犬の頑張りが足りない?

 2017-06-15
07DSC00859.jpg

お外で犬とボール遊びをしようと思ってボールを投げると、
途中まで追いかけては行くものの、途中で止まってしまう・・とか、
犬同士が楽しくご挨拶をしていたり、遊んでいる姿を見て、
自分の犬も近くまでは行くものの、
途中で戻ってきてしまったり、相手に自分の匂いは嗅がせないのに、
自分だけ相手の匂いを嗅いで帰ってくる・・など、
「頑張り」や「やる気」が足りない気がしてイライラしてしまう・・
と言う事もあるのではないかと思います。

犬にも生まれつきの気質があり、
何事にも積極的な子も居れば、「安全」を確認してからじゃないと
行動できない消極的な子も居たりします。

でも、「できない」とか「ダメ」な部分に注目するよりも
途中までボールを取りに行けたわけですし、
途中までご挨拶にいけたし、匂いを嗅がせる事はできないまでも
匂いを嗅ぐ事はできたのですから、
本当に消極的なワケでは無く、「行こう」と言う気持ちはあるものの、
途中で怖くなってしまっただけ・・ではないかと思います。

だから、飼い主さんは、犬の「怖い」と思う部分を
サポートしてあげるのが良いと思います。
投げたボールを追いかけるのを途中で止めてしまうのは、
飼い主さんから離れるのが怖くなってしまうからかもしれませんので、
ボールを最初から遠くに投げるのではなく、
50cmとか1mとか、短い距離から初めて、犬がボールを追いかけたら
「そうそう」とか「上手、上手」と犬の行動を肯定し、
応援してあげるのが良いと思います。

そして、ボールを持ってこれたら褒めてオヤツをあげるなどして、
最後までやりきる事にメリットを与えてあげつつ、
それが「楽しい行為」だと印象付けてあげると、
犬は「飼い主さんから離れる不安」よりも
「ボールを追いかける方が楽しい!」となって、
少しずつボールを追いかけて遠くまで行けるように
なるのではないかと思います。

犬とのご挨拶も同じで、自分の犬が相手の犬に近づいて行ったら
そこを褒めてあげるのが良いと思います。
回数を重ねて行けば、自分の犬がどの辺りで怖がるか?とか、
途中で戻ってくるか?なども分かるようになると思いますので、
犬が怖くなって戻ってくる前に飼い主さんが
犬の名前を呼んで呼び戻してあげて
オヤツを与えてみるのも良いと思います。、

犬が怖くなって戻ってきた事に対してオヤツを与えてしまうと、
犬は「頑張るよりも怖くなって戻った方が良い事がある」となって、
段々と「頑張る」よりも「怖がる」ようになってしまいますから、
犬が怖くなって戻る前に飼い主さんが犬の名前を呼んであげ、
おやつを与えてあげる事で、犬は
「怖かったけど頑張ったら飼い主さんが名前を呼んでくれておやつをくれた」
となり、より一層、頑張るようになるのではないかと思います。

「自分の犬は頑張りが足りなくてイライラしてしまう」と思ってしまうのは、
もしかすると、飼い主さんが「結果」だけを見て
判断してしまっているからかもしれません?

でも、「できた」とか「できない」だけで判断し、
褒めたり叱ったりをして行くと、結構、多いのが、
「できる事」は最初こそ褒めてはいるものの、
段々と「できて当たり前」になって犬の事を褒めなくなり、
その結果、できていた事もできなくなってしまう・・とか、
「できない事」も飼い主さんが叱るので、
犬はチャレンジするよりもその状況から逃げる事ばかりを考えるようになり、
ドンドンと「逃げ癖」がついて行ってしまって、
最終的には積極的な行動は何もしない子になってしまう事もありますから、
「できる事」を「当たり前」だとは思わずに褒めて、
犬の自信を伸ばしてあげて行くと共に
「できない事」は褒めて犬の頑張りをサポートし、
「不安」や「苦手意識」を解消させてあげて行って、
少しずつできるようにさせてあげるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫