他者をバカにする

 2017-10-05
05DSC00280.jpg

職場など、多くの人間が集まる場所に行くと、
1人ぐらいは他者に対してバカにするような態度をとる人も居たりします。

大して仕事もできないのに上から目線で話をする上司・・
こちらが特に何かをしたと言うわけもないのに、
男性と言うだけで・・あるいは、女性と言うだけで、
馬鹿にした態度をしてくる人など、
「なんでこの人はこう言う事を言うのだろう?」
と思う事もありますが、その理由として多いのが、
「強い劣等感」だったりするみたいです。

自分に自信がない・・他者よりも自分は劣っていると思うから、
それを他者に知られたくないし、
自分自身でも認めたくなくて、
ついつい、他者に対して強気の態度を見せたり、
「自分は優れている」と言う事を証明したくなってしまい、
相手をバカにするような態度をしてしまう・・

自分が攻撃されたくないから先に攻撃する・・
自分が怖い思いをしたくないから先に周囲を威嚇する・・

自信がある人は、そんな事をする必要がありませんので、
誰かをバカにしたり、相手を威圧する事もなく、
相手の立場に立ったり、相手の考えを尊重したりできますが、
「自分は劣っている」と言う意識が強い人は自分の事で精一杯なので、
相手の立場や気持ちを考えられず、
「自分が・・」と言う気持ちばかりを
優先させてしまうのかもしれません?

また、意外と多いのが
「場の盛り上げ方」の方法が「他者を馬鹿にする」しか知らない人です。
1人の人間をバカにする事で場が盛り上がると思っている・・
確かに子供の頃はそうだったかもしれませんが、
人間も歳を取ってくると1人の人間をバカにして盛り上がる・・
と言う事に対して嫌悪感を覚えてきますので、
大勢の中で1人の人間をバカにする事は止めた方が良いと思いますが、
集団の中で下だと思える人間を馬鹿にする事で
「共有感」や「仲間意識」が生まれると思ってしまうのは、
その人が「上下」の世界に生きており、
他の人も皆、他者との関係で自分が上になると安心し、
下になると不安を感じると思っているから、
「下の人間」を決める事でその人以外の人間とは仲良くなれる・・
と思ってしまうのかもしれません?

そんな感じで、いつも強気の態度をとり、
周囲をバカにしている人も、
実は強い劣等感に苦しんでいる可能性は高いのです。

勿論、だからと言って
「いつも威張っている人も劣っているんだ」と、
上下の関係で見てしまうと、自分もまた、
無意識に周囲の人に対してバカにするような言動をしたり、
威圧的な態度をしてしまうかもしれませんから、
「他者との関係性を上下の意識で考えすぎると辛くなる」と思って、
「誰かよりも劣っている」と思ったら、
自分の優れているところをアピールして優秀性を証明しようとしたり、
周囲の人間をこき下ろして相手の価値を下げさせるような努力をするのではなく、
自分で努力をし、他の誰でもない、
自分自身が「自分も良くやった」と思えるようになると、
他者との関係を上下で見すぎる事もなくなり、
「ゴールは違えど一緒に頑張っている仲間」と言う風に
見る事もできるようになるのではないかと思います。

犬の世界でも、誰かにバカにされるのが嫌で、
知識とスキルを高め、誰かに何かを言われようもののなら
100倍ぐらいの勢いで言い返して勝ちをもぎ取ったり、
犬を一生懸命にしつけた結果、
仲の良い飼い主さんはできず・・
犬も疲れ果てて飼い主さんとの関係性は良くない・・
と言う飼い主さんも居るかもしれませんが、
知識やスキルに頼らない、本当の自信とは?と言う事を
もう一度、考えてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫