犬の「試し行動」

 2017-01-12
02DSC00337.jpg

犬を撫でていたら、突然、噛み付かれた・・
犬と楽しく遊んでいる最中、突然、犬が咥えていたおもちゃを
床に落としてこちらを見つめてきた・・
いつもだったらすぐに入るはずなのに、
急にハウスに入りたくないと拒絶しだした・・
わかっているハズなのに、
全く関係の無い所に排泄をした・・

など、いつもとは違う反応を犬が見せた時、
飼い主さんは
「身体の調子が悪いのかな?」とか、
「何か嫌な事があったのかな?」とか、
「私が嫌な事をしてしまったからかな?」とか、
「反抗?」と考えてしまいますが、
そうして、わざと飼い主さんを困らせるような行動を取る事で
自分への愛情を図る事を「試し行動」と言うのだそうです。

人間の子供でも、2歳くらいになると、
物を投げたり、泣き叫んだり、かみついたり、
度を越えたワガママを言ったりするそうですが、
前にも注意されていて「分かっているハズなのに」と思われる事を
ママの顔を見ながらアピールをするようにあえてする・・
と言うのが「試し行動」のポイントだそうですが、
これは、わざと困らせるような事をして、
自分の事をどの程度まで受け止めてくれるのか?
を探っているのだそうです。

特に虐待を受けていたりして、親や大人を信頼していない子供ほど、
こうした傾向が強く見られるそうですが、
「試し行動」は年齢を重ねて行けば自然と消滅すると言う事では無く、
親の愛情が確認できるまで形を変えて
何度でも行われるそうですから注意が必要だそうです。

犬の場合も保護犬の子に
人間に対する「試し行動」が見られるケースは多いように感じますが、
普通に愛情を受けて育っていると思われる家庭犬でも、
こうした「試し行動」は普通に行われますので、
「ウチは虐待をしていないから・・」と言うよりは、
飼い主さんの愛情表現はしっかりと犬に伝わっているか?
飼い主さんが犬に対して感情的に怒ってばかりはしていないか?
あるいは、飼い主さんが自分の不安ばかりを見てしまっていて、
犬の気持ちを二の次にしてしまってはいないか?
周りに翻弄され過ぎて、犬に対して言っている事が
毎回、違ったりはしていないか?など、
犬の「試し行動」が見られた時は、
犬に何か不信感を与えてしまっているような接し方をしてはいないか?
と振り返ってみる事も大切だと思います。

特に注意なのが、
飼い主さんが周囲の人達に対し、
「私はきちんとした飼い主です」とアピールしたいが為に
自分の犬を頑張らせ過ぎた結果、
「飼い主さんは自分の事ばっかり・・」と、
犬からの信頼を失ってしまう事ですが、
そう言う場合は、犬に対して
「誰よりも何よりもあなたの事が大好きよ」としっかりと伝え、
自分自身、心の底からそう思う事が重要だそうです。
また、犬が「試し行動」をした事で飼い主さんが強く動揺してしまい、
犬が「してはいけない」と分かっている事を飼い主さんの顔を見ながら
あえてやったにも関らず、それを叱らずに受け入れてしまって、
結果、「ルール」があってないようなモノになってしまい、
ぐだぐだであいまいな関係になり、
犬は「飼い主さんは自分に対して関心がないんだ」と、
怒りもしなければ褒めもしない・・
何も教えてくれない無関心な飼い主さんと言う認識を持ってしまって、
犬もまた、飼い主さんに対して
「無関心」になってしまう事は本当に多いですから、
「ダメな事はダメ」としっかりと伝える事が、
実は信頼関係の構築につながって行くと思います。

ただ、「試し行動」の根本的な原因は
「寂しさ」であり「愛情確認」です。
だから、単に叱れば良いと言う事ではないですし、
そもそもにおいて、犬が「試し行動」をしても
「あ~、試されてるな~」と思うだけで
具体的な行動を何もしないと言う飼い主さんも多いですから、
まずは、どうして「試し行動」をしたのか?
犬の気持ちを考えてあげて、
飼い主さんが何かしらの「行動」をとってみる事も
大切なのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫