FC2ブログ

うちの子は〇〇ですから・・

 2019-02-13
20190216_144657.jpg

親が自分の子供にスポーツや習い事をやらせる理由の一つに
「礼儀作法を教えて欲しい」と言うのもあるそうです。

空手などは「礼に始まり、礼に終わる」と言う感じなので、
「空手をやらせておけば、良い子になる」と先生に任せますが、
多くの場合、先生の前では良い子・・と言うレベルで
終わってしまう事は多いみたいです。

勿論、先生も生徒、一人一人にしっかりと礼節を教えますが、
短い練習時間の中、一人で何十人もの子供を指導するとなれば、
個別指導にも限界が出てきますので、
家庭で子供を甘やかして育てたり、
逆に厳しく育て過ぎた尻拭いを先生に求めても、
根本的な解決は無理・・と言うのが正直な所ではないかと思います。

それは、犬の行動の問題も同じで、
ドッグトレーナーさんの所へ行って、
「うちの犬は言う事を聞かない」とか
「乱暴で困っている」と愚痴を言ったり、
「どうか、良い子にして下さい」と「しつけ」を任せてしまっても、
結局、飼い主さんが元に戻してしまったりしますし、
しつけの相談をする時も犬の悪い所ばかりを言う事で
自分に非は無いと言いたくなる気持ちも分かりますが、
そうする事でトレーナーさんの犬を見る目に
誤ったフィルターを与えてしまう事にもなりかねませんから、
自分の犬の愚痴を言うのではなく、
自分がそれまで、どんな接し方、育て方をしてきたのかを報告し、
その結果、犬はどんな子になってしまったか・・を伝える事で、
トレーナーさんもより正しく現状を把握できるようになると思いますし、
飼い主さんが素直に自分の気持ちや育て方を伝え、、
その結果を報告する事で、より的確なアドバイスを
受けられるのではないかと思います。

しかし、「実は服従訓練をしていた」とか
「実は体罰を行っていた」など、
後ろめたさから意外と本当の事を隠していたり、
黙っていたりする事は多く、トレーナーさんとしては、
「服従訓練をしていないのに
 どうしてこんなに心を開かないのだろう?」とか
「体罰をしていないのに
 どうして、こんなに手を怖がったり、
 棒を持った手を怖がるのだろう?」と
「その他の可能性」を考えてしまう為、
結果、適切な対応がアドバイスが遅れてしまったり、
無駄な時間を過ごす事になったりもしますので、
隠し事をするよりは、建設的なアドバイスを
求めてみるのも良いと思いますし、
逆にトレーナーさんが非難するばかりで建設的な提案が無い・・
あるいは、「もう、手遅れです」と飼い主さんのせいにして終わり・・
と言う場合、それは、そのトレーナーさん自身が
自分の手に負えないから、それを隠す為に
飼い主さんのせいにしていると言う可能性もありますので、
「建設的な提案ができない」とか
「他のトレーナーさんを紹介できない」と言う場合は、
早々に見切りをつけるのも良いのではないかと思います。

これが人間の医者で、
自分の手に負えないからと治療法を提案できずに
患者さんの生活習慣を責めるばかりで、
他の先生への紹介分も書いてくれないとしたら
「なんだ、こいつ?」となると思いますので
トレーナーさんに言われたからと言って
自分を責めるよりは、、
他のトレーナーさんを探してみる方が
建設的ではないかと思います。

問題解決の為に「誰が?何が悪いのか?」と
振り替える事も大切ですが、
振り返ってばかりではなく
これからどうして行けば良いか?と
考えるようにしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫