仔犬の「しつこさ」にもなるべく応えてあげる

 2017-07-03
DSC04935.jpg

仔犬の頃は「もう一回、やって、やって」と
「しつこい」と怒りたくなるぐらい、
同じ事を繰り返したり、
遊びを要求してくる事もあるのではないかと思います。

こっちがいくら「もう、おしまい」と言っても、
ジャンプして飛びついてきたり、
手足をしつこく噛んできたりするで、
つい、「もう、おしまいって言ってるでしょ!」
なんて叱り飛ばしてしまったりもしますが、
犬の方はそれすらも楽しいみたいで、
「もっと、もっと」とじゃれついてきたり・・

でも、仔犬が同じ事を何度も繰り返すのは何故かと言うと、
生まれたばかりで知識も経験も少ない犬にとっては、
今、面白い事は絶対で全てであり、
さらに言うと、そうした気持ちを我慢できるだけの
感情コントロールスキルもないからではないかと思います。

また、知らない事や分からない事が沢山の中で、
知っている「楽しい」は安心できる事なので、
「ボール遊び」となると疲れ果てるまで遊んでしまったり、
「よその犬と遊ぶ」となると、相手の犬に嫌がられても
遊びを要求してしまったりする事もあるのではないかと思います。

まぁ、犬の方も仔犬が相手の場合、
本気で怒る事は滅多にありませんから、
仔犬にしつこくされても、犬歯を見せて威嚇したり、
強い口調で吠えて一喝するぐらいだったりしますが、
大抵、それでも仔犬の方がしつこく絡んでくるので、
成犬の方が逃げてしまう・・なんて事も多かったりします。

そんな風に仔犬のしつこさには参ってしまうも部分もありますが、
そうした仔犬の要求に対し、
飼い主さんが拒絶するばかりではなく、
聞き入れてあげると、仔犬は嬉しくなって、
「自分は大切にされている」と感じる事ができ、
自分の中の「自信」につながって行くそうです。

だから、仔犬の「しつこさ」をマイナスに考えるのではなく、
何度も「ボール遊び」を要求されたのなら、
ボールを単調に投げるのではなく、
投げるフリをしたり、ボールを隠してみたり・・と、
飼い主さんもその中に「楽しみ」を見つけて、
一緒に遊びを共有してあげるのも良いそうです。

中には、自分の「楽しい」が分からない・・
と言う飼い主さんも居たりしますが、
そう言う時は、犬が「楽しい」と思えるように
変化を考えてあげたり、
犬をよく観察して「楽しい」と思えるポイントを
見つけてあげるのも良いと思います。

仔犬のしつこさは本当に大変だと思いますが、
それも、実は愛情の確認作業・・
飼い主さんは自分の事をどれだけ愛してくれているか?
社会は自分にとってどれだけ優しい世界なのか?
を知る為の行動かもしれませんので、
飼い主さんは大変だとは思いますが、
手をかけて育ててあげれば、あげただけ、
犬の「自己肯定感」は育って行くと思いますので、
無理の無い範囲で犬の気持ちに応えてあげるようにしてみるのも
良いと思いますし、それは、仔犬に限った事では無く、
成犬でも「愛情が欲しい」と言う要求に対しては、
全力で応えてあげるようにしてみるのが、
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫