習慣化はとにかく毎日、続ける事

 2018-05-20
01DSC00089.jpg

「今までの自分を変えたい!」と思っても、
具体的にどうしたら良いのか?が分からず、
結局、いつもと同じ思考や行動に戻ってしまう事は多いです。

では、どうしたら良いか?と言いますと、
最終的な目標・・「なりたい自分」を思い続けつつも、
「今、できる行動」からはじめてみるのが良いそうです。

例えば「嫌な誘いは断る」とか
「物事に順序をつけて最重要課題から先に終わらせる」とか
「毎日、誰かを褒める」とか「愚痴や不満を言わない」とか
「相手との関係をwin-winで考える」とか
「毎日、7時間は寝る」とか「本を読む」とか
「自己投資をする」とか「良い質問をしてみる」など、
すぐに行動ができて、すぐにそれなりの結果が
得られる事からはじめてみる・・・

そして、そうした事をとにかく「毎日、続ける事」が重要みたいです。
「日記」や「家計簿」などを始めても、ついつい、忘れていまい、
後になって3日分ぐらいまとめてやる・・
なんて事をしていると習慣は身につかないそうですから、
毎日、繰り返し行う事で身体にリズムを染み込ませるのが良いそうです。
なので、逆に言うと結果を焦ってハードルを高く設定するよりも、
「毎日、続ける事」を念頭において、
自分でも続けられる程度のハードルに設定する事が
何よりも大切になってくると思います。

また、もう一つ、大切な事は
「身につけたい習慣は一つに絞る」だそうです。
つい、「本を読む習慣」と「英会話をする習慣」を身に付けたい・・とか、
「食事制限」と「運動」など、色々な事を一度に始めてしまいがちですが、
色々な事をやろうとすればする程、「反発」も大きくなりますので、
まずは、一つの事を一ヶ月ぐらい続けてみて、
それが「習慣」として身についたら次の習慣にチャレンジしてみる・・
と言うのが良いそうです。

この辺りは、犬にクリッカーを用いた「シェイピング法」と同じですよね?
犬に何かを教える時も、つい、
「ボールを咥える」と言う動作と「マットの上に座る」と言う動作を同時に・・
あるいは、交互に教えようとしてしまったりしますが、
犬に何かを教える時は必ず一つずつ教えて行き、
犬がしっかりと理解して覚えられたら次の事を教える・・
と言う方が良いみたいです。

まぁ、飼い主さんも今まで犬の事を褒めてこなかったのに、
急に「褒めてください」と言われて、一生懸命、意識付けをしている横で
「今は叱って下さい」とか「犬のサインを読み取って!」などと
色々な事を言われたらパニックになると思いますし、
「叱られないように」と褒める事と叱る事と
犬のサインを読む事を同時にやろうとすれば、
精神的に凄く辛くなって、そうした事を
一切、やりたくなくなってしまうかもしれませんから、
「行動の習慣」は一つずつ・・
それを毎日、続けて意識しなくても自然とできるようになったら
次の覚えたい事や次の段階に進んでみる・・と言うのが良いと思います。(^^)/
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫