FC2ブログ

どう言う他者と過ごしているか?

 2018-09-08
20180903_181537.jpg

「駄菓子屋さん」と言うとほのぼのとしたイメージがありますが、
昔は10円玉を直接、使って景品を狙うゲームや
当たると50円、100円分の買い物チケットが出てくるルーレットゲーム・・
くじ引きでサイズが変わるお菓子やオモチャ、
コンプリートするまで沢山のお金がかかるカードなど、
ギャンブル性が高いモノも多かった気がします。

だから、子供にお小遣いを渡しても無駄に使ってしまう・・
と、お小遣いの使い道を親が決めてしまい、
子供はお小遣いを貰う為に努力をしなければならなくなるなど、、
お小遣いの意味がなくなったり、
お金の使い方を自分で学ぶ事が
できなくなってしまったりもする事もあるみたいです。

また、子供が良い事をしたらお小遣いをあげ、
悪い事をしたり、成績が下がるとお小遣いをあげない・・
と言う事をしてしまうと
「お金は相手を動かす為の道具」と言うイメージを与え、
お金がある人は無い人よりも地位が上で、
お金は自由や権利を得る保証となる・・
と言うような事を教えてしまう事にもなりかねないそうです。

逆に親の気分でお小遣いを渡す家庭も多いみたいですが、
親がいい加減なお金の使い方や渡し方をしていると、
子供はお金の使い方、貯め方などを学べませんので、
いつもお金が無い・・なんて事になったりする事もあるみたいです。

では、子供が「お金を貸して」と言ってきたらどうでしょう?
一応、子供の話を聞いてから必要だと感じたら貸すけれど、
不必要だと感じたら貸さない・・と言う対応をし、
さらに、一度、貸したのなら別に返さなくても良い・・
と言う家庭も多いと思いますが、
「親から借りたお金は返さなくても良い」としてしまうと、
お金の使い方を学ぶ機会を奪ってしまう事になり、
結果、何かある度にお金を借りに来てしまったりもしますし、
逆に子供が必要だと思っていても、
親が「理解できない」として「無駄」と決め付けてしまうと、
子供は大切な時でも「親は頼れない」となってしまいますので、
お金を貸すと決めた時は、きちんと返して貰うようにして、
その前段階として、お金の貯金の仕方、必要な物と欲しい物の違い・・
などを教えつつ、最初は失敗をしても良いから
子供に管理できるだけの額のお小遣いを渡し、
お金の使い方を学ぶ機会を与え、
サポートして行くのが良いみたいです。

無駄遣いが酷かったり、
ギャンブルの依存症だったりすると、
その人の意思の弱さ・・
計画性の無さなどが問題視されてしまう事は多いですが、
実際は親や周囲の影響なども大きいそうですので、
「個人」だけを抜き取って問題としたり、
問題の解決策を考えるよりも、
例えば、無計画にお金を使ってしまう背景には、
同じようにお金を使う友達は居たりするけど、
「もっと計画的にお金を使った方が良いよ」
と言ってくれる人が居ない・・など、
交友関係も大きく関っている事は多いですので、
まずは、そうした友達との付き合いを止めて、
新たな環境と新たな交友関係の中で、
自分自身の考え方や生活スタイルを変えて行く事が
必要だと思いますし、それは犬と暮らす時も同じで、
犬を海や公園でノーリードにしたり、
「犬にしつけは可哀想」と教えるべき事も教えない・・
我慢させるべき事も我慢させない人達と一緒に居る事で
自分の犬の行動の問題を大きくしてしまう事もありますから、
親や友達が問題だと思うのなら距離を離してみるのも良いと思いますし、
旦那さんが問題だと思うのならしっかりと話し合ってみる・・
と言うのも良いと思います。

人は少なからず周囲の人や環境の影響を受けてしまいます。
自分で自分を変えるのには時間がかかりますが、
自分で周囲の環境を変える事はできると思いますので、
自分に良い影響を与えてくれるような環境作りや
友達作りを心がけてみる事で犬との暮らしにも
良い影響を与えてくれるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫