積極的な「やる気」も起きない為、
問題や課題に取り組む気にはなれませんし、
それを楽しもうなんて事も思えなくなってしまったりするみたいです。

ではどうしたら良いか?と言いますと、
「犬が起こしている問題」や「周囲の人に迷惑をかけない為の課題」を
自分の問題や課題として取り組むのが良いそうです。

「犬が起こしている問題」だけど、
「では、どうして犬はその行動をしているのか?」
「その行動のどこにメリットがあるのか?」
「どうしたらその行動を止めさせられるか?」
など、犬の気持ちに興味を持つ事で自分の問題として捉え、
「この問題が解決できたら飼い主として成長ができる」と、
自分自身の問題として考えてみるのも良いそうです。

小さい頃、親の機嫌を直す為に
一生懸命、考えて行動していた・・など、
他者の為に考え、行動していた時間が長いと、
その思考が自然と染み付いてしまい、
大人になってからも不機嫌な犬の気持ちを考え、
「犬がどうしたら機嫌が良くなるか?」と、
「他者主導の考え方」になってしまう事は多いみたいです。

しかし、そうした他者主導の考え方でいると、
犬はどんどんと「ワガママ」になって行きますし、
飼い主さんも犬の機嫌を直す為には一生懸命になれるけど、
どこかで「犬の機嫌が悪いのは犬の問題」と「他人事」になってしまい、
犬の行動の問題を積極的に改善して行く気になれなかったり、
「どうして、私がそんな事を?」と、
「やらされている感」が強くなって、
積極的に問題に取り組む気になれなかったりもしますので、
「犬の問題」だと思っていた事をいかに自分の課題や問題として考えられるか?
が重要になってくると思います。

その為にも自分なりの目標や目的を持つようにして、
誰の為でもなく、自分が楽でより良い生活が送れる為に
犬の行動の問題を一緒に考え、取り組んで行く・・
と考えてみるのも良いと思いますし、
その為にも犬の表情や行動をよく観察し、
犬が飼い主さんが困るような行動をするよりも
飼い主さんが望むような行動をした方がメリットがある・・
と言う事を理解させてあげられるように教えてみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

自分を冷静に評価できるスキル

 2018-02-05
05DSC00764.jpg

大阪で生まれた人はみんなお笑いが得意で明るくてよく喋る・・
と言うイメージがありますが、
実際は内気で人見知りな人も多いと思いますし、
アメリカ人だって、みんな外交的で社交性が高いか?と言うと、
自分の気持ちを上手く表現できない人や
自分をアピールするのが苦手な人も多かったりするみたいです。

では、「行動力の差はどこから生まれるのか?」と言いますと、
「自己評価」が深く関ってくるのだそうです。

「自己評価」の高い人はミスをしたり、悪い状況になったとしても、
それを受け入れて冷静に分析し、
現状を改善させる為の行動をすぐにできたりしますが、
そう言う人は過去において、問題が起きた時でも落ち着いて状況を判断し、
「どうすれば良いか?」を考えて行動をした結果、
良い結果で終わる事が多かったから「行動をする」と言う事に自信を持っていますし、
例え悪い結果に終わったとしても、失敗を次に生かす事ができる為、
失敗を失敗だけで終わらせないので失敗は失敗では無くなり
成功へと辿り着く為の礎として考える事ができる為、
行動を起こす事で自己評価を高めて行けるし、
自己評価を高めていけるから
「行動をする」と言う選択を躊躇せずに行えるのではないかと思います。

勿論、だからと言ってそう言う人が自信家か?と言うと、
実はとても謙虚だったりする事は多いみたいです。

「自己評価が高い人」と言うのは「ナルシスト」と言う意味では無く、
自分を良く知っていて、自分の限界・・
自分にできる事とできない事が分かっているから、
自分を高める為に自分には足りていない部分を学ぼうとするし、
「自分が理想する自分」になる為に自分を追い込み、
努力をする事ができる・・
つまり、「自分を冷静に評価するスキルが高い人」が
「自己評価が高い人」ではないかと思います。

逆に「ナルシスト」や「自己評価が低い人」と言うのは、
自分で自分の評価を低く見積もってしまう為、
理想の自分と現状の自分の差を前にして立ちすくんでしまったり、
自分で自分の評価を低く見積もり過ぎてしまっている為、
「もう、これ以上、自分の事を悪く言われたら耐えられない」と、
自分を守る為に他者に対して凄く攻撃的になってしまったり、
自分を守る為に自分を大きく見せようとしてウソをついたり、
自分を着飾ったり・・と、自分を評価するスキルが低い為に
冷静に自分自身を判断する事ができず、
結果、自分を信じる事ができなくて努力をする事ができなかったり、
過剰に自己防衛に走ってしまったり・・
と言う事も多いのではないかと思います。

飼い主さんの中にも
「自分を冷静に評価するスキルが高い人」は、
自分の犬や周りの飼い主さんとも良い関係が築けている事は多いですが、
逆に自分を冷静に評価できない飼い主さんは資格集めに走ったり、
高級ブランドで犬を着飾ったり、犬の血統に逃げ込んでしまったり・・・
と言う事もありますので、
自分の知っている事・・知らない事・・
自分にできる事・・できない事を冷静に判断し、
それらを謙虚に受け入れて、できるようになる為の努力を続けて行く・・
と言うのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

プランC、プランDを考えておく

 2018-02-03
03DSC00997.jpg

犬と暮らす中での「飼い主としての成長」を考えた場合、
ある程度の「リスク」を背負う覚悟を持つ事も
必要になってくるのではないかと思います。

しかし、そうは言っても「人前で失敗をしたくない・・」とか
「他人に迷惑をかけたくない・・」と言う理由からリスクを避け、
堅実で失敗の要素がない選択の繰り返しになってしまう事もあると思います。

しかし、そうした思考だと「失敗しない為には?」と言う方向にエネルギーを注いでしまい、
「成功する為には?」と言う方向にはなかなか、エネルギーが使われませんので、
お散歩中で犬とすれ違う時でも
「失敗して吠えてしまった時」よりも
「自分の犬が吠えずにご挨拶に成功できた姿」を想像し、
「その為にどうすれば良いか?」を考えるなど、
「うまく行ったらこんな未来が見られる」と言う方向で
脳のエネルギーを使ってみるのも成長と結果の為には必要なのだそうです。

また、悪い想像や予感は思い浮かんでも
「では、そうならない為には?」とか
「そうなった時はどう言う行動をとれば良いか?」
と言った想像や対応策は考えられない飼い主さんも多いです。
しかし、対応策が思い浮かばなければ、
「チャレンジ」をする気にはなかなか、なれませんから、
あらかじめ最悪の事態を想定しておく事で
実際にそうなった時もパニックを起こさずに
素早く行動に移す事が可能になるのではないかと思います。

そう言う意味では、
悪い想像や予感ばかりを思い浮かべてしまう・・
と言うのも悪い事ばかりではないと思います。
犬との生活において常に最悪の事態を想定し、
それに対応する方法を考えておく事で
犬との暮らしに「備え」が生まれますし、
飼い主さんの行動力もアップできるようになると思います。

ーとは言え、お散歩中などは想定外の出来事の方が多いです。
そんな時もそれを知識と経験とし、
色々な状況を想定しながら複数の選択肢を用意しておく・・
と言うのが良いと思いますし、
その為には普段の生活の中においても、、
常に「プランB」や「プランC」を
用意しておく癖をつけておくのも良いそうです。

「友達と遊びに行ったら目的地が臨時休業だった」とか、
「電車が止まった」とか「突然、雨が降ってきた」など、
日常の中で常に複数の選択肢を用意する癖を見につけておく事で
犬との生活も臨機応変に対応ができるようになると思います。

勿論、どんなに選択肢を用意したとしても
思い通りにならない事もあるかもしれませんが、
だからと言って折角、臨機応変に対応できる訓練をしているのに、
「予想が外れた・・もうダメだ」と自分で立てた計画に縛られてしまっては、
柔軟な思考ができなくなってしまいますから、
最悪のケースを想定しつつ、選択肢を複数、用意するのは、
脳の思考力のアップの為・・と考えたり、
選択肢をあらかじめ用意しておく事で脳の空きスペースを作る・・とか、
いざと言う時にも落ち着いて行動する為・・など、
「備え」と「瞬時に選択肢を切り替えられる行動力」を身につける為に
普段から数手先までまで考える練習をしておくのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

未来を見据えて行動する勇気を持つ

 2018-02-03
03DSC00324.jpg

飼い主さんとして成長する為に必要な事は?と言いますと、
やはり「行動する」ではないかと思います。

犬を連れて色々な所に行き、
色々な事を犬と一緒にして、そこで起きたできごとに注目する・・
勿論、単に出かければ良い・・と言う事ではなく、
出かけた先での犬の行動を観察し、犬同士の出会い・・・
知らない飼い主さんとの出会いなどを通して
小さな変化を見逃さないようにして
「気づき」を大切にする事が重要になってくるのだそうです。

また、そこでの出来事を受け入れる・・と言う事も大切だそうです。
犬と一緒に出かけたら、自分の犬が大興奮して制御ができなくなってしまった・・
もう行くのは止めよう・・とか、
犬とドッグカフェに行ったら他の犬に向かって吠えまくってしまい、
凄く恥ずかしい目にあった・・もう行くのは止めよう・・
となってしまう事も多いですが、
「問題」や「課題」は自分を成長させるチャンスだそうです。

仕事だって自分のできる事・・分かる事だけをやっていれば、
失敗はしないかもしれませんが、新しい仕事も覚えられませんし成長もできない・・
つまり、「成長」の為には「行動」をし、失敗やミスをしたとしても、
それを誰かのせいにしたり、自分のせいにして終わり・・にするのではなく、
「どうして失敗をしたのか?」「どうすれば良かったのか?」を考える事が大切ですし、
その為には小さな事も見逃さないようにして
「気づき」を大切にする事が必要になってくるそうです。

多くの場合、自分を守ろうとして新しい事には挑戦せず、
成功できる確率が高い事だけをする・・
と言う感じになったりしますが、
そればかりでは思考が凝り固まってしまいますから
「リスクを受け入れる勇気」を持つ事も大切になってくると思います。

勿論、「行動する」とか「リスクを受け入れる勇気を持つ」と言っても、
無茶をすれば良いと言う事ではありませんし、
目の前の問題だけを見ると言う事でもなく、
5年後・・10年後を見据えて
「今を頑張る」と言うのが良いそうです。

犬は5年後の事は勿論、1年後の事も考えられませんし、
備える事もできません・・
今は元気でも5年や10年後にはボケが始まったり、
寝たきりになってしまうかもしれません?
例えば、外排泄しかできない犬の場合、
吠えて要求する癖がある子なら、
夜中でも排泄がしたくなる度に吠えて要求する可能性は高いですし、
排泄の頻度が高くなれば、早朝だろうと深夜だろうと、
一日に何度も散歩に行かなくてはならなくなります。

多くの飼い主さんがその時になってから急に
「室内排泄をさせたい」と願ったりしますが、
何十年も外排泄だけをさせ続けてきて、
強い習慣となってしまった後から急に室内排泄でしなさい・・
と言っても、犬にとっても大きなストレスになりますし、
受け入れる事は難しいと思います。
また、老犬に雨や雪の中、排泄の為にお散歩をさせに行くリスクを考えたら、
若いうちから室内排泄もできるように行動をして行く事も
大切になってくるのではないかと思います。

また、そうした問題は「要求吠え」や「噛み付き」、
「ワガママな行動」や「お手入れをさせない問題」なども同じで、
後回しにすればする程、飼い主さん自身が大きな苦労をする事にもなりかねませんから
「未来」を見据えて行動したり、備えたりする事は大切だと思いますし、
それができるのは飼い主さんだけですので、
5年後、10年後の為に、今、何が必要なのか?
と言う事を考えてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)

すぐに行動に移せる飼い主さんになる為に

 2018-02-02
02DSC00519b.jpg

「でなければ」とか「~であるべき」と言った
「抑制」や「制約」があると、
脳内のタスクはそうした事で一杯になって、
処理速度が遅くなったり、
新しい作業をなかなか始める事ができなかったりする事は
多いように思います。

勿論、「~でなければ」とか「~であるべき」と言った
基準がある事で思考が自動化され、
簡単な問題なら瞬時に判断する事もできたりしますが、
そうは言っても人間の心は複雑なので、
折角、答えを出しても「やっぱり・・」とか「でも・・」と
同じ問題をいつまでもループして考えてしまうので、
考えなければならない問題が渋滞してしまって
心がパンクしかかってしまう・・
と言う事もあるのではないかと思います。

なので、問題に対して「やりたい」と「やりたくない」を深く考えずに
心で判断するようにしてみる・・
と言うのも良いそうです。

「一度、決めたら考え直さない」と決める事で処理速度がアップしますし、
同じ処理を何回も行う無駄も省けて脳の処理に余裕が生まれ、
気持ち的にも楽になると思います。

でも、そんな方法で決めてしまって後で後悔したらどうするの?
と思うかもしれませんが、
誰かに言われたり、周りの空気に流されたワケではなく、
自分の「心」で決めた事・・
「素直な気持ち」で判断した事ですからそれが間違っていたとしても
「自分で判断した事」として納得もできると思いますし、
「他者中心」では「自己中心」の考え方を持つ事で
自信を育てて行く事もできると思います。

そうして、瞬間的に選択を行う習慣をつける事で
「すぐに行動ができるスキル」も育てられると思いますが、
それでも、上手く頭が回らない・・と言う人は、
睡眠時間をしっかりと取るようにしてみたり、
軽い運動をする事で基礎体力をアップさせるなど、
生活スタイルを見直してみるのも良いそうです。

「なかなか行動に移せない」と言う飼い主さんの中には、
「普段、家からあまり出ない」と言う方も多く、
基礎的な体力の低さが行動を起こせない原因になっているようにも思われますし、
家から出ない事で他者とコミュニケーションをする機会も減り、
それが、精神的なモチベーションの低下になってしまっている事もありますから
「最近、言い訳が多いな・・」と思った時は、
「しなければならない事」を減らしつつ、基本的な体力の向上や
他者と雑談をするなど社会との関わり合いを通して
モチベーションアップを狙ってみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫