本当の自分を知られたくない

 2017-06-27
03DSC00757.jpg

他者とのトラブルを避けよう・・
誰からも気に入られよう・・とするあまり、
誰にでも良い顔をして、
「あっちではああ言ってたのに
 こっちではこんな事を言っていた」と、
逆に信用を落としてしまう事もあるのではないかと思います。

俗に言う「八方美人」と言うヤツですが、
八方美人の人と仕事をすると、
もめごとは少ないものの仕事が深まらない・・
と言う欠点があるそうです。

仕事の内容を深める為には、
ただ単に他者に合わせていれば良い・・
と言うものではなく、ある程度の摩擦は必要だそうです。

しかし、大きな目標がある場合は、
ささいな事でもめている場合ではありませんので、
人と人との仲介役になったり、接着剤になったり・・と、
素晴らしい存在になりますので、
何事も良い面と悪い面がある・・と考えるのが良いそうです。

しかし、職場では「タテの関係」と「ヨコの関係」があり、
タテを重視すると、仲間から疎まれ、
ヨコを重視すると、上司から目をつけられたり・・と、
誰にでも好かれるのは難しいですし、
そうした時にうまく立ち回れない自分自身を責めてばかりいると
精神的に病んでしまう事もありますから注意が必要だそうです。

また、八方美人にありがちの
「他者に頼まれると嫌だと言えない・・」と言うのは
「良い格好を見せたい」と言う「見栄」から来ている事も多いのだそうです。

相手が持つ自分のイメージを自分の言動によってコントロールしたい・・
相手を「騙そう」としている部分もあるのかもしれませんが、
「自分の事を良く見せたい」と言う欲求はみんな持っていて、
特に自分にとってメリットのある人や
自分よりも高い地位にいる人との関係では、
より顕著に見られる傾向があるそうです。

しかし、強い「見栄」は「こう見られたい」と言う欲求と
「本当の自分は見られたくない」と言う不安から来ていて、
その二つの感情がもつれ合い、
他者から好かれたい・・でも本心を見せたくない・・と、
本来の自分を隠し、見栄を張って格好を付けて、
人によく見られようと頑張ってしまうのだと思いますが、
そうして、頑張った事で他者から好かれたとしても
それでは、「本当の自分を知られたら・・」
と言う恐怖を持ち続ける事になりますし、
結果、他者を信用できず、信用もしてもらえない・・
としたら寂しいと思いますので、
「ありのままの自分」を見せるようにしてみるのも
良いのではないかと思います。

これは、犬を育てる時にも言えて、
犬の為に「良い飼い主」を演じて頑張ってはいるけれど、
それは「良い飼い主」を演じているだけであって、
犬に対しても本心を見せる事はない・・

怒りたくなっても・・叱りたくなっても我慢をして、
犬を責めるよりも自分を責めてしまう・・
その結果、犬と対立や摩擦が起きる事はありませんが、
深い信頼や信用を得る事ができない場合もありますから、
本心をぶつけ、犬との対立や摩擦に怯えず、
しっかりと自分の意見を伝え、犬の気持ちを思いやりつつ、
お互いにとって、本当に暮らしやすい生活とは?
と言う事を考えてみるのも良いのでは無いかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫