FC2ブログ

ワンマン飼い主にならない為に

 2019-02-06
DSC00114.jpg

問題の多いワンマン社長の特徴として、

「社長である自分の考えが全て正しいと思っている」
「気に入った社員だけを優遇する」
「その日の気分で支持が変わる」
「パワハラと言えるような高圧的な態度をとる」
「現場の実情を知らない」
「社員の手柄は社長の物、社長の失敗は社員の物」
「残業や休日出勤が多くなる」
「全てを把握したがる」

と言うのがあるそうですが、
まぁ、「社長」にまで昇り詰める人ともなれば、
それなりに優秀で努力も惜しまない人だと思います。
でも、それが「強い劣等感」の裏返しから来ている為、
自分よりも立場が「下」の人間の言う事を聞くと
「負け」だと思えて自分の主張を通そうとし、
また、自分の主張を通しやすくする為に
周りに「YESマン」だけを置く・・
でも、そうして自分にとって都合の良い人間だけを置くと、
問題点があっても気づけなかったり、
あるいは、問題が起きた時は
全部、自分で把握して解決をしようとする為、
キャパオーバーになってしまって、
以前と違う事を言ったり、
頼まれた事をしても忘れてしまったり・・

そうして、思った通りに行かないと周囲のせいにし、
良い結果が出れば、自分の手柄・・
悪い結果になれば、周囲のせい・・
なんて事は中小企業のワンマン社長に限った事ではなく、
父親や母親の中にもこう言う傾向が
見られる人は居たりすると思います。

他人に頼めない・・
他人を信用できない・・
と言うのも「強い劣等感」から来ている事は多く、
それが、個人の力を高め、
他の人ができないような結果を生み出す事もありますが、
他者よりも優れている事を求められた結果、
常に他者と自分を比較して強い劣等感を持つようになり、
今の自分よりも評価が下がる事を恐れ、
結果を出す事を重視して対人関係を疎かにし、
生きづらくなってしまうよりは、
子供には、友達と励ましあって
努力する事を教えてあげるのが良いみたいです。

ただ、自分達が友達と励ましあってお互いに努力をする・・・
と言う事を教わっていないので
そこがちょっと難しい所ではあると思います。

犬の飼い主さんの中にも、
自分の飼い方、接し方は正しいと思っていて、
それ以外の飼い方や接し方を受け入れようとしない・・
特に自分よりも飼育歴の浅い飼い主さんから言われた事や
飼い方や接し方を受け入れたり、
真似たりする事は「負け」になってしまうので許せない・・
なんて気持ちになってしまう人も多いかとは思いますが、
そうして、自分の先入観や思考の習慣を優先させてばかりいると、
違うやり方や考え方が入ってきませんから、
犬の行動の問題の解決法が分からないままになってしまう・・
なんて事もありますので、
犬を飼育している頭数や飼育歴・・
飼い主さんの年齢や性別などは関係無しに
犬と暮らす仲間同士と言う意識の元、お互いに情報共有をして
より良い暮らしができるように行動をしてみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫