「準備」と「発達」を繰り返しつつ成長して行く

 2017-06-16
08DSC00628.jpg

「成長」とか「発達」と言うと、
右肩上がりに上昇して行くイメージがありますが、
実際はそんな事はなく、最初こそグングンと伸びたものの、
大抵、途中で停滞期があって「そこでグズグズしているな・・」
と思ったら、何かのきっかけで、急に大きな成長を見せたり・・
と、上がったり、下がったりを繰り返しながら、
ゆるやかに成長して行くものと考えてみるのも
良いのではないかと思います。

また、「停滞期」と言っても悪い事では無く、
学んだ事を自分の中で考えたり、試したりしている段階・・
趣味にしろ、スポーツにしろ、
教わった事を自分のモノにする為には試行錯誤をし、
知識や経験を蓄積する必要がありますから
これから先、より大きなモノを学び、
理解する為の準備段階だと考えてあげるのが良いそうです。

その後、そうした知識や経験を糧に
めざましい成長や発達を見せてくれる「発展期」が来ると思いますが、
そうなると「もっと、教えてあげたい」とか
「もっと、できるようにさせたい」と言う
教える側の「欲」や「期待」が出てきてしまい、
教わる側が教わった事を吸収し、自分の中で消化しきる前に
「もっと、もっと」と詰め込みすぎてしまって、
より高い場所に行く為の「準備段階」が不十分になって、
次の「発展期」が迎えられないまま、長い停滞期に陥ってしまう・・
と言う事もあるそうですから、
教える側は教わる側の「今」の成長に合わせた関り方を
して行く必要があるのだそうです。

犬の場合も、ついつい、「色々とできるようにさせてあげたい」と思って、
頻繁にドッグランに連れて行ったり、
犬のトレーニングに通わせたり・・と、
「知識」や「経験」を詰め込みすぎてしまった為に犬の処理能力が追いつかず、
適切な対応ができずにパニックになってしまったり、
あるいは、犬が「準備段階」に入ってしまい、
色々とやっているワリには効果が得られない事で飼い主さんがイライラし、
「もっと頑張りなさい」と責めてしまった為に犬が萎縮してしまって自信を失い、
折角、知識や経験を自分なりに消化しても、
それを、表現する積極性が奪われてしまい「発展期」に入れない・・
と言う事もあるそうですから、
飼い主さんは焦らず、自分の教え方と自分の犬を信じて、
褒めて自信を伸ばしてあげつつ、
自分の中の「どう言う犬に育てたいか?」を常に意識し、励まし、見守り、
ゆるやかな「成長」と「発達」をサポートしてあげて行くのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫