行動は心を表す

 2017-05-27
DSC00918.jpg

犬を迎えたばかりの頃は、とにかく家に慣れて貰いたくて、
多少、犬が吠えたり、イタズラをしても大目に見て、
「安心感を与えてあげよう」としますし、
そうした接し方を続けていると犬も慣れてきて、
自分から膝に乗ってくるようになったり、
遊びを要求するようになったり、
身体をこすりつけて甘えてきたり・・と、
自分やこの家にも慣れてきてくれて嬉しいと感じたりしますが、
そうして、少し余裕が出てくると、
今度は「しつけ」の方にも目を向けたくなり、
吠えたら「ダメ!」と叱ってみたり、
イタズラやワガママな行動に対しては、
犬の身体をひっくり返して抑え付けたりして、
「してはイケナイ」と言う事を教えようとしたけれど、
それがいけなかったのか、
名前を呼んでも聞こえないフリをするようになったり、
ボール遊びをしても、すぐに止めてしまうようになったり、
抱こうとすると警戒して逃げ回ったり、
凄く緊張して身体を強張らせるようになったり・・
と、に折角、良い関係を構築していたのに、
飼い主さんの「こうであるべき」や
「こうでなければ」を犬に押し付けすぎてしまった結果、
関係性が悪くなってしまった・・
と言う事も多いみたいです。

では、良い関係性を維持する為にはどうしたら良いのでしょう?
実は自分の行動に対して犬が嬉しがったり、
喜んでくれた行動を思い出してみるのも良いそうです。

オヤツをあげたら喜んでくれた
優しく身体を撫でてあげたら楽しそうに尻尾を振った
犬が芝生を駆け回っている所を「凄い、凄い」と言っていたら
嬉しそうにしてさらに走り回った・・など、
些細な事で良いので、そうした「具体的な行動」を
続けて行く事が大切になって来るそうです。

犬の「しつけ」を考えるようになると、
どうしても犬の「悪い行動」ばかりが目に付いてしまい、
「叱り」や「注意」が増えてしまって、
犬が喜んだり、嬉しがったりする事をしなくなってしまったり、
するとしても、犬が何か良い事をした時の
「ご褒美」や「見返り」として行うだけで、
犬との良好な関係性よりも「しつけ」となってしまう事も
多いですから注意が必要です。

名前を呼んでも来ない・・
飼い主との遊びに対して消極的・・
抱っこをしようとすると逃げる・・固まる・・
犬のそうした姿を見ると、
飼い主さんも「優しくしてあげよう」と思いますが、
犬が吠えたり、イタズラをしたり、ワガママな態度をしたりすると、
つい、同じように叱ってしまったり、
力で抑え付けようとしてしまう事は多いです。
でも、それは、頭の中で「優しくしてあげよう」と思っているだけで、
「こう言う時はこうしよう」と言った「具体的に行動」を考えていなかったり、
実行しようとしてはいない為、
結局、同じ事を繰り返してしまう事は多いみたいです。

犬の「心」や「気持ち」を見る事はできませんが、
犬の「行動」から「気持ち」を察してあげたり、
考えを読み取る事はできるそうです。
そして、それは人間も同じで
その人の「気持ち」や「考え」、「判断」は
「行動」として表されるそうですから
いくら「優しくしよう」と思っていても、
そこに「行動」が伴わなければ
その気持ちは本物とは言えないかも・・

結局、犬の気持ちよりも世間体・・
犬の気持ちよりも自分の中の「こうして欲しい」や
「こうでなければ」を優先させてしまっているから
飼い主さんの行動は変わらない・・
そして、飼い主さんが自分の事ばかりを考えていれば、
犬もまた、そんな飼い主さんの為に良い行動をしよう・・
とは考えないので、、
犬に優しくなって欲しいのなら、
まず、飼い主さんが犬に対して優しく接するようにしてみる・・
自分が喜ぶような行動をして欲しいのなら、
まず、飼い主さんが犬が喜ぶような・・
嬉しがるような行動をし続けてみる・・
と言うのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫