思考を変え、行動を変えてみる

 2017-05-23
03P1070012.jpg

人間、誰しも「長所」と「短所」があります。
でも、それ自体は「良い」とか「悪い」と言う事では無く、
物事の見方によって良くも悪くもなる・・
と考えてみるのが良いそうです。

「頑固」と言う言葉も聞こえは悪いですが
「信念」を持っていて「妥協」の無い行動ができるとも言えますし、
逆に「飽きっぽい」と言うのも一つの考えに固執せず、
すぐに次に行動に移れるわけですから、
ある意味、決断力や行動力があると言えると思います。

そんな風に物事を違う面から考えてみる事を
「リフレーム」と言うそうです。

悪い事や嫌な事があった時も
視点を変えて「起きた事」を見直してみる事で
悪い結果も必ずしも悪い結果ではない。と言う「意味」を
持たせてあげられるので、
前向きに歩いていけると言う利点があるそうです。

例えば、仕事が忙しくて他の人に頼み事をしたら
「俺だって凄く忙しいのにさ~ 困るんだよね~」
と嫌味を言われてしまった・・
そんな時、「頼まなければ良かった」と
気持ちが滅入ってしまいがちですが、
でも、その人は「忙しい」と言いながらも引き受けてくれたし、
きちんと自分の気持ちや考えをこちらに伝えてくれている・・
黙って引き受けて陰で悪口を言われるよりも、
そっちの方が相手も「コミュニケーションをしよう」と
してくれているのだからありがたいと思いますし、
ただ、次からはこちらもお願いをする時は
お願いの仕方を気をつけよう・・と、
「リフレーム」を使う事で、
「失敗したからもう関るのは止めよう」とはならず、
「次はどうしたら?」と前向きな気持ちになれるのですから
「リフレーム」の思考習慣を身につける事は
凄く役立つのではないかと思います。

ただ、重要な点としては、頭で考えているだけではなく、
きちんと「行動」に移す事だそうです。

人間関係でトラブルが起きた時、
相手の言葉が痛かったとしても、
それで自分の行動の間違いや欠点に気づけた・・
代償は高かったけど、得るものはあった。
そう思っても、それで自分の行動を変えなければ
同じ事の繰り返しになってしまいます。

犬を連れて歩いている時、
吠えたり、吠えられたりして、
相手の飼い主さんとの雰囲気が悪くなったけど、
あの犬と会うとうちの犬も吠えちゃう事が分かった・・
でも、だからと言って何の対策も取らず、
ただただ、会わない事を願うだけ・・
では、なんの解決にもなりませんから、
「次に会った時にどうしたら良いか?」を考え、
「その行動をしよう」と心構えをしておく事は大切だと思います。

犬を見つけたら、道を変えて少し距離を離しつつ、
自分の犬が吠える前にオヤツを食べさせて気を反らず・・
とか、逆に相手の子と一緒におやつを食べさせて
少しずつ相手の子に慣れて貰い、
「一緒に居るとオヤツが貰える」と、
悪いイメージを良いイメージに変えてみる・・など、
飼い主さんが「行動」を変化させてみる事で、
犬の中の「価値観」や「先入観」も変わって行くと思いますし、
犬の行動も変わってくると思いますので、
「この時はこうした行動をする」と決めてから
お散歩に行ってみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫