「個性を育てる」とは?

 2016-12-01
01DSC02372.jpg 
これまで、「こうであるべき」や「こうでなければ」を
犬に押し付けてきてしまった事で犬の「個性」や「積極性」・・
「好奇心」に蓋をしてきてしまった・・と気づいた飼い主さんの多くが、
犬の「考え」や「個性」を大切にしてあげよう・・
と考えてくれる事は多いのですが、
中には「犬の気持ちを尊重する」とか「個性を育てる」と言う事を
勘違いしてしまう飼い主さんも居たりするそうですから注意が必要です。

他の犬に対して消極的だった犬が積極的になってきた・・
それは凄く良い事なのですが、あまりにも犬が自分勝手過ぎたり、
ワガママが強くなっているように見えても、
飼い主さんは「犬の考えを尊重する」とか
「犬の個性を伸ばす為」と黙認してしまったり、
他の犬や飼い主さんの前では注意をするものの、
あきらかに家庭内では「個性を尊重する」と言う名目のもと、
やりたい放題を許しているように思われる・・
などと言ったケースもあったりします。

これまで消極的だった犬が積極的になったり、
自分からは犬に関わろうとしなかった子が
犬に興味を示すようになったと言う「傾向」の変化が生まれて来ると、
その「傾向」を新たな「個性」として
伸ばしてあげようとする事は多いですが、
そうした「傾向」の一つ一つは「個性」とは言わず、
その行動をしようした動機や判断・・
あらゆる事をまとめた力を「個性」と言うのだそうです。

ですから、本当に「個性」を伸ばそうと思ったら、
「飼い主さんが望む行動」だけを伸ばすのではなく、
犬の世界に新たな「興味」や「関心」を育ててあげる事が
重要になってくるそうです。

ーとは言え、犬は勿論、飼い主さんも自分に興味のある事・・
好きな事に関心が集中してしまいがちです。
飼い主さんが「他の犬と仲良くなって欲しい」とか
「良い子に見られたい」と言う部分に興味や関心を持ち、
「そこを伸ばしたい」と思って犬を褒めたり、オヤツを使い、
それを「個性を伸ばす」として、
飼い主さんが興味のある事ばかりをやらせてしまうとしたら、
犬の「これからの可能性」を狭めてしまう事にも
なりかねません・・

飼い主さんと常に行動を共にする「犬の世界」を
広げてあげる事ができるのは飼い主さんだけです。
なので、飼い主さんがまず、
新たな「興味」や「関心」を持てるように
自分の中のアンテナを広げてみるようにしてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

知識を使いこなす

 2016-11-30
02DSC03729.jpg 
子供の不登校で悩む親には二通りのタイプが居るそうです。

一つは、子供の問題に対し、
親も自分自身の意識や考え方を変えて、
一緒に解決して行こうとするタイプと、
とにかく、子供を学校に行かせようとするタイプだそうです。

親の意識や考え方が変わっている場合、
子供の意識や考え方も影響を受けて変わっている事が多いため、
再び子供が学校へ行っても不登校は再発しない事が多いそうですが、
とにかく、子供を学校に行かせようとするタイプは、
親と言う環境が変わっていない為、
再び学校へ行かなくなってしまう事は多いみたいです。

でも、これは犬の行動の問題に悩む飼い主さんにも
同じ事が言えるかもしれません?

犬の行動の問題に悩んでいる時、
犬の気持ちを考え、飼い主さんも意識や考え方を変えて、
一緒に取り組んで行こう・・と言う場合は
犬の行動の問題も解決へと向かって行く事は多いですが、
犬をドッグトレーナーさんに預けるだけで、
お金で解決しようとしたり、
「犬が悪い」と決め付けて、
飼い主さん自身は問題と向き合おうとしない場合、
行動の問題が一時的におさまったとしても、
飼い主さんと言う「環境」が変わっていない為、
再び行動の問題が再発してしまったり、
別の行動の問題を出してきたり・・と、
根本的な解決には至らない事も多かったりします。

犬の行動の問題の解決には、
飼い主さん自身の意識や考え方の変化が必要な場合が多いです。
そして、その為に必要な事は「知識」ですし、
知識を実際に使えるようにする為には、
実践を伴い「知恵」へと昇華させて行く必要があるそうです。

犬の行動の問題の解決と言うと、
これまでは、一律の「訓練(トレーニング)」に
犬の方を合わせると言う時代でしたが、
これからは、犬に合わせてトレーニングの方法を選んだり、
工夫したりする事が大切だとされる時代になってきたと思います。

また、これまでの訓練法の中では脱落者・・
「落ちこぼれ」と言われてしまう犬も出てきていたそうですが、
犬の気質や特徴に合わせたオーダーメイドの教育法であれば、
「犬が理解できるまで」がゴールなので、
そもそも「落ちこぼれ」と言った概念が無くなると思います。

そして、それは犬を育てる飼い主さんも同じで、
「飼い主さんが理解できるまで」をゴールとし、
飼い主さん一人、一人に合わせた教え方をしてくれるトレーナーさんなら、
飼い主さんも安心して、自分のペースで取り組めると思いますので、
犬をのびのびと育てたいのなら、
まず、飼い主さんがのびのびと自分のペースで学べる環境作りを目指す・・
と言う事も大切になってくるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

成果主義

 2016-11-29
01DSC02351.jpg 
人間の社会において、
学校でも職場でも何処を重視され、
何を基準にして判断をされるか?と言うと、
「成果」ではないかと思います。

成績が上がった・・
スポーツで優秀な成績をおさめた・・
会社に大きな利益をもたらした・・
など、成果によって評価されるのが普通ですが、
犬を育てる時も「成果」だけで判断しようとしてしまうと
あまり良い結果にならない事も多いみたいですから注意が必要です。

勿論、向上心があり、
自分を高めようとする飼い主さんが、
きちんと「成果」を認められる事で
自信を持って頑張れる事もあるとは思いますが、
多くの場合、「良い犬」の基準が曖昧で
成果の評価に食い違いが起きて努力が評価に結びつかない・・
あるいは、努力を嫌われて周囲から悪い評価を受けてしまう・・
と言う事もありますし、周囲の評価を得る為の
短期的な考えによる犬育てや「成果」だけを重視して、
犬の心を置き去りにしてしまうような
いわゆる「成果主義」的な犬育てになってしまったり、
そうして、「成果」を求めて、
他者よりも優れた存在になろうと頑張った結果、
他者との関係性が悪化したり、
他人の助けや教えを受けると言った事ができなくなる・・
など、学校や会社などで積極的に導入されているわりには、
「成果主義」の評価は低い・・と言う傾向が強いみたいです。

学校教育においても「イジメ」があるか?ないか?と言った、
評価の基準や評価の結果に縛られて、教育の自由が奪われてしまったり、
「成果」を意識しすぎたあまり、
本来の教育活動に偏りが起きてしまう事もあるみたいですが、
これは、犬を育てる時も注意すべき点で、
犬の育ち方を「成果のみ」で判断しようとしてしまうと、
物凄いプレッシャーを感じてしまいますし、
犬も飼い主さんの「期待」に追い詰められてしまいますから、
まずは「成果主義」を一旦、置いておき、
結果を出して行く為に必要な土台作り・・
「あなたはあなたのままで大丈夫」と犬が感じられるように伝えて、
成果に怯えない・・
成果に焦らない・・
安心できる居場所を提供してあげる事が
必要になってくるのではないかと思います。

「どうして他の犬と同じような事ができないと焦ってしまうのか?」
「他の子よりも優れていないと満足ができないのか?」
など、もし、それが「成果主義」の中で育ってきたからで、
そのせいで自由でのびのびとした育て方や
犬を育てる活動に偏りが生まれてしまっているとしたら、
まずは飼い主さんが
「何の為に成果を出すのか?」と考えてみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

みんなの成長が見えました

 2016-11-28
ホームページがリニューアルされた
「sideWAN」さんに行ってきました!


リンネ君・・
最初の頃は感情の赴くままに行動していましたが、
少しずつ、場の空気も読めるようになってきた感じです(^^)


リンネ君が近寄ったら足をあげて匂いを嗅がせてくれました。
凄く優しい子です(^^)
その後、「この人は優しい」と理解したのか、
リンネ君が大胆にちょっかいを出していきますが、
小さい子に慣れているのか、
やらせるがまま、あまり気にもしていないのが凄いです。
勿論、やり過ぎれば怒られてしまいますが、
これは、怒ってあげないと、リンネ君も
「どこまでやったら怒られるのか?」と言うルールが分かりませんので、
きちんと怒ってくれて本当に「ありがとう」と言う感じです。


リンネ君とカエちゃんです。
二人とも仔犬同士ですが、
sideWANで練習をしているのでお互いに怖がり過ぎず・・
かと言って、しつこくせず・・
良い感じでごあいさつができていました。

仔犬で明るいカエちゃんと遊びたくて、
みんなアピールをしていますが、
なかなか、うまく行っていないみたいです・・・
みんなアピールの仕方は様々ですが、
そこには持って生まれた気質の他に、
飼い主さんとの暮らしの中で覚えた知識や経験・・
例えば、
「こう言う事をしたら飼い主さんが
 自分の思ったとおりに動いてくれた」
などの過去の成功例を思い出して、
他の犬に対しても同じように行動する事は多いですから、
吠えたら飼い主さんが「何を望んでいるのだろう?」と考え、
犬の望みを叶えてあげてばかりになってしまうと、
犬は「吠えていれば全てうまく行く」と勘違いして、
他の方法を考えようとしなくなってしまいますびで、
犬が色々な方法を考え、試してくるように
飼い主さんは少し「鈍感」になってみる・・
と言うのも良いのではないかと思います(^^)


凄く積極的になったシュナ君ですが、その要因の一つが
飼い主さんの声かけだと思います。
日本人は中々、「褒める」と言う事が苦手で、
皆さん、sideWANさんに来ても、
最初は犬を褒める所か緊張して一言も喋らない・・
と言う事も多いのですが、
その傾向は、元々、自分の気持ちを内に秘めてしまう飼い主さんほど強く、
年月が経っても、なかなか、気持ちを言葉に乗せられない・・
「嬉しい」とか「楽しい」と思っても、
それを思うだけで、犬に伝えられないで終わってしまう為、
犬も「何が正解なのか?」とか
「どうしたら良いのか?」と言う部分に自信が持てず、
積極的な行動ができなかったり、
飼い主さんが望む行動よりも
自分勝手に行動する傾向が強くなってしまう・・
と言う事もありますから、
犬の行動に対してすぐに自分の気持ちを伝えられるよう、
普段から自分の気持ちを口に出して言うようにする・・
と言う事も大切ではないかと思います。


静かな時間ですが、
犬たちは積極的にコミュニケーションをしようと頑張っています。
周りをキョロキョロしながら情報を得ようとしたり、
相手に緊張感を与えないように視線を外したり・・

そんな感じで、今日も楽しい時間を過ごす事ができました。
リンネ君も最後の方は少し疲れて眠たそうでしたが、
終始、尻尾を振って楽しそうでしたし、
今後も犬同士のコミュニケーションが上手にできるように、
家の中でルールやガマンを教えつつ、
お店に来て実際に犬同士のコミュニケーションをさせてみる中で、
何が足りないのか? 
どこを修正したら良いか?を考え、
また、家の中で練習する・・
と言う事を続けて行きたいと思います。

犬同士のコミュニケーションの練習と言うと、
どうしても、犬同士のコミュニケーションが大切・・
と考えてしまいがちですが、
社会でのコミュニケーションスキルの基礎は家庭の中で養う・・
と言うのは、犬も人間も同じではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)

「弁慶果樹園」でバーベキュー

 2016-11-27
今日は友達とバーベキューをする為に
「弁慶果樹園」さんに行ってきました(^^)
01DSC07317.jpg 
「弁慶果樹園」さんは
犬連れOKのバーベキュー場&果物狩りだそうで、
昔から気にはなっていたのですが、
基本的にバーベキューとも果物狩りとも
縁が無かったので、
僕も行くのは今回が初めてです。

バーベキュー場と言うから
外で行うイメージがあったのですが、
ここは大きなビニールハウスの中で行うみたいです。
02DSC07244_20161127234941fe6.jpg 
ビニールハウスと言っても、とても巨大ですし、
煙で見えなくなったり、酸素が薄くなって呼吸が苦しくなる・・
なんて事もないので安心です(笑)

肉・肉・肉・酒・酒・酒・・(^^;
03DSC07255.jpg 

外に行くと山羊が・・
04DSC07252.jpg 

05DSC07283.jpg 
少し離れたところにはポニーも居ましたが、
ヤギは頭突き・・
ポニーは蹴ったり、噛んだりする事も
あるそうですから、近づかないようにして、
「写真、撮らせてくれてありがとうね」
と言って戻る事にしました。

06DSC07288.jpg 
大きなビニールハウスの周りには、
子供が遊べる広場と・・
その一角にニワトリ小屋がありました。

07DSC07308.jpg 
ニワトリ・・
超、威嚇されてます。(^^;

08DSC07370.jpg 
そんな感じで、
初の弁慶果樹園さんでしたが、
物凄く入り口が分かりづらいのは
どうにかして欲しいと言う感じです(笑)
まぁ、でもアクセスも良いですし、
犬連れではなくても
sideWANさん主催のバーベキューの会場などに
使わせて貰うのも良さそうです!(^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫