犬からの脅し

 2017-09-05
02DSC00917.jpg

イライラすると飼い主さんに向かって吠える・・
思い通りに行かないからとわざと飼い主さんを
困らせるような行動をする・・

どちらも「要求的な行動」ですが、
そんな時、静かにさせる事ばかりを考えて
犬の要求に応えてしまう事もあると思いますし、
「怒るよ」と言いながら、
ちっとも怒らない飼い主さんも居たりします。

「ルール」があっても「罰」がない・・
警告を出すだけで実行しない・・
もし、サッカーの試合がそんな感じだったら
収集がつかなくなってケガ人が
続出してしまうと思います。

罰も無く・・吠えたり、行動の問題を起こしたりして
飼い主さんを困らせたりすればする程、
オヤツが出てきたり、自分の思い通りに行くとしたら、
飼い主さんは「満足すれば止めるだろう」と思うものの、
実際はそれを止めようとは思わなくなると思います。

どこかの国もミサイルを飛ばしたり核実験をしたりして
周辺の国を困らせ、自分達の要求を通そうとしていますが、
要求すればするだけ見返りがあり、
それが当たり前となってしまえば、
ルールを守ろうとか我慢をしようとなんて
思わなくなってしまいます。

だから「愛情さえ与えていれば大丈夫」と言うのは本当かな?
と思います。
勿論、愛情は大切ですが、
「自分の行動の結果がどうなるか?」と言う事を
教えてあげるのも愛情ではないかと思うのです。

犬が要求的な意味で飼い主さんに対して怒って吠える・・
自分の思い通りに行かないからとわざと行動の問題を起こす・・
と言うのは、犬が飼い主さんに対して行う「脅し」です。

それに対し、その場しのぎの対応として犬の要求に応えたり、
オヤツで静かにして貰うと言うのは、犬の「脅し」を肯定し、
助長させる行動になってしまいかねないですから
そうした行動をしたら、犬の事は無視をする・・
可能なら「隔離」をして、そうした行動には付き合わない・・
と言う態度をする事でその行動に対する結末・・
「なんのメリットも無い」と言う事を
伝えてあげるのも良いと思います。

また、犬の「可哀想なフリ」も同じです。
「自分はこんなに可哀想なんだ」と言う態度をして、
飼い主さんを思い通りに動かそうとするのも
ある意味で「脅し」なのですから、
その行動をして欲しくないのなら「脅し」には付き合わない・・
放っておいて「そんな行動をしても意味が無いんだよ」
と言う事を伝えてあげるのも良いと思います。

犬がそうした行動の問題を繰り返すのは、
「その行動をする事で良い事がある」と思っているからです。
でも、どうしてそう思うのか?と言いますと、
飼い主さんがそれを許したり、その行動に対して
何かしらのメリットを与え続けているからではないかと思いますので、
「その行動をしても意味は無いし、
 その行動をすると嫌な事が起きるんだよ」と
「隔離」を用いた対応を繰り返してみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫