FC2ブログ

話す内容よりも相手自身に興味を持つ

 2018-10-24
DSC00020.jpg

人間は他者の話を聞いているようでいて
実はもう一つ、内なる自分の声にも
耳を傾けてしまっているそうです。

例えば、野球に興味が無いのに
一緒に居た人が野球の話をし始めたとします。
その時、相手の話を聞きながら
「○○って誰だよ? 野球は分からないよ」とか
「早く話題が変わらないかな?」と思っていて、
それが、表情やリアクションにも出てしまって
会話が続かない・・なんて事もあるのではないかと思います。

みんなが楽しく喋っていても
その輪に入れないのに、
いざ、自分の興味や関心がある話題になると、
突然、話に入ってきて、
今度は周りの皆を黙らせてしまったり・・

みんなの話についていけず、
かと言って、自分も話せる内容だと他の人達が黙ってしまう・・
そんな事が続いてしまうと、
人と話すのが苦手になってしまったりもしますが、
「人見知り」だけど人と楽しく話したい・・
会話を少しでも長く続けたい・・と思う場合は、
「話の内容」ではなく「話をしている人」に
興味を持つようにしてみるのも良いみたいです。

そうすると、自分に興味が無い「野球」の話でも、
「○○って言う選手はどんな選手なんですか?」
と言うような「野球」に関する話だけではなく、
「いつから野球が好きになったのですか?」とか
「ご自身でも野球をやられた事はあるのですか?」
と野球を知らなくてもできる話をする事で
話題は膨らんで行くと思いますし、
そこで得たその人の情報をもとに
さらに話を膨らませて行く・・
と言うのも良いと思います。

勿論、あまり、追求されると相手も怖いですから
質問ばかりではなく、自分の事も話すのが良いと思いますが、、
「人見知り」の人は知らない人に自分の内面を知られるのを怖れる為、
相手に質問をすると、質問を返されると思って、
できなかったりもするかと思いますが、
相手に不信感を持っていると興味や関心も湧きませんから、
まずは、無条件で相手を信じてみる・・
と言う事も必要なのかもしれません。

また、そうして物事では無く、
他者の存在そのものに興味や関心を持つようにしてみると、
犬に対しても素直な心で接する事ができるのではないかと思います。

「自分の犬と同じ犬種だから興味がある」とか
「物凄い芸ができるから関心がある」など、
「犬種」や「何ができるか?」ばかりに関心を持って、
その犬がどう言う子なのか?には全く興味が無い・・
と言うのは寂しいですので、
犬種に関らず「どんな子なのか?」と興味を持つようにしてみると、
その子の良い面が見えてきて好きになれますし、
こちらが関心を持って好きになっていけば、
犬の方もそれを分かってくれて
こちらに興味や関心を持ってくれるのではないかと思います。

「犬種」や「何ができるか?」ではなく、
その子自身に興味や関心を向けると、
その子の過去とか関係が無くなりますし、
「その子は何をしたら喜ぶのか?」とか
「その子とどんな遊びをしたら楽しいのか?」
と、その子の気持ちや考えに
目を向けられるようにもなると思います。

「この人と話していると時間を忘れて楽しい」と言う人は、
話す内容では無く、話している相手そのものに
意識を向けているからだそうですから、
犬と仲良くなる為には、
「自分がどうしたいか?」とか
「犬はこちらの事をどう思っているか?」ではなく、
その子のが楽しめるような・・
喜べるような事をしてあげて、
一緒に楽しむようにしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫