FC2ブログ

目的は違っても「ルール」は共通化する

 2018-09-20
20180906_182500.jpg

団体競技を始めた時など、
メンバーによって目標や目的が違う事は多いです。
「何がなんでも勝ちたい」と言う人も居れば、
「友達が居るので一緒に参加しただけ」と言う人も居るし、
「友達作りの為」や「ちょっと興味があったから・・」
と言う人も居ると思います。

最初から優勝を目指しているチームならともかく、
普通はメンバーそれぞれの目的や目標が違って当たり前なので、
「では、どうやってチームをまとめていくか?」と言うのは、
結構、難しい問題だと思います。

目標や目的が違えば練習内容も異なってきますので、
「勝利」を目指したい人は激しい練習を望むでしょうし、
「友達と楽しく」を目的とした人は、
和気藹々とした練習を望むと思います。

勝ちを目指して激しい練習を続けていたら
辞めてしまう人も出てくると思いますし、
かと言って、ユルユルな練習ばかりでは
勝ちを目指す人は嫌になってしまうと思います。

では、どこまでを受け入れて、どこまでを求めるか?
凄く頭を悩ませる問題だと思いますが、
それぞれが求める「結果」が違うのですから、
そこを無理やり統一しようとするのではなく、
「過程」の方を重視して行くのが良いみたいです。

つまり、「遅刻をしない」とか「練習中は真面目に取り組む」など、
「ルール」をしっかりと守らせるようにする事で
「勝利」を目指したい人は練習の中で「質」を高めて行けば良いし、
「楽しく」を目指したい人は「楽しい」を重視しながらも
練習自体は真面目にやって貰うようにする・・
と言う感じみたいです。

それぞれ、目標や目的だけではなく、
「体力」や「スキル」の差もあるのですから、
「練習中は真面目に」と言う共通意識の元、
頑張るのが良いみたいです。

でも、それは仕事でも同じ事が言えますよね?
同じ給料でも凄く真面目に仕事に取り組む人もいれば、
なるべく楽にお金を稼ぎたい・・と言う人も居ます。
「あいさつをしない」とか「仕事がいいかげん」とか
「遅刻をする」とか「ミスをしても謝らない」とか、
そう言う、意識の低い人と仕事をしていると、
職場全体の生産性が下がってしまいますが、
問題は、そう言う人がそう言う事をしても
お給料が下がるわけでも無いし、
特に叱られるわけでもない・・と言う事ではないかと思います。

「大人なんだから・・」と本人の自主性に任せていても、
人はなかなか、自分で自分を改善しようとは思わないので、
「ルール」をしっかりと決め、
さらに「ペナルティ」をきちんと導入する事が
大切になってくるみたいです。

そもそも、「あいさつをしない」とか
「時間を守らない」とか「仕事がいいかげん」と言うのは、
その人の子供の頃からの習慣からだと思いますが、
子供が「ルール」を破っても叱らない・・
「ペナルティ」があってもユルイ・・
と言う家庭も多いみたいです。

「できなくても大丈夫だよ」
「今のままの自分を愛してあげれば良いんだよ」
と、「弱さ」を認めて受け入れてあげる事は大切ですが、
それを子供が努力をしない理由としてしまうとしたら、
「そうではない」と叱る事も大切みたいです。

犬を育てる時も
「うちの子は何もできないけど、それで良い」と、
自分の犬がオテもオスワリもできない事を
肯定している飼い主さんも多く、
それはそれで素晴らしい事だと思いますが、
その結果、犬は社会のルールを知らず、
「自分の何がいけないのか?」も分からないまま、
他の犬に嫌われたり、必要以上の不安を抱えて
「怖い、怖い」となってしまっているとしたら、
犬に知識と経験を与えてあげる事で
犬も飼い主さんももっと暮らしやすくなるのでは
ないかと思います。

犬ができない事や嫌がる事を
強制的にやらせるのも問題ですが、だからと言って、
犬が「できない」とか「嫌だ」と言う態度をしたら
すぐに「もうやらなくて良いよ」と言って、
低いレベルのまま、OKを出してしまうのも
勿体無いような気がします。

「もう少し、頑張らせてあげれば、
 色々な事を知ってくれて、
 できるようになるかもしれないのに?」と言うのは
「エゴ」にもなりがちなので難しい所ですが、
「無理はさせるけれど、無茶はさせない・・」と言う風に考えて
頑張らせてあげるのも大切では無いかと思います。

「シェイピング法」では、
目標となる行動を目指して、
少しずつ段階的に行動を教えて行きますが、
最初の最初の段階、
「飼い主の言う事を聞こうとしない」とか
「おやつを見せても、いつも見返り無しでおやつが貰えるから
 何か行動をしてまでおやつを貰おうとは思わない」と言う理由から、
行動を教えられない・・と言う犬も多いです。

でも、そこで「じゃあ、仕方が無い」としてしまうか?
それとも「もう少し頑張らせよう」と、
飼い主さんの言う事を聞かなければ、
犬の要求も受け入れない・・としてみたり、
ごはんはシェイピングの時にあげるようにして、
それ以外ではあげない・・としてみるか?

「ルール」は守る方も大変ですが、
守らせる方も意外と大変だったりしますので、
そこをしっかりと頑張ってみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫