FC2ブログ

「殺処分ゼロ」の裏に居る譲渡不適切と判断された子達

 2019-06-08
R0012287.jpg

センターの「殺処分ゼロ達成!」と言われている中には、
「収容中に傷病死した犬や猫は含まれない・・」
と言うのは、「殺処分ゼロ」の裏に隠れた事実だったりするのですが、
実は「攻撃性がある」などと判断された犬猫を「譲渡不適切」と分類し、
「殺処分をしても殺処分数には含まれない」とされている事実
もあったみたいです。。

では、どんな犬や猫が譲渡不適切なのか?と言うと、明確な基準は無いみたいです。
勿論、吠えたり、噛んだりする犬は居ると思います。
一見すると強い攻撃性があって譲渡は難しいと思われるかもしれませんが、
穏やかな環境を与えてあげ、
ゆっくりと安心感を与えてあげつつ、
適切な行動を教えてあげれば、攻撃的な行動は収まって行く事は多いですし、
その時間が長い子も居れば、短い子もいるでしょうけど、
将来、問題となっている行動が収まる可能性はみんな持っているのですから、
「何を持って”譲渡不適切”とするか?」と言うと、
誰にも決められないとは思うのですが、
実際の所は増え過ぎた猫・・
「高齢」とか「病気を持っている」と言う子が
多く選ばれてしまうのではないかと思います・・

確かに子猫と比べると成猫は貰われにくいです。
また、高齢でお世話の為に時間も労力も医療費もかかるとなれば、
健康で若い子の方が選ばれてしまうと思います。
結果、センターにはそうした子が残ってしまうとしたら、
「譲渡不適切」としてしまいたくなるのかもしれませんが、
それで「殺処分0」とするのはおかしいですし、
それでは、やっている事は昔と何も変わっていないと思います。

勿論、だからと言って
センターの収容数、資金には限度がありますし、
保護団体の収容数、資金にも限度がありますから、
センターに持ち込まれる犬や猫を増やさない努力が必要であり、
「殺処分0」の達成や継続の為にごまかしの決まり事を作る前に
猫のTNRにもっと力を入れたり、
ペットショップの販売方法に介入したり・・と、
増やさない為の努力をする事が大切ではないかと思います。

今後、貰い手の可能性が低い動物を殺処分する事で
「殺処分ゼロ」を達成する所が増えたり、
「殺処分ゼロ」を維持する為に
そうした行動に出てしまうセンターもあるかもしれませんので、
「殺処分ゼロ」と言う言葉や数字だけで判断せず、
その裏にある数字に含まれないペット達が居る事を考え、
「可哀想だから・・」と野良猫にはむやみにごはんをあげない・・
高齢な世代にペットを買い与えない・・
などの意識改革が必要になってくるかもしれません
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫