FC2ブログ

吠えるから相手をしないといけない

 2018-08-12
20180810_174703.jpg

台所に行ってごはんを作りたいけれど、
ごはんを作る作業を始めると、
かまって欲しくて子供が泣き続けるので、
旦那さんが帰ってくるまでごはんが作れない・・
と言う悩みを持つお母さんも多いみたいです。

ご飯作りに限らなくても、
何かに集中して作業をしようとすると、
子供が泣いたり、暴れたりするので
なかなか、思い通りにできなかったりする事はあると思いますが、
「母親の姿が見えていれば待っていられる」
と言う事も学んで行く必要がありますから、
危険な台所にはこられないように
安全なベビーサークルを使うなどしつつ、
少しずつ我慢の練習をするのも良いみたいです。

そうすると、子供も最初は泣き叫んで、
かまって欲しい、遊んで欲しいと要求すると思いますが、
それを叱るのではなく
「つまんないんだよね、かまって欲しいんだよね」
と共感の気持ちを伝えつつ料理を作り続ける事が大切みたいです。

子供は泣いても暴れてもかまってはくれない・・
遊んではくれない・・と分かると、
段々とあきらめる事を学びます。
泣くのも暴れるのも疲れるし、
それをやってもメリットが無ければ、
飽きて一人遊びを始めたりしますので、
そこで、料理を終えたら
「ごはんができたよ。よく待っていられたね」と抱きあげると、
子供は「我慢して待つ」と言う事が悪いことばかりではなく、
その先に「褒めて貰える」と言う良い結果がある事を学びますので、
「見通し」を持てるようになって
「我慢」ができるようになる事は多いみたいです。

でも、母親の中には、子供が泣くと
「近所迷惑になる」とか「育児放棄と思われる」とか
「子供に嫌われる」とか「子供の心がすさんでしまう」
などと心配になって、我慢ができずに子供にかまってしまう為、
子供は「泣いたり、暴れたりすれば母親が来てくれる」と学習して、
ドンドンと我慢ができない子になってしまう事はあるみたいです。

だから、泣いても安全な状況を作ったうえで
子供がいくら泣いたり、暴れたりしても放っておく・・
ただし、単純に無視をしているだけだと、
子供は「母親が怒っているのでは?」と不安になって、
余計に泣いて気を引こうとしてしまったりもしますので、
歌でも歌って怒ってはいないと言うメッセージを伝えると、
子供は「かまって欲しい」と言う気持ちと
「ママは忙しいから我慢をしなければ・・」
と言う気持ちがぶつかって葛藤が起こり、
その結果、自らの意思で「我慢をしよう」となると思いますので、
そうして、一人遊びをして待っていてくれたら、
抱き上げてあげて、しっかりとその頑張りを認めてあげると
自分の意思で「良い行動をしよう」と言う気持ちが育って行き、
「自己コントロール力」も伸びていくのではないかと思います。

こうした事は犬の行動の問題の対応の仕方でも
同じ事が言えると思います。
「犬が吠えるから・・」と全ての作業を止めて、
犬が吠えないようにかまったり、遊んであげてしまう
ケースもあると思いますが、
その結果、犬はより吠えるようになる事もありますから、
飼い主さんは自らの判断と行動の問題点について
考えてみるのも良いのではないかと思います。

「犬が吠えると周囲の人が自分の事を攻撃してくる」
「犬の要求を放っておくと嫌われる・・犬の心が傷つく」
などと言った考え方は少し片寄ってはいないか?
と考えてみる・・
犬が吠えるのもある程度は仕方がないし、
それが心配なら、前もって近所の人達に
「今、練習中なのでご迷惑をおかけしてしまうかもしれません」
とお断りをいれておくのも良いと思いますし、
そうして、「犬がいくら吠えてもルールは変えない」と
言う状況や環境作りをし、それを通して
犬も吠える事の無意味さを理解させてあげるようにすると、
飽きて「我慢」を覚えるようになるので、
結果的に犬も飼い主さんも近所の人達も
良い結果になるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :心育て トラックバック(-) コメント(0)
コメント











管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫