待つ事を重視した育て方

 2017-03-07
03DSC08701.jpg

犬とお散歩に行く時、
犬が興奮して部屋の中を駆け回るので
首輪や胴輪を着ける事ができない・・
と言う時、あなたならどうしますか?

(1)犬が落ち着けるまで待つ

(2)待ってあげたいけど時間が無いので、
   犬を捕まえて無理やり装着する

多くの場合、犬を捕まえて
首輪や胴輪をつけてしまうと思いますが、
そうすると、犬は
「お散歩に行く為に落ち着こう」と言う気持ちにはなりませんし、
その努力をする事もありませんから、
今後もお散歩に行く度に興奮した犬を捕まえる・・
と言う事を繰り返すようになってしまうかもしれません?

でも、そんな風に飼い主さんの都合だったり、
焦りや苛立ち・・
「自分がやった方が早い」とか
「犬にできるはずが無い」と言う”決め付け”から、
「犬ができるようになるまで待つ」
と言う事をしてあげられない事も多かったりするそうです。

人間の子供も少し成長すると、
自分で服を着たがるようになるそうです。
でも、子供にやらせても時間がかかるし、
間違ったり、失敗する事もあるので、
ついつい、親が代わりにやってあげてしまったりしますが、
それにより、子供の中の
「自分でやってみたい」と言う意欲は失われてしまう事も・・

親の中の「まだできないの?」とか「早くして欲しいのに」と言う
気持ちは口に出さなくても、表情やしぐさなどに出ますから、
折角、子供の中に「自分でやってみたい・・」と言うチャレンジの気持ちや
「できる所を見て褒めて貰いたい・・」と言う気持ちが生まれたとしても、
それを敏感に子供は感じてしまい、
「頑張らない方が良いんだ」と積極性を失ってしまうとしたら、
それは、凄く勿体無い事であり、
犬を育てる時も飼い主さんの中の焦りや苛立ち・・
「できるはずが無い」と言う決め付けが犬の意欲を失わせて
しまっている事も多いですから、
まずは、他の犬と比べるなど「比較」を止め、
例え失敗しても結果で判断せずにチャレンジした気持ちを褒めて、
何回でも何回でも犬が分かりやすいように教えてあげるなど、
「教えて待つ」と言う事と、待ってやらせてみて、
犬が理解していない所を教え、また、待つ・・
と言う事を大切にしてみるのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫