FC2ブログ

飼い主さんの「分かっていてもできない」と言う相談

 2019-02-14
20190216_144804.jpg

「うちの犬は何もできなくて・・」とか
「うちの犬は言う事を聞かなくて・・」
と言う悩みを持つ飼い主さんは多いですが、
実際の所、何も教えていない・・
あるいは、犬が覚えるまで根気よく教えていないから
犬は何もできない・・
あるいは、犬ができないと
飼い主さんが代わりになんでもやってあげてしまっている為にできない・・
また、飼い主さんが喋り過ぎだったり、
犬が言う事を聞かなくても許してしまっているから犬は何もできないし、
言う事もきかない・・と言う事は多いみたいです。

飼い主さん自身、それに気づいているけど、
それを認めたくないから、気づかないフリをしているのか?
それとも、本当に気づいていないのか?

犬に対して、根気よく教え続ける事ができない・・
犬ができない・・困っていると助けずにはいられない・・
と言うのは、飼い主さん自身の問題です。

そして、それが分かっているのに改善できない・・と言うのも、
飼い主さんの心の問題ですから、改善に努めるのが良いと思います。

でも、飼い主さんが
「私は犬に根気よく教え続ける事ができないのです」とか
「犬ができない・・困っていると、
 つい、手を出さずにはいられないのです」と、
ドッグトレーナーさんに相談をしたとして、
ドッグトレーナーさんは何と言えば良いのでしょう?

クリッカーを用いたシェイピングの方法など、
楽しく根気よく教える方法は伝えられるかもしれませんが、
でも、それを教わっても続けられないから
飼い主さんは困っていると思いますし、
手を出してはいけないと分かっていても、
手を出さずにはいられなくて困っている場合、
罰を与えて、その行動にデメリットを関連付ける・・
と言うわけにも行きませんので、
「よっぽど、犬を教えていた方が楽・・」
となってしまうかと思います。

そうなると、犬の行動学や心理学の他に人間の行動学や心理学・・
あるいは、「やる気」の持続方法・・
「考え方」のアドバイスなど、
より、多くの知識が必要になってきて
一体、どこまでがドッグトレーナーとしての仕事なのか?と言う感じですが、
「犬の問題」を飼い主さん自身の問題として受け入れて貰う為には、
飼い主さん自身のメンタルをサポートし、
「自分の問題」と思えるくらいの自信をつけて貰う必要があると思いますし、
その為には、「小さな成功体験」の継続や
物事の受け取り方の変換などのサポートも
必要になってくるのではないかと思います。

犬の行動の問題の多くは、
飼い主さんとの「関わり」の中で生まれたりしますので、
逆に言うと、飼い主さんが「自分の問題」として考える事で
問題の多くは解決に向かっている・・
と言っても良いのではないかと思います。

あとはその勇気が持てるかどうか?だそうです。
自分の劣等感に埋もれて現実回避で終わるか?
それとも、自分の問題として成長の糧とするか?

自分の問題として自然と気づかせてくれるような
ドッグトレーナーさんに出会えたとしたら、
それは、とても幸せな事ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫