できない自分よりもできない人を探して安心する

 2017-10-12
04DSC00049_2017101320442451d.jpg

職場に行くと、長く働いていると言うだけで、
仕事もできないのにやたらと威張っている人も居たりします。

自分が仕事をサボりたいが為に、
何も分からない新人に自分の仕事を押し付けたり、
自分のミスを新人のせいにしたり・・
その上、陰で身に覚えの無い悪口を
言いふらされたりする事もあったりしますが、
どうしてそう言う事をするのか?と言いますと
「職場環境の悪さ」や「自己肯定感の低さ」、
「強い劣等感」などから
そう言う事をしてしまう人も居るのでははないかと思います。

自分に自信が無いから誰かを自分よりも下の位置に置きたがる・・
相手のミスを見つけては追求したり、
そのミスを上司に報告する事で「自分の方が優秀だ」とアピールしたくなる・・

でも、そう言う人ほど、相手のあら探しはしても
「自分を高める」と言う事はしない為、数年もすると後輩の方が
仕事ができるようになって追い越されてしまったり・・
でも、本人も「自分の能力の無さ」が分かっているから、
「それを認めたくない・・」とか「周囲に知られたくない・・」と、
自分が攻撃されないよう、周囲に対して攻撃的になってしまうので、
周囲の人も「あの人にかかわるとろくな事がない」と敬遠するようになって、
本人からしてみれば、思い通りだったり・・

でも、そう言う人を認めてしまう上司を含めた職場環境も問題だと思いますし、
職場環境がそんな感じなので、新人は「困っていても誰も助けてくれない」となり、
その結果、新人が辞めてしまい、自分達の仕事量が増えたとしても、
みんな自分の事で一杯、一杯なので、
誰も状況や環境を変えようなどとは思わないし、
結局、そこで働く人は「その仕事しかした事がない」と言った人ばかりになり、
より、閉鎖的でイビツな職場環境になってしまう事もあったりするみたいです。

他者と一緒に居ると「劣等感」を感じてしまう事はあると思います。、
でも「劣等感」を持つのは悪い事では無く、
「劣等感」があるからこそ、それを「頑張り」によって補おう・・
より自分を高めよう・・と思えるのですが、
「劣等感」を感じても、そこから「努力をする」と言う方向には行かず、
弱い立場の人間を攻撃したり、他者を陥れて
「劣等感」を「優越感」に変えようとしてしまう人は注意が必要だと思います。

また、そんな風に攻撃的ではないにしても、
自分の「劣等感」を努力で覆そうとするのではなく、
自分よりもダメな人間を探したり、
自分よりも困っている人を見つけて助ける事で
「劣等感」を「優越感」に変えよう・・としてしまう人も多かったりします。

犬の飼い主さんの中にも、自分の犬の問題で困っている・・
自分は飼い主として自信が持てない・・
と言う問題を自分よりももっと困っている飼い主さんを探したり、
自分よりももっと飼い主としての自信が無い人を集める事で
自分も上の立場になれる・・と
「自分が努力をする」と言う選択肢を外してしまう人もいたりするのです。

確かにそのグループの中では中心的人物となり、
そのグループの中ではその人の犬の問題も軽度となるかもしれませんが、
それで自分の犬の問題が解決したわけではありませんし、
飼い主としての自信は少しだけ回復するものの、
そのグループの外に出てしまえば、
簡単に崩れ落ちてしまう程度の自信なので、
「自信がついた」とは言えないのではないかと思います。

また、自分よりも困っている飼い主さんを集め、
自分がそのグループの中心人物になると、
他の人たちから色々な質問を受けるようになってしまいますが、
その質問に対して責任なんて負いたくないですし、
自分が努力をして答えを探す・・なんて事もしたくないので、
質問に答えられそうな・・
みんなに「凄い」と言われるようなトレーナーさんを探してきては、
「自分はこんな凄い人を知っている」と自慢をし、
仲介役としてみんなからも・・トレーナーさんからも必要とされたい・・
と言う方向に思考が言ってしまう事も多いみたいです。

でも、「自分で努力をする」と言う選択肢からは逃げまくっているので、
自分よりも下だった飼い主さん達の方がいつの間にか上達し、
逆にみんなから「○○さんも頑張ったら?」なんて言われてしまいますが、
そう言う時は「ウチは旦那が非協力的で・・」とか誰かの・・
何かのせいにして逃げようとするので、
段々と自分の居場所が無くなって行き、
また、自分よりもできない飼い主さんを探しては、
そこの中心人物になる事で、かりそめの優越感に浸る・・
と言う事を繰り返している飼い主さんも居るそうです。

まぁ、学校などでも「私たちはいいの・・」と、
やらない人同士でグループを組む事はあったりしますが、
問題は自分が所属する犬のグループがそう言う人達ばかりで、
「なんか違うな?」と思ったら「自分の犬の為に・・」と、
そこのグループに所属し続けるのではなく、
少し距離を置いて、考えてみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫