「必要性」と「メリット」

 2017-09-09
06DSC00464.jpg

何冊ものビジネス書を読んでいるのに
悩みが尽きないし、結果にもつながらない・・
同じ間違いを繰り返してしまう・・
と言う人は多いみたいです。

犬の飼い主さんの中にも何冊もの犬の本を読んで、
色々なセミナーに行き、
あちこちのしつけトレーニングを受けているのに
犬の事が分からない・・・
犬の行動の問題が解決しない・・
と言う悩みを持たれている方は居るのではないかと思います。。

では、どうしてそうなのか?と言いますと、
一つには「何の為に本を読んだり、セミナーに通っているのか?」
と言う、明確な目標がないから・・かもしれないそうです。

「良いと言われている本だから」とか
「凄く有名なトレーナーさんのセミナーだから」など、
漠然と本を読んだり、講習を受けたとしても、
知識は得られるものの、問題の解決には結びつかない・・
なぜなら、「犬のしつけの仕方」を沢山、学び、
知っていたとしても、
「何の為にしつけをするのか?」が分かっていなければ、
その知識の中から、自分の犬に合った
最適な方法を選択する事ができないからだそうです。。

知識は沢山あるのに、いざ、自分の犬の問題を前にすると、
「今、やるべき事は何なのか?」が分からない・・
と言う飼い主さんも多いみたいです。

「うまく行かない理由は何なのか?」
「うまく行っていないのはどのポイントなのか?」
飼い主さんの「望み」によって正解と不正解は変わってきますので、
まずは「目標を持つ」と言う事が大切になってくると思いますが、
単に「目標」を設定するだけは
自発的な行動や行動の持続は難しい事もあるみたいです。

飼い主さんに「今の目標はなんですか?」と聞いてみると、
「良い子になって欲しい」と言う答えが返ってきたりしますが、
「良い子」とはどう言う犬の事を言うのでしょう?
犬を見ても吠えない犬なのか?
それとも、怪しい人を見たらきちんと吠えてくれる犬が良い犬なのか?
「良い子」なんてその場の状況によって変わってきますし、
人によっても「良い子」の定義は変わってきますので、
実は「具体性」がなく、「具体性」がない為に
飼い主さんもどうやって育てたら良いか?が分からなくて、
具体的な行動に移せない・・と言う事もありますので注意が必要です。

また、自発的に行動する為には
「必要性」と「メリット」が必要になってくるそうです。

人は「それが必要だから」とか「そこにメリットがあるから」
と言う理由で行動をするわけですから、
具体的な行動の問題で悩んでいない飼い主さんよりは、
「今、すぐにでもどうにかしたい」と悩んでいる飼い主さんの方が、
しつけをする「必要性」と
犬の行動が改善される事による「メリット」を強く理解しているので、
積極的に行動される事は多いですし、
そうした行動が持続する事も多いです。

逆に言うと、具体的な「必要性」や行動に伴う「メリット」が無いままでは、
いくら飼い主さんに行動を提示しても「やる気」には結びつかなかったり、
犬の行動も変わらない・・と言う事はあると思います。

それはある意味、教える側の方も飼い主さんに対して、
「具体的にどのような結果が欲しいのか?」と、
きちんと聞く事が大切で、「目標」が明確にあるからこそ、
しつけをする「必要性」や「そこから得られるメリット」も
効果を発揮するのではないかと思います。

昔は「教える側」方が「これをやれば良い」とか
「あれをやっておきなさい」と一方的に指示や命令をするだけで、
その「必要性」や「その行動に伴うメリット」を伝えない事も多かったですが、
その結果、教わる側がその行動に疑問を感じ、
サボったり、手を抜いたりして、本来、得られる結果を得られない事も多く、
それで、教える側が教わる側を叱ったり、
「やる気が無い」とか「ダメなヤツ」と言うのは間違いで、
実は「教える側」の教え方に問題がある事も多かったのではないかと思います。

飼い主さん自身が行動の「必要性」と「メリット」を把握する事は大切ですが、
教える側も飼い主さんが欲するであろう「必要性」と
「メリット」を理解する必要性もあるのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫