心に順位をつけない

 2017-03-15
01DSC00036_201703152127368fd.jpg

「飼い主なんだから、犬の事を一番に考えるべき・・」
なんて意識をしていなくても常に犬の事を優先し、
一生懸命に犬を育てている飼い主さんは本当に多いです。

買い物に行っても、犬が喜びそうなモノばかりを探してしまったり、
「良い子にしているだろうか?」と心配になって、
自分の買い物もそこそこにして帰ってしまったり・・

そうして、自分の事よりも犬の事を考えてしまうのは大切な事ですし、
優しさや愛情があるからこそだと思いますが、
あまりにも「犬中心」になり過ぎてしまっていて、
飼い主さんが自分自身の事をないがしろにしてしまっている場合。
ちょっと注意が必要かもしれません?

人間は「承認欲求」がありますから誰かに認められたい・・
必要とされたい、愛されたい・・と欲します。

だから、自分が愛されたい・・必要とされたいが為に、
ついつい、頑張ってしまったりもしますが、
自分が「愛情を充分に感じられるかどうか?」と言うのは、
「相手が愛で満たしてくれたら感じる事ができるハズ」
と言うのではなく、、
自分自身が愛を感じる事ができるかどうか?
で決まってくるのだそうです。

つまり、自らの満たされない気持ちを
犬に満たして貰う事を考えるのではなく、
「自分が今、犬と一緒に居て楽しいかどうか?」で考え、
「楽しい」と感じられたのなら、
それを素直な気持ちで伝えてあげるのが良いと思います。

でも、自分の心が疲れている時や気持ちに余裕が無い時は、
犬と一緒に居ても「楽しい」とか「嬉しい」とは思えないかもしれません?
でも、だからと言って、そんな風に思ってしまう自分を否定するのではなく、
「私は今、疲れていて余裕が無いんだな・・」と、
ありのままの自分の気持ちを受け入れてみれば良いと思います。

自分が疲れている時に無理をしても、
犬との関係性にも悪影響を及ぼしてしまうと思ったら、
犬をクレートに入れて自分の時間を作ったり、
お友達に数時間だけ預かって貰う・・と言うのも良いと思います。

飼い主さんが自分の心や気持ちを大切に扱うよりも
犬の為に我慢して心に蓋をしてしまっていると、
「嬉しい」とか「悲しい」とか
「悔しい」と言った心の動きに鈍感になってしまい、
結果、犬の「嬉しい」や「悲しい」、
「悔しい」にも気づいてあげられなくなったり、
犬の気持ちに共感する事が難しくなってしまい、
犬との関係性が希薄になってしまう事もありますから、
「犬中心」になり過ぎるのは止めて、
自分の気持ちを大切に扱ってあげるようにする。

また、「大切な犬の為だから自分の心はいつも二の次」と言う風に
「順位をつけて心を扱う」と言う思考だと、
多頭飼いをはじめた時、犬の間に順位をつけて、
特定の犬にばかり我慢させてしまったり、
あるいは、自分の子供が産まれ途端、
一番だった犬は子供の次に降格され、
これまでの自分と同じように犬に対しても、
常に「我慢しなさい」と心に蓋をさせてしまうような
接し方をしてしまう事もありますので、
心を大切に扱う為にも順位をつけない・・
つまり、飼い主さんも自分の心を大切に扱う習慣を持つ事が
多くの心を扱う事になった時、
大切になってくるのではないかと思います。

それまで、「可愛い、可愛い」となんでも一番に扱われていたのに、
より大切なものが出来た途端、
「我慢するのが当たり前」と言われても犬には分かりませんし、
分からせようとするのも違うと思います。

でも、人間のきょうだい間でも、
「お姉ちゃんなんだから・・」とか
「お姉ちゃんは優秀なんだから・・」と、
我慢ばかりさせられてきたりすると、
つい、自分の心に蓋をしてして我慢してしまう事はあると思います。
でも、そうして、あまりにも片寄った扱いを受け続けていると、
心が屈折してしまったりもしますから
誰かの心は勿論、自分の心も二の次にするのではなく、
その時、その時で「常に一番、大切」と言う気持ちと対応で
接してあげるようにしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
くろックCute DC01

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム