ダメ、イケナイ!

 2017-07-12
DSC00941.jpg

ワークショップで二人一組になり、片方が何かを言う度に
もう片方が「それは違う」と言ったり、首を横に振ったりなど、
「相手の言葉を全て否定する」と言う実験をした所、
「それは違う」と否定され続けた人は段々と声が小さくなり、
発言も消極的になってしまったそうです。

そんな感じで発言に対して
「あなたは間違っている」と言うスタンスで返答されると、
段々と自信を失い、発言する気がなくなって
心を閉ざしてしまう事もあるのだそうです。

これは、犬に対しても同じで、
「ノー!」とか「イケナイ」など、
犬の行動を否定する言葉ばかりを使っていると、
犬は段々と自信を失い、飼い主さんに対して
心を閉ざすようになってしまうそうですから注意が必要です。
まぁ、犬の考えや行動を否定し続ける事であえて自信を失わせ、
消極的で余計な事をしない・・
ある意味、飼いやすい犬にする育て方もありますが、
それでは、自信の無い臆病な子にしてしまうかもしれませんし、
そうして、犬が心を閉ざしてしまうと、
こちらの言葉や想いは伝わらなくなり、
飼い主さんが一生懸命に教えようと思っても
犬も聞く気がないので何も伝わらない・・
と言う事おあるそうです。

ーでは、そうならない為にはどうしたら良いか?と言いますと、
人間の場合、相手の話に対して「なるほど」と言ったり、
うなづきを返したりして、
「あなたのお話をしっかりと聞いていますよ」
「同意してますよ」と、相手の話に肯定の意思を伝えて行くと、
相手はドンドンと心を開いてくれて、
色々な事を話してくれるようになるそうです。

これは、犬が相手の時も同じで、犬が何かの行動をした後に
飼い主さんの事を見た時には「そうだね」と返したり、
うなづいたりする事で、犬は「気持ちを分かった貰えた」と思って、
ドンドンと飼い主さんの事を見るようになって行くと思いますし、
そうして、飼い主さんが「肯定」や「共感」の意思を返す事で
犬は「分かって貰えている」と感じて自信がついて行くそうです。

勿論、犬の困った行動に対しては
「それはダメ」としっかり否定する事も大切です。
でも、単に否定するだけではなく、その行動以外の行動・・
「して欲しい行動」を教えてあげるようにしてみるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫