FC2ブログ

「分かったつもり」に注意

 2018-02-20
09DSC00146_20180223195029488.jpg

犬が行動の問題を起こすから・・と、
いつもと同じルートをお散歩し、
いつもと同じ生活をして終わり・・
と言う飼い主さんも多いと思います。

「ウチの犬はこう言う子だから・・」
と決め付けてその枠から出ようとはしないし、
出ないから犬の行動や考え方が変化する事はない・・
と言う事もあったり・・

夫婦間でも結婚生活が長く続いて行くと
変化に乏しくなって会話が少なくなり、
「この人はどうせこう言う人だから」と決め付けて
期待をしなくなってしまう事もあると思います。

そう言う時、いつもは行かないようなレストランに行ってみたり、
二人だけで映画を観に行ったり・・と、
二人でゆっくりと過ごす時間を作ってみると、
「会社でこんな事があったのか・・」とか、
「普段、こんな事を考えていたのか・・」と、
相手の見えていなかった部分が見えてきたりする事は多いそうです。

勿論、その為には「子供の話はしない」と言うルールを作る事も必要だそうですが、
そうして、相手の見えていなかった部分が見えたと言う事は
自分がどれくらい相手の事を「わかったつもりでいたのか?」とか
相手に対する関心が薄れていたのか?と言う事に気づけると思いますし、
そうして、相手の見えていなかった部分・・知らなかった部分を知る事は
お互いの距離をさらに縮めるきっかけになると思います。

それは、犬との暮らしにおいても同じで
「どうせ・・」と決め付けて行動をしないのではなく、
「犬と一緒にあんな事をしてみたい」とか
「犬と一緒にこう言う所に行ってみたい」と目標を持ってみる・・

勿論、目標と言っても難しく考える事はなく、
「いつもとは違うルートでお散歩に行ってみる・・」とか
「いつもとは違う時間にお散歩に行ってみる・・」でも良いと思います。
そうして、変化を与えてみると、
「うちの子にはできない」と思っていた事が
意外とできるようになっていたり、
逆に今までできていたと思っていた事が
環境が変わった事でできなかったり・・と、
自分の犬の見えていなかった部分が見えてくると思います。

今まで「できている」と思っていた事が
「実はできていなかった」と言う現実を突きつけられるのは辛いですが、
でも、それは、自分の犬の事をより深く知れた・・と言う事ですから、
それは「分かったつもり」になって、
気づいてあげるべき点を気づかないままでいるよりも良い事だと思います。

それに「分かったつもり」になっている時は、
相手に対する関心が薄れている事も多いそうですから
「相手の事を分かっていなかった」と気づく事は悲しい事でも悪い事ではなく、
お互いの距離を近づける為の”気づき”となると考え、
犬と飼い主さんの関係性をより良くして行く為にも
「相手の事を分かってあげられなかった」とか
「こんな事も知らなかった」と恐れるよりも
新たな発見を得る為の新たな行動をしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫