「調和」の力を育てる

 2017-04-07
DSC04594.jpg

犬同士の友達関係がうまく行かない・・と言う場合、
「小さい頃、犬に会わせてこなかった・・」とか、
「吠えてしまうので犬を見ると逃げていた・・」など、
コミュニケーションに対する経験不足が原因だったりするケースも多いのですが、
犬と会わせる機会が多いにもかかわらず、
犬同士の関係がうまく行かない・・と言う場合、
「調和」について考えてみるのも良いのではないかと思います。

人間の子供同士の遊びにおいても「調和」はとても大切になってきます。
お互いに「楽しく遊びたい」と思っても、
ルールを守らなければ「遊び」は成立しませんし、
自分勝手な行動をしていれば嫌われてしまいます。
勝ち負けにこだわり過ぎたり、
自分だけが得をしようとしたりしていれば、
疎まれて仲間外れにされてしまう・・

これは犬同士の遊びでも同じだと思います。
自分の犬が遊びたいと思っていても、
犬同士の遊びがうまく行かない場合、
どちらかが犬が相手に対して要求吠えをしていたり、
相手の匂いをしつこく嗅ごうとしていたり、
あるいは、マウンティングをし続けようとしていたり・・と、
自己中心的な遊びをしている事は多かったりします。

でも、それは「犬同士の関係性」の前段階の問題・・
「親子関係」において、何かしらの問題があるから・・
と言う事も多かったりするそうです。

人間は自分が優しくされていないと他者に優しくする事ができない
と言われていますが、
「調和」も自分に対して調和をしてくれる人が居なければ、
他者に調和をする事はできないそうです。

なので、犬に「調和」の力を育てていってあげる為には、
まず、飼い主さんが犬に対して
「調和」をしてあげる必要があるそうですが、
では、どうやって「調和」の力を育ててあげるか?と言いますと、
まずは、犬の行動を飼い主さんが真似してみる・・
と言うのも良いそうです。

フランスの精神科医、発達心理学者アンリ・ワロンは、
人間がどうやって「自己」を確立して行くか?について研究した所、
乳児期の赤ちゃんの行動に注目したそうです。

生後1~2ヶ月の赤ちゃんは、
母親が赤ちゃんに対して微笑むと赤ちゃんも微笑みを返すそうですが、
これが「他者の心に対する共鳴や共感の始まり」だと説いているそうです。
つまり、「調和」の力を育てて行く為の最初の一歩は、
優しく笑いかけてあげる事だそうであり、
それは、犬に対しても同じだと思います。

飼い主さんの「微笑み」の中にあるプラスの感情を感じ取ると犬は嬉しくなりますし、
犬が嬉しそうに振舞っていると飼い主さんもより、嬉しくなる・・
そうした「笑顔の交換」から始まり、
さらに深い「心の交流」へとつなげて行くのが良いと思いますが、
段々と飼い主さんの「こうであるべき」や
「こうでなければ」と言う気持ちが先走ってしまうと、
「調和」を乱す原因となってしまう事も多いですから注意が必要です。

他の飼い主さんとの「優劣」や「勝ち負け」を意識し、
「ああしなさい」とか「こうしなさい」と、
犬に対して自分勝手な要求ばかりをしていれば、
犬に嫌われてしまいますし、
飼い主さんが自分の中の「不安」や「心配」ばかりを見て、
なんでもかんでも犬の代わりにやってあげて何もさせない・・
と言うのも犬の事を考えているようで
自分の事ばかりを考えているのかもしれません?

飼い主さんが自分勝手に行動をしていれば、
犬もまた、自分勝手に行動をするようになる・・
「自分に調和をしてくれる人が居なければ、
 他者に調和をする力は育たない」
と言うのはそう言う事だと思います。

飼い主であっても「ルール」を守り、
干渉しすぎる事は止めるようにしてみる・・
ーとは言え、それだけでは、
犬同士の遊びは成立しないかもしれません?
子供同士の遊びには少し年上のお兄さんやお姉さんのサポートが必要なように、
犬同士が遊べるようになる為にも日常の接し方の見直しや犬同士の遊びの見守り・・
遊び上手な犬に協力して貰ったり・・と、
一定の指導やサポートを考えてあげてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫