2017年4年15日の「ハグアニマルズ」02

 2017-04-29
27aDSC01030.jpg
その後はsideWANさんのメンバーで
軽くお散歩練習をする事にしました。


ちょっと風が強いです(^^;


お昼ぐらいまでは犬も多かったのですが、
風が強くなってしまったからか、
あまり出会う事ができませんでした・・





28aaDSC00270.jpg
まったり

28aDSC01050.jpg
「犬が苦手で近寄ろうとしない・・」と言う時、
最初はオヤツを使って
無理の無い範囲で犬を誘導してあげたり、
他の子と一緒にオヤツを食べさせたり・・と、
「他の犬が居た方が良い事がある」と言うイメージを
持たせてあげる事は大切ですし、
犬が頑張った時に、すかさずオヤツをあげて、
頑張りを肯定してあげる事も大切だそうです。

28bDSC01058.jpg

30DSC01114.jpg

33DSC01209.jpg

お散歩中、つい、他の犬ばかりを見てしまったり、
他の人に話かけられた事で、
つい、話に夢中になってしまう事がありますが、
そのせいで犬がつまらなくなってしまったり、
犬がSOSを出しているのに飼い主さんが話に夢中で気づかず、
結果として、吠えさせてしまう・・と言う事もありますから、、
自分の犬をきちんと見てあげられているかどうか?
見ないまでも意識は向けてあげられているかどうか?
と言う部分はとても大切になってくると思います。

勿論、だからと言って、自分の犬ばかりを見てしまっていると、
周りの状況が掴めず、相手の犬が近寄ってきていても
気づかずに対応が遅れてしまい、
結果として犬をビックリさせて吠えさせてしまう事もありますから、
自分の犬を意識しつつ、周りにも目を配る・・
と言う事を少しずつ意識してみるのも良いと思います。

あと、自分の犬が「犬が苦手」だからと言って、
避けてばかりいて経験のチャンスを与えなければ、
犬はいつまでも成長できませんし、
だからと言って無理強いをしては嫌な印象を与えてしまい、
逆効果になる事もあると思いますから、
自分の犬を見て「どのくらいだったら大丈夫か?」
と言う部分を見極めるスキルが重要になってくると思いますし、
その為にも「カーミングシグナル」を学ぶ事は重要であり、
犬の表情の読み取りが必要になってくると思います。

「失敗させない為」と言うのも大切ですが、
大丈夫なギリギリのラインを見極め、
犬が「大丈夫だった」と思えるラインを更新させてあげる為にも
「成長のサポート」を考えてあげる・・
と言うのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :おでかけ トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫