状況によって使い分ける

 2017-05-24
05P1070156.jpg

物事に対し「勝ち」か「負け」か?
自分と相手とどっちが上か下か?と、
常に「勝ち負け」や「上下」で考えてしまう人も
多かったりします。

「勝ち負け」や「上下」で考えてしまいがちな人は
上昇志向が強く、自分を常に追い込んでいたり、
逆に「自分は価値の低い人間です」と
、誰に対しても腰が低く、
何を言われても我慢してしまう人も多いと思います。

しかし、上昇志向が強く、
自分を常に追い込んでしまっている為に「余裕」がなく、
「自分よりも下」だと思っている相手に意見されたり、
責められたりすると「絶対に譲れない」となって
大喧嘩をしてしまったり、自分を基準にして、
他者にも同じように「頑張る事」を求めてしまう為、
たいして教えもせずに結果だけを求めてしまったり・・
と言う事もありますし、
誰に対しても腰が低いと言う人も腰が低いワリには
実は誰に対しても心を開いてはおらず、
勝ち負けが絡むと物凄く熱くなって、
闘争心をむき出しにしてきたりするので、
「この人、実は全く腰が低くないぞ?」と
警戒されてしまったりする事もあると思います。

本人はその事を実は凄く気にしていたりするのだけれど、
「他者に頼るのは負け」だと思っていたり、
他者を信用する事ができない為、
誰にも相談をする事ができず・・
そのうち、上昇志向に突き動かされて、
上を目指さずにはいられなくなるので、
つい、足元がおろそかになって、
同じ失敗を繰り返してしまう・・
と言う事もあるみたいですが、
そんな風に何事も「良い面」もあれば
「悪い面」もあると思いますので、
自分の過去を思い出して、
自分の行動が良い結果になった事と
悪い結果になった事をまず、書き出してみる・・
と言うのも良いそうです。

上昇志向が強く、自分を常に追い込んだ結果、
色々な事が分かったり、できるようになり、
職場で周りの人から頼られる存在になった・・
と言うのは良い面だと思いますし、
逆に自分よりも下だと思える相手だと、
つい、ムキになってしまい、
その後の人間関係が気まずくなってしまう経験が多いのならば、
そう言う時にはどうしたら良いか?と考えてみるのも良いと思います。

そんな風に問題を後回しにするのではなく、
自分の思考の習慣を再認識し、問題点をあげる事で、
はじめて、次の段階に進む事ができるそうです。

勿論、「喧嘩をしないように」と、黙って我慢しろと言う事ではありません。
相手を怒らせる事もなく、自分の気持ちを伝え、
相手の意見を聞いて、お互いにとっての「どうすれば?」を
考えられるような対応を考えておく・・と言う事です。

つまり、「勝ち負け」や「上下」の思考が悪いと言う事では無く、
その場、その場で使い分ける事が大切だと言う事だそうです。

「自分を高めたい」と言う為にライバルを決めたり、
上の存在を目標にするのも良いと思います。
でも、自分の劣等感や卑屈さから目を反らす為・・・
負ける事や自分が相手よりも下の立場になる恐怖から逃げる為に
「なんとしても勝たなければ・・」と言うのでは、
自分の中の劣等感や卑屈さと向き合えてはいない・・
と言う事だそうですから
そこでいくら勝ったとしても「ひと時の安心感」を得るだけで、
本当の自信にはつながらず、
同じ事の繰り返しになってしまいかねないので、
本当の意味で自分を高める為にも
「なんでムキになってしまうのか?」
「上下や勝ち負けにこだわり過ぎるのは何故か?」と言う部分を考えてみて、
次の機会の行動の変化につなげてみるのも良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫