飼い主さんとだけ一緒に居ようとする

 2017-05-31
DSC01845.jpg

犬にも色々なタイプの子が居ます。
犬同士で仲良く遊びたいと言う子もいれば、
一人で自由にしていたい・・と言う子もいますし、
みんなの輪に入りたいけれど、自信がなくて
飼い主さんの足元からジッと様子をうかがっている・・
と言う子もいます。

それぞれの行動には一長一短がありますので、
単純にどれが「良い・悪い」とか
「正解・不正解」と言ったお話ではないのですが、
飼い主さんを独占しようとして、
近づいてくる犬達を吠えて追い払おうとする・・
と言う行動を自分の犬がしているとしたら、
少し注意が必要かもしれません?

人間の子供でも特定の友達とだけ仲良くしようとして、
その子に関ろうとする子を排除しようとしたり、
その子が他の子と仲良くしようとすると怒ったり・・
と言う事はあったりします。
勿論、「特定の子と仲良くしたい」と言う気持ちは誰にでもあり、
特に珍しい事でもないのですが、
その為に「それ以外の存在を排除しようとする」となると少し問題です。。

特定の友達に強く依存してしまう子供と言うのは、
その子の親もそう言うタイプだったり、
母親が夫婦間や姑間でトラブルを抱えていたり、
親も他者と上手にかかわりが持てないタイプで、
子供の気持ちに寄り添うだけの余裕がなかったりするケースもあるそうですが、
飼い主さんもそうした理由から
自分の犬が自分に依存している事が分からなかったり、
あるいは、充分に分かった上でそれを問題視していなかったりすると
その犬は飼い主さんに強く依存したまま、
他の犬や人に興味を持てなくなってしまう事もあるみたいです。

飼い主さんの中には他の犬が自分に近寄ろうとすると
犬が嫉妬して追い払おうとする行為を見て、困りつつも少し嬉しい・・
自分の事を守ってくれているようで心強く思ってしまって強く叱れない・・
と言った事もあるのではないかと思いますし、
犬は人間の子供と違い、気に入らない子と同じ班になったり、
グループ分けであまり喋った事のない子と一緒に行動しなければならない・・
と言う事もない為、飼い主さんが少しだけ我慢したり、
他の犬と一緒に行動しないようにすれば、
自分の犬の行動の問題は見過ごせてしまうレベルになってしまうかもしれませんが、
犬の行動の問題には必ず原因があり、
それは、飼い主さんが接し方を少しだけ変えてあげれば
解決できる問題かもしれないので、
犬の行動の問題について、もう少し、前向きに考えてみるのも
良いのではないかと思います。

「誰が悪い」とか「自分が悪い」など悪者探しをして
相手を嫌ったり、自分を卑下して犬に謝ったとしても、
犬は「どうしたら良いのか?」が分かりませんので、
そこを犬と一緒に考えてあげる事が大切になってくると思います。
「犬が自分に依存しているな・・」と思ったら、
「どうして依存してしまっているのか?」と考えてみて、
もし、犬の代わりになんでもやってあげてしまっていて、
「犬は自分ひとりでは何もできない」
と言う状況を作り上げてしまっているとしたら、
黙って犬にやらせてみるようにしたり、
飼い主さん自身が消極的で行動パターンが決まってしまっていて、
犬に「新しい出会い」を与える環境を作っていないな・・と思ったら、
色々な場所に行ってみたり、犬を連れた飼い主さんに話しかけてみたり・・・
と積極的に行動してみる事で犬の世界を広げてあげるのも良いと思います。

でも、まずは犬に安心感を与えてあげられるように
犬に対して笑顔を見せてあげつつ、
優しい言葉を沢山、かけてあげて
「飼い主さんは自分の事が一番、好きで
 嫌われたり、捨てられたりする心配なんて無い」
と犬自身が思えるようにしてあげるのが良いと思います。

犬も愛情をたっぷりと貰っていれば、
他の犬が飼い主さんに近づいたとしても
それぐらいでは嫉妬をしなくなります。
ただ、飼い主さんとの関係性が薄すぎる場合も
飼い主さんに対して嫉妬をしない・・と言う事もありますから、
「嫉妬をする・しない」だけで判断するのではなく、
飼い主さんの事を見る目の輝きとか喜ぶ態度なども含めて、
犬の気持ちに寄り添うようにしてみるのも良いのではないかと思います(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫