FC2ブログ

自主性はルールの中で

 2019-03-22
DSC00039_2019032312245908f.jpg

「ルールを守る」と言うのは、当たり前の事のようですが、
では、どんなルールでも守るか?と言うと、
自分には関係のない事・・
破っても実害の無いものは守らない・・
と言う事は多いのではないかと思います。

つまり、「ルール」とは、
そのルールを守る事がメリットとなり、
逆にそのルールを破る事がデメリットになる場合に守られる・・
と言う事だと思います。

なので、犬が「ルール」を守らないのは、
そのルールが理解できていないか、
あるいは、ルールを守る必要性を感じていないから・・
と言う事になると思います。

犬がルールを破ってワガママにふるまっても
何のペナルティも与えられなければ、
ルールにはなんの意味もなくなります。
また、飼い主さんとの関係性が薄く、
「嫌われても問題が無い・・」
「ごはんさえ食べれればそれで良い・・」
と言う場合もルールを守ろうとは思いませんので、
犬にルールを守らせる為には、
まず、ルールを守りたいと思わせる事・・
飼い主さんの家で楽しく、仲良く暮らしたい・・
と思って貰う必要があると思います。

また、ルールと言うと堅苦しいイメージがありますし、
ルールを守らせようと頑張った結果、
その環境に対する愛情や興味を失わせてしまう・・
なんて事もあったりします。

職場でも仕事の効率を上げる為に
ルールを重視した結果、
従業員のやる気が失われて離職率が上がり、
結果、仕事の効率が下がってしまう・・
と言う事もありますし、
ルールは守る事も守らせる事も大切ですが、
「ルールの番人」にならないようにして、
まずは、職場に居たいと思えるような環境作りをする中で、
ルールのある活動を行い、
その中で仕事の流れ・・習慣を身につけて
知識と技術を高め、それを活かせるように
主体性を伸ばしていくような
指導をして行くのが良いのではないかと思います。

また、そうした環境の中だと
「ノー」が言えるようになるそうです。
反抗や口ごたえをしない、
みんなが同じ考えや持つのが
良い職場と言うイメージがありますが、
「ノー」が言えない職場ほど怖いものはありませんし、
「ルールを守る事」と「主体性を伸ばす事」は
反発する事ではありませんので、
犬に「した方が良い事」と「してはいけない事」を教え、
また、「してはいけない事」をするよりも、
「した方が良い事」をした方が
「気持ち良く暮らせる」と言う事を伝え、
習慣作りの中で犬自身が主体的に
「ルールを守りたい」と思わせてあげられれば、
それが理想的なのではないかと思います。

スポーツだって、ルールを守らなければ
楽に勝てるかもしれませんが、
だからこそ、ルールを守って勝つ事の楽しさ・・
ルールを守る高貴さ・・
などを教えてあげる必要がありますし、
自らルールを守ろうとする事で
子供の自主性を伸ばして行けるように
犬を育てる時も、明るく、楽しく、
ルールの中で自主性を育てて行く・・
と言うのが良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫