クレートの中での排泄アピール

 2016-12-07
07DSC06415.jpg 
うちで預かっている仔犬君・・
昨日からクレートの中で排泄をしてしまっていました。
長時間、クレートに入れているワケでもないのにどうしたのだろう?
と、お腹の調子を心配したのですが、
どうやら、排泄アピールだったみたいです。

排泄アピールの理由は色々と考えられますが、
一番の理由として考えられるのは、
僕とのコミュニケーションが楽しくなったから・・
ではないかと思います。

撫でたり、プレイパウごっこをしてジャレたり、
コマンドをしたり、お散歩に行ったり・・
それが楽しくて、どうにかクレートから出て遊びたいけど、
吠えると別の部屋に連れて行かれてしばらく放置されてしまうので、
次に考えた方法が「排泄アピール」なのではないかと思います。

クレートの中で排泄をしてしまうなら
クレートなんて使わなければ良い・・
と言う意見もあるでしょうけど、
災害があって避難所に行った時、
クレートの中に居て貰わなければならないのに、
「外に出たいから」と排泄アピールをされ続けられても困りますので、
今のうちから排泄アピールには応えない・・
と言う風にしようと思います。

勿論、クレートの中は安全で安心としなければなりませんから、
叱ったりはしませんが、
排泄アピールをした事に対してメリットを与えないように気をつけつつ
クレートの中に入れたタオルやシートだけを静かに取り替えて無視・・
と言う対応をしてみる事にします。

無視(消去)を使うと、こちらの気を引きたくて、
一時的に排泄アピールが強まる可能性もありますが、
それでも、何も良い事が起きない・・
あるいは、タオルとシートを取り替えたあと、
一人だけ静かに他の部屋に移される・・と言うデメリットがあれば、
段々と排泄アピールはしなくなって行くのではないかと思います。

まぁ、排泄アピール自体は困りモノですが、
逆に言うと、こちらを動かそうとする知恵が出てきた・・
と言えるのではないかと思います。

今までは自分の感情のおもむくまま・・
こちらの行動に反応して喜んだり、悲しんだりしていた子が、
自分の欲求の為に人間を動かそうとしてきたのですから
物凄い成長を感じます。
また、こちらの反応を考えるようになった・・
未来を予測して自分の行動を変えられるようになった・・
と言う事は、こちも教え方次第によっては、
この子の行動に変化を与えられるようになった・・
と言う事だと思いますから
犬の「こうしたい」を聴きつつ、
こちらの「こうして欲しい」を聴いて貰うようにしたいと思います。

そんな双方向のコミュニケーションができるのが
「犬」と言う存在の素晴らしさだと思いますから、
お互いに気持ち良く暮らして行く為にはどうしたら良いか?
を一緒に考えて行きたいと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫