短期的ビジョンと中期的ビジョン

 2018-05-16
09DSC00558.jpg

日記や節約の習慣なら約1ヵ月、
運動、ダイエットなら約3ヶ月ほど続ければ、
それが習慣となって苦にならない所か、
逆に「やらないと気持ちが悪い」となるそうですが、
問題はどうやってそれを続けて行くか?ではないかと思います。

では、習慣化する為にはどうすれば良いのか?と言いますと、
まずは、一週間、続けてみる事が重要みたいです。
人が何かを始める時、「三日坊主」と言う言葉を思い浮かべますが、
最初の3日ぐらいは「やる気」も続きますので大丈夫のものの、
統計によると最初の7日間での挫折率は42%にもなるそうです。

次は8日~21日までの間に挫折する確率が高く、
こちらも40%にもなるそうですが、
22日~30日となると18%にも下がるみたいなので、
最初の7日間・・
そして、「やらない為の言い訳」をしたがる
2~3週間目を越える事を目標にしてみるのも良いと思いますし、
その後は段々と飽きてくるそうですから、
いかに気持ちを持続させるか?
が重要になってくると思います。

例えば、読書を一日、20分、したとして、
それを3年間、続けたらどれだけの本が読めるか?
どれだけの知識量か得られるか?と考えてみたり、
毎日、15分、英語のリスニングを学ぶようにしてみたら、
一ヵ月後にどれだけの英語力が身につくか?など、
目標を明確にして、日々の努力の結果を想像する事で
モチベーションも持続できるのではないかと思います。

しかし、犬の飼い主さんの中には、
「できない自分の犬を他の犬と同じように・・」とか
「みんなと同じような良い子に・・」と、
自分の犬の劣っている部分・・
マイナス要素を平均並みに上げる事ばかりを目標としてしまう為、
折角、頑張っても「平均並み」になった時点で
努力をする事を止めてしまう事は多いです。

「もうちょっと頑張れば、犬との関係性がもっと良くなるのに」
と思うようなケースでも継続ができなかったりしますし、
そもそもの「目標設定」が「みんなと同じように」となっていますが、
「みんな」って、どこからどこまでなのか?が曖昧ですし、
「良い子にしたい」と言っても「良い子の定義」も
その時によって変化したりしますので、
「目標」を持つなら明確に・・具体的に設定しないと、
結局、「やりたくない」と言う意識の方が強くなってしまって続けられない・・
となってしまう事も多いのではないかと思います。

ーとは言え、人間は先の見えない事に不安を感じてしまう生き物なので、
1ヵ月・・3ヶ月と犬への接し方を変えてみたのに
良い結果につながらなかった・・となればガッカリしますし、
実際にそうなる可能性が無いわけではありませんので、
コストや労力を考えると、すぐに結果が出るような・・
行動とリターンがすぐに得られるようなモノに飛びついてしまいがちですが、
そればかりだと得られる成果も小さくなってしまう事は多いので
あまり目先の結果ばかりを重視しないようにしてみるのも良いのではないかと思います。

犬のしつけでも「褒める」や「叱る」で
犬の行動をコントロールしようとする事は多いです。
勿論、褒めれば犬の行動は増えますし、
叱れば、その行動はやらなくなるかもしれませんが、
「褒めれば良い」とか「叱れば良い」と
その時だけを見た、短期的な視点で犬のしつけをしていると、
犬と飼い主さんとの関係性が
「褒め」や「おやつ」を中心とした関係性となりがちなので、
おやつを巡って犬同士の喧嘩を起したり、
逆に叱られても飼い主さんとの関係性が薄い為、
飼い主さんに嫌われる事を怖れない犬になってしまったりしますので、
目指すのなら、犬の心を大きくしてあげるような・・
愛情と勇気を持てるような犬を目指してみるのも良いのではないかと思います。

他者を信じられていなかったり、すごく怖がりで何事にも消極的な場合、
すぐには結果はでないと思いますが、
畑で野菜を大きく育てて行くように時間をかけてゆっくりと
アプローチをしてあげてみるのも良いと思います。

勿論、中期的な結果だけを目指すと不安になりますから、
合間でコマンドを教えてみたり、
ハードルの低い小さなチャレンジをしてみたりして、
「小さな成功」を手に入れてみると不安も解消されるのではないかと思いますので、
短期的な結果を得られるような習慣と
中期的な結果を視野に入れた日々の接し方を同時並行で進めてみると、
相乗効果が得られてさらに良い結果になるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫