「遊び」のイメージ

 2017-04-06
DSC00824_20170406150647547.jpg

皆さんは「遊び」について、どのようなイメージを持たれていますか?

「気分転換」の意味だったり「スポーツ」のイメージだったり・・
みんなと楽しくはしゃぐ・・と言う「快楽」のイメージだったり、
あるいは、「くだらない」とか「いい歳をして」と言うような
マイナスのイメージを持たれている方も居て、
どちらかと言うと「遊び」は仕事などの現実からの
「逃避」と言うイメージがあったりするのかもしれません?

だからなのか、子供が遊んでばかりいると
「勉強をしたくないからね」と、つい、叱ってしまったりもしますが、
大人の遊びと子供の遊びは違う意味を持っているそうですから、
大人のイメージだけで「遊び」を否定してしまうと、
子供の成長を阻害してしまう事もあるそうですから注意が必要です。

勿論、子供の「遊び」の中にも
「快楽」や「逃避」的な意味もあると思います。
でも、子供の遊びをよくよく見てみると、
自ら、苦痛や困難を積極的に背負おうとしている事は多かったりするそうです。

「積み木」で遊んでいる時、「できる事だけ」をやろうとはせずに
より大きく、より複雑なモノを作ろうとしますし、
ブランコに乗れば、より高く・・より速く・・と挑戦します。

友達と一緒の時などは競い合ってより高い所に登ったり、
高い所から飛び降りたり・・・と、
どうして子供は遊びの中に苦痛や困難を背負おうとするのか?
自分で作ったルールをより厳しいものにして、
困難な条件にチャレンジしようとするのか?

それは「発達」と言う衝動があるからだと言われています。

同じ「遊び」を繰り返しているように見えても、
実は昨日よりも上手になろうとしていたりしますし、
一回目よりも二回目・・二回目よりも三回目・・と、
より上達しようと励んでいる・・
だから、子供の「遊び」を「下らない」としてしまうのは、
凄く凄く勿体無いのです。

そして、それは、犬も同じだと思います。
犬同士の遊び・・飼い主さんとの遊び・・
勿論、一人遊びをしている時でも、
より、「発達」しようと頑張っている・・

勿論、階段を登るように順調に発達できるワケではなく、
同じ失敗を何度も何度も繰り返したり、
同じ事を何度も何度も要求されたりもして、
とても考えているようには見えないかもしれませんが、
同じ状況下で同じ事を何度も何度も繰り返す中で納得し、
失敗に気づき、どうしたら良いか?
と先に進む事ができるようになると言うのは
ある意味で科学の実験・・科学者の研究に近いかもしれません?

逆に言うと、同じ事を繰り返さないと
先の段階には進めないと言う事かもしれませんので、
犬が失敗するから・・と、たったの一回でダメだと決め付けるのではなく、
何回も何回も失敗をさせる中で、犬が何を考え、
どう判断し、どう行動するか?を見守ってあげるのも
良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫