人間も問題を起こせば隔離をされる

 2017-09-04
01DSC00278_201709062017561b7.jpg

犬がワガママになり、他の犬に吠えたり
噛み付いたりするので困っている・・
そうした行動をしないように犬を抑え付けようとすると、
強いかんしゃくを起こして
飼い主の手に噛みついてくるのでとても怖い・・

とりあえず、自分が満足するまで
相手の犬の匂いを嗅ぐなどすると行動が収まるものの
そんな対応の仕方で良いのか?と悩んでいる・・
と言う飼い主さんも多いのではないかと思います。

「ワガママは絶対に許してはいけない」と、
「犬の行動に対して力で抑え付ける」
と言う方法を推奨される方も居ますが、
基本的に「暴力に対して暴力で返す」と言う方法はNGだと思います。

まぁ、人間のしつけでも、子供の暴力や暴言に対し、
「痛みを教える」など、圧倒的な力の差で
子供の行動を封じ込めようとする事はありますが、
暴力を振るわれた犬は強い人間不信になってしまったり、
「自分の身を守る為」により強い力で抵抗し、
噛み付いてきたりする事もある為、
「力と力のぶつかり合い」みたいな解決策は
絶対に避けた方が良いみたいです。

また、「犬がかんしゃくを起こすから・・」と、
その行動を止めさせる為に犬の要求を叶えてあげてしまったり、
「これをあげるから大人しくして」とおやつを与えるなど、
「従属的な対応」や「取り引き」を行うのも、
犬のワガママを助長する事になったり、
「ルール」を守れない・・
「我慢」ができない犬にしてしまう事もある為、
避けた方が良いみたいです。

あとは、そうした犬の行動に対し、
飼い主さんがいちいち反応し過ぎてしまうのも注意だそうです。
犬の行動にリアクションを返してあげるのは良いのですが、
「あんな事をしてしまった」とか
「こんな事をしてしまうのでは?」と、
犬が中心になり過ぎた「しつけ」は犬に振り回される事になってしまう為
飼い主さんが理想とする「育て方」とは
程遠い結果になってしまう事もあるみたいです。

では、犬のワガママやかんしゃく的な攻撃行動に対し、
飼い主さんはどう言う対応をすれば良いのか?と言いますと、
「隔離をする」のが良いそうです。

アメリカでは「タイムアウト」と言って、
子供が問題を起こすと子供を離れた場所に連れて行き、
一定時間、子供だけを残して反省をさせるそうですが、
日本でも社会的な問題を起こしたりすれば牢屋に入れられ、
未成年でも施設に入れられて、社会からは隔離されてしまいます。

そんな風に行動の問題に対しては「隔離」が有効だそうですが、
有効だからと言って即効性があるか?と言いますと、
その行動が改善されるかどうか?は
その犬によって違ってくると思います。

ここが叱ったり、大声を出したり、物を投げて怖がらせたり、
体罰を与えたりして瞬間的に
犬の行動をコントロールしてきた人達からすると
理解できない・・まどろっこしい方法に思えるのかもしれませんが、
逆に言うと、そんな風に怖がらされたり、
痛みを与えられないと言う事を聞けない・・
「外発的な動機」でしか正解の行動ができないと言う犬では無く、
自分の意思や考えで正しい行動ができるよう、
犬自身に「どっちが良いか?」を選択させるのが
「隔離」を用いた方法ではないかと思います。

犬がワガママを発揮したり、かんしゃくを起こしたとしても、
慌てず・・怒らず・・
犬を離れた場所に連れて行って1人にさせて考えさせる・・

10~15分程して犬を元に場所に戻したら、
また、同じ事を繰り返すかもしれませんが、
その時はまた、犬を離れた場所へ連れて行って隔離する・・
を繰り返すだけです。

本当はすぐにでも止めて欲しいけど、
「やめろ」と言って止めさせるのでは意味がないので、
「どうぞ、どうぞ、何度でもやりなさい。
 でも、こちらも何度でも隔離しますよ」
と言う態度を貫くようにします。。

「してはいけない事をすると「隔離」をされる」
それを例外なく徹底する事で、
犬もそのルールをすぐに理解すると思いますので、
あとは「根競べ」で負けないようにするだけです。

勿論、最初はワケが分からないので
吠えたり、暴れたり、鼻を鳴らして甘えるかもしれませんが、
犬自身に考えさせるようにする事で、
今後、犬がなにか行動を起こす前に
「これをして良いのか?悪いのか?」と
考えられる子になってくれるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫