FC2ブログ

成果を生み出す為には

 2019-08-02
R0014555.jpg

犬と暮らしていると、つい、
「自分の犬はここがダメだ」とか
「これができない」など、
ダメな部分ばかりを見てしまう事は多いです。

でも、職場で成果や生産性を上げる為に上司が何をするべきか?」と言うと、
「この人は何ができないか?」で測るのではなく、
「この人は何ができるか?」に目を向ける事が大切みたいです。

なぜなら、他者の「弱み」ばかりに目を向ける上司は、
「ダメな部分」ばかりを指摘してしまう為、
働く人の「やる気」を低下させてしまい、
結果、組織を弱体化させてしまう可能性があるからだそうです。

また、劣等感が強くなると、
自分の劣っている部分ばかりを気にしたり、
他者の劣っている部分ばかりを見つけては、
「自分の方が優れている」と安心したくなりますが、
「弱み」や「劣っている部分」を気にして、
それを無くす努力をしたとしても、
マイナスが0になるだけで、
そこから、何かが生まれるわけではない・・

つまり、「成果」を生み出す為には、
「強み」に目を向けるべきであり、
「強み」を伸ばす事にエネルギーを注ぐ事によって
「成果」を得る事ができるのだそうです。

職場で他者の弱みや劣る部分ばかりを指摘し合い、
みんなが他者に弱みを見せないように心を閉ざし、
ギスギスしている所もありますが、
そんな職場で大きな成果が出せるとは思えません・・
それよりは、弱みや劣っている部分があったとしても、
みんながそこを助け、補い合い、
自分の強みで他者の弱みをカバーし、
自分の弱みを他者の強みでカバーして貰いつつ
それぞれの強みを生かして、成果を上げる事を
目指して行くのが良いと思いますし、
それは、犬を育てる時も同じで、
犬の弱みや劣っている部分ばかりを指摘するよりは、
自分の犬が得意な事・・大好きな事を伸ばして
自信を育てて行くようにしてみると、
苦手な事にもチャレンジできるだけの余裕や気力も
生まれうrのではないかと思います。

他者の「弱み」や「劣る」部分ばかりを
つい、見てしまうのは、
自分に自信が無いからかもしれない・・
と考えて意識的に良い部分を探すようにしてみると、
そうした、思考の習慣が身について、
自分自身に焚いても、自分の中の
良い所を見つけられるようになるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫