物事をなんでもマイナスで捉えない

 2017-08-11
10DSC08481.jpg

「言葉の受け取り方」って難しいですよね?
同じ言葉を言われても「良い解釈」をする人も居れば
「攻撃された」と思う人も居ます。

「野球の試合で負けた」など団体競技では
みんなに同じような現実が与えられますが、
それに対して他の人のせいにする子も居れば、
自分が悪いと思う人も居るし、
次は頑張ろうと前向きに動き出す子も居る・・
そんな風に「言葉」や「できごと」は「原因」でしかなく、
それを受け取り、自分なりに解釈した瞬間、
その人の「現実」へと変わるのだそうです。

人は自分の「主観」で生きています。
だから、なんでも「マイナス」に受け取ってしまう人は、
例え自分の犬を褒められたとしても素直に喜ぶ事ができず、
「そうは言っても、陰で自分の事を笑っているのでは無いか?」
と疑ってしまって「自分の犬の問題点」を伝えてしまったり・・
「人間不信」な人は「人を信じて裏切られる事」を怖れる為、
愛情を与えられてもなかなか、受け取る事ができない・・
人を信じたい、信じて貰いたいと思いつつも
「実は相手がこちらを騙そうとしていた」と分かった瞬間、
「ホラ、やっぱり」とホッとしてしまう矛盾を抱えていたり・・

自分に対する自信がなく、自分が傷つかないように・・
悪い結果になっても大丈夫なように・・と、
あらかじめ他者との距離を取るようにしたり、
悪い結果を考えて準備しておくのかもしれませんが、
なんでも悪くとらえてしまうと、
犬を育てて行く時も大変になってしまうと思います。

例えば、犬が折角、良い行動をしたとしても
「たまたま」とか「次は必ず失敗する」と考えてしまって
一緒に喜ぶ事ができなかったり、
犬が「大好き」をアピールしてきても、
心の底からその気持ちを信じる事ができず、
「いつか自分から離れてしまうのでは?」と考えて、
犬を突き放すような態度をしてしまって
犬に不安や不信感を与えてしまったり・・

では、すぐに「マイナス」に捉えてしまう思考の癖を
どうしたら良いか?と言いますと、
「マイナス」に考えてしまった後に
「プラスの要素」を探してみるのも良いそうです。

犬の行動を見て「たまたま」とか「次は失敗するに決まっている」
と考えてしまったとしても、
「でも、今は成功したんだから褒めてあげよう」と考えてみたり、
「犬に”大好き”」をアピールされて、
その気持ちを信じる事ができなかったとしても、
「好きと言われるのは嬉しいし、
 自分も子の子の事が好き」と考えてみる・・
犬に対する頑張りが実は自分の為だと気づいていても、
犬がそれで楽しくしているのならそれで良いと
考えてみるのも良いのではないかと思います。

つまり、マイナスになった思考を
プラスで上書きして「良かった」で終わらせるようにしてみるのだそうです。
勿論、最初は凄く難しいと思いますが、「プラス」に変換してみたり、
「マイナス」に思えた物事の中にある「プラス」を探す事を習慣にしてみると、
いつか、自然と「プラス」に考えられるようになると思いますし、
そうする事で自分に対する自信も育って行き、
他者を信じる勇気や傷つく事を怖れない強さも
手に入れる事ができるのではないかと思います。

なにより、自分の行動に対して
なんでもマイナスにとらえていた飼い主さんが
プラスに捉えて褒めてくれたり、
オヤツをくれたりするようになったら犬も嬉しいと思いますから
犬のお散歩にしろ、遊びにしろ、学習にしろ、
プラス(成功)で終わらせるようにしてみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫