FC2ブログ

犬と一緒に寝ると言う問題

 2018-09-06
20180830_175607_20180909233200a98.jpg

「犬と一緒に寝ても良いのか?」
と考えている飼い主さんは多いと思います。

外国では人間の子供は小さい頃から
親と離れて一人で寝る習慣を与えられますが、
日本人は親子が一緒に寝るのが普通なので、
海外の「犬のしつけ」は感覚的に違ったり、
受け入れがたい事も多いと思います。

犬のしつけ本などには、
犬と一緒に寝ると犬は飼い主を自分と同等と思うようになり、
犬が言う事を聞かなくなる・・と書かれていたりしますが、
一緒に寝たからと言って同等とか自分の方が上と考えるか?
と言うと、そんな事は無く、
むしろ、犬との日常の暮らしの一つ、一つの接し方が
そうした誤解を与えていたりしますので注意が必要です。

また、犬と一緒に寝る事が習慣になってしまったせいで、
今度は逆に犬が一人で寝られなくなってしまったりもしますので、
動物病院での入院や急な予定で犬をペットホテルに預ける・・
なんて事を考えたら、毎日、一緒に寝るのではなく、
ランダムにしてみるのもよいのではないかと思います。

そんな感じで「本に書いてあったから」とか
「みんながそう言っていたから」と言う理由で鵜呑みにするのではなく、
「本当だろうか?」とか「本当なら、どうしてだろうか?」
と考えてみる事も大切だと思います。

飼い主さんの中には
「ルール」でがんじがらめになっている人や
「ルール」が無くて「感情」の赴くままに行動している人・・
あるいは、ママさんが「ルール」に厳しくてパパさんがルーズだったり、
ある部分だけママさんが「感情的」で、パパさんが「冷静」だったり・・
と、そんな感じだとは思いますが、
「ルール」で動くにしろ、「感情」で動くにしろ、
大切な事は、それいによって犬の行動がどう変化するか?
ではないかと思います。

犬が不安で寂しがっている時、
一緒に居てあげない事で犬が飼い主さんの事を諦めてしまい、
不安で寂しくても自分の内に秘めてしまって
飼い主さんを頼らなくなってしまったとしたらそれは問題ですし、
逆にいつも一緒に居てあげてしまっている事で
犬が自分で問題を解決しようとは思わず、
何かあると、吠えたり、甘えたりして
飼い主さんを頼ってばかりになるのも問題だと思います。

勿論、この辺りは犬の表情や行動などを見つつ、
失敗を繰り返しながら、自分の接し方を変えて行く必要があると思いますが、
「犬のしつけ本」や「常識」や「ルール」だけで判断したり、
逆に、その時の自分の考えや感情にばかり流されるのではなく、
犬の将来に与える影響を考慮して、自分で考え、判断し、選択し、
自分の行動を変えて行くようにしてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫