FC2ブログ

安全感の輪

 2018-11-07
DSC00221_2018110920425870e.jpg

保護犬の子などでお外にお散歩に行った経験が少なかったりすると、
安心感を得ようと、歩いているこちらの足に
身体をくっつけてくる事は多いです。

気をつけないと転びそうになるので注意ですが、
そうした子でもお散歩をする場所を
静かで落ちついた場所を選ぶなどして環境を整えてあげ、
それでも、犬が怖がったら「大丈夫だよ」と声がけをしてあげて、
「大丈夫」と言う経験を積ませてあげると、
数日のうちにお散歩に対する自信がついてきて、
周りに目を向ける事ができるようになる事は多いです。

最初は前だけを向いて必死に歩いていた子が、
少しずつ、周りに目を向けられるようになり、
匂いを嗅げるようになり、排泄ができるようになる・・

中には小さい頃から飼い主さんと一緒にお散歩をしているのに
いまだにお散歩に行く時は前だけを向いてひたすら歩き、
周りに目を向ける余裕もなければ、
排泄は勿論、匂い嗅ぎもしない・・と言う子もいたりして、
一体、どこが違うのか?と思ってしまいますが、
、「安全感の輪」が作られているかどうか?も
影響しているのではないかと思います。

愛着3
「安全感の輪」と言うのは、
飼い主さんから離れて冒険に行ける範囲です。
「飼い主さん」と言う安心と安全を与えてくれる場所があると、
犬はそこを起点として、チャレンジをする事ができるようになります。

そうして、飼い主さんから離れて気になる匂いを嗅ぎに行ったり、
他の犬の所へ行ったりすると、途中で不安になるので、
怖くなってくると、飼い主さんの所へ戻って、
安心と安全を得ると共に、情緒的なエネルギーを補給します。

人間の大人でも、辛い事や寂しい事・・
自分は誰にも必要とされていないのでは無いか?と言った、
不安や寂しさを感じると、友達や恋人の所へ行って話を聞いてもらったり、
慰めて貰ったりして気持ちをリフレッシュしたり、
元気を貰ったりすると思いますが、
犬もそんな感じで、不安や寂しさを感じると、
飼い主さんの近くへ行って安心と元気を貰い、
それから、また、チャレンジをしに行く・・
と言う事を繰り返しながら、
徐々に「安全感の輪」を広げて行くそうです。

実際、犬のお散歩練習などでは、
犬を見ると逃げたり、吠えたりしてしまう子が来たりするものの、
他の犬達と一緒にお散歩をしている最中に、
犬にではなく、飼い主さんに対して
「今、他の犬の事を見れましたよ!
 頑張りを褒めてあげて下さい」と言って
犬の頑張りを飼い主さんに褒めて貰うと、
犬は飼い主さんとの「情緒的なつながり」が深まりますので、
少しずつ、他の犬の事を見れる頻度が上がったり、
他の犬の所へ近寄ったりできるようになる事は多いです。

そこでまた、飼い主さんに
他の犬の所へ行こうとした勇気と好奇心、
チャレンジの気持ちと頑張りに対して褒めて貰うと
犬も
「もっと褒めて欲しい」
「もっと見て欲しい」
「もっと愛して欲しい」
となって、飼い主さんから離れて、
他の犬の所へ近寄れる頻度が上がりますし、
そこで不安になって飼い主さんの所へ戻ってくると、
飼い主さんが、その頑張りを見てくれていて、
褒めてくれて、情緒的なエネルギーを満たしてくれるので、
「また、頑張ろう!」と言う循環が生まれて
凄まじい成長を見せてくれたりもします。

しかし、飼い主さんも最初の頃は、
「情緒的なつながり」の大切さが理解できず、
犬が頑張ってチャレンジをしても、
それを見ていなかったり、
「褒めるよりも先にダメな所を叱る方が大切なのでは?」
となって、安全基地の役割を果たせなかったりしますので、
人間教育の段階から「愛着の大切さ」を伝えて行くのも
重要ではないかと思います。

飼い主さんを起点として冒険をし、
不安になったり、疲れたりすると戻ってくる・・
と言うのは、何もお散歩中に限った事ではなく、
家の中でも見られる行動だと思いますが、
だからと言って、飼い主さんの方が不安や心配になり、
犬の後を追って、犬が不安になると近づいて抱きしめる・・
と言う事をしてしまうと、犬を起点として
飼い主さんが動く事になりますので、
犬が不安や心配など、ネガティブな感情を抱いて
助けを求めてきた時以外は近寄らない方が、
犬の自発的な探索行動は増えて行きますので、
犬が飼い主さんのそばから離れようとしない・・と言う時は、
犬が不安を感じて近づいて来たときに
しっかりと気づいてあげられていたか?
あるいは、犬が不安を感じていない時に
近寄って干渉し過ぎてはいなかったか?
と思い返してみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :愛着 トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫