FC2ブログ

与えるのは「骨組み」だけ

 2018-08-25
20180815_181237.jpg

子供は思春期になると
親に反抗して「自分らしく」を追求しようとします。
しかし、真面目なタイプの親の場合、
「ルール」や「世間体」を第一に考える為、
「そんな事はしてはいけない」とか「こうしなさい」と
親の考えを一方的に押し付けてきて子供が言う事を聞かないと
「家に入れない」とか「お小遣いを渡さない」とか
「スマホを使えないようにする」など、
子供の大切なものを奪って言う事を聞かざるを得なくして
子供の反抗心を潰そうとしますが、
それによって、子供の中の怒りや不満は内側に向かうようになり、
「自分は大切にされていないし自分の事を大切だと思えない」
と道徳に反する行動をしたり、
自分を傷つけるような行動をしてしまうようになり、
自分らしく生きられる道を探して家出をしてしまう事も多いみたいです。

逆に子供に依存している親は、
子供が反抗期をしても全てを肯定し、
親も子供の行動を真似たりしますが、
子供からしてみれば、親とは違う存在だと証明したくて行動をしているのに、
親がいつまでも子供を自分の一部だと考え、
1人の人間として認めようとしてくれないので
自己を確立できないし、
自分自身も長くそう言う家庭の中で育ってきた為に
「自己」がよく分からなくなっており、
自己を確立する為に長く苦しむ事になってしまったりもするみたいです。

そんな感じで、子供は必死に親が望まない人間になろうとしたり、
逆に自己を見つけられないので、
「自己」を与えてくれそうな人に飛びついてしまったり、
あるいは、自分自身が分からなくて傷つきたくないので
自分の殻に閉じこもって出ようとしなくなったり・・
と言う事もあるみたいですが、
子供を信じられなかったり、
親が自分自身を信じられなくなったりすると、
子供との距離感はおかしくなり、
子供の自立を阻害してしまうかもしれませんので、
子供も大きくなったら、命や道徳に反する事でなければ
本人に決めさせてあげる・・と言うのが良いみたいです。

自分で考え、判断し、決めた事なら「反抗」をするのは難しいですから、
自分で決断をさせ、責任も負わせるようにすれば
失敗もするでしょうけど、それが自信となり、
自己を確立して行けば、変な対抗心を燃やしたり、
「自分らしく」なんて騒ぐ事もなくなると思います。

犬も「自己」が目覚めてくると
飼い主さんに反抗する事が増えてきます。
でも、飼い主さんが「こうであるべき」としてくると、
犬は飼い主さんの「こうであるべき」を利用し、
わざと反対の事をして飼い主さんを動かそうとしたり、
あるいは、よく分からない飼い主さんに対して、
色々な事を試して反応をうかがおうとしますが、
飼い主さんが分かり難いので犬も混乱し、
最終的には変な行動をしても無駄だと行動的には落ち着きますが、
精神的には飼い主さんに反抗しっぱなし・・
なんて事もあったりしますから
犬が反抗をし出したら、犬の選択と行動に任せてみる・・
犬が困った行動をしたら無視をしたり、
怒ったりしてその行動にメリットを与えないようにしたり、
逆にデメリットを与えたりして、
犬自身が危険な目に合わない・・
誰かに怪我をさせたりしない限り自分で行動を選ばせ、
その行動に対する責任を負わせるようにすれば
犬は多くのチャレンジと失敗と成功の中から
「自分がどうしたら良いか?」を学んでいきますので
しばらくすると「自信」が生まれて落ち着き、
協調性が出てくる事も多いです。

勿論、責任を負わせると言っても突き放すわけでは無く、
犬の年齢や理解度に合わせて責任の度合いを
見計らってあげるのも良いのではないかと思います。

子供を「支配」しながら育てれば、
子供は他者を「支配」するようになるし、
子供に「依存」させて育てれば、
子供はいつまでも他者に「依存」し、
他者を「依存」させて関係性を保とうとしますので、
「支配」も「依存」も捨て、
家庭内の「ルール」を基準とした「骨組み」だけを提示し、
あとは自分で考え、判断し、行動できるように育てて行く・・
と言うのが良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫