モチベーションの維持

 2016-12-06
06DSC06113.jpg 
「犬の心を育てる」と言う事は分かっていても、
日々の生活が忙しかったり、
「これまでの習慣」が抜けなかったりして、
最初は頑張るものの、中々、続けられない・・
と言う飼い主さんも多いのではないかと思います。

では、どうすれば続けられるか?
自分を変えていけるか?と言いますと、
やはり「モチベーションの維持」が
重要になってくるのではないかと思います。

「モチベーション」を維持して行く為には、
「外発的な動機付け」と「内発的な動機付け」が必要です。
「外発的な動機付け」とは、自分の頑張りに対し、
他の飼い主さんから「犬が良くなりましたね」とか
「凄いですね」など「周囲の良い評価を得る」と言った、
外から得られる喜び(報酬)が行動の動機付けとなるケースを言い、
「内発的な動機付け」は「犬の笑顔が増えた気がして嬉しい」とか
「犬の気持ちが分かるのが楽しい」など、
内面的な喜び(報酬)が動機付けとなるケースを言うそうです。

飼い主さんが犬の行動の問題の改善に頑張る場合、
周囲の人の評価を良くしたい・・
他の人に迷惑をかけたくない・・など、
内発的な動機付けのようでいて、
実は世間の目を気にしたしつけ・・
「外発的な動機付け」で行う事は多いと思いますが、
長期的なモチベーションを維持して行く為には、
その行動自体が楽しく無ければならない・・
つまり、基準が曖昧な「誰かの評価を得る為には?」よりも
「自分が楽しい」と言う評価を得る為にはどうしたら良いか?
を考えて行く事が大切になってくるそうです。

その為にも、まずは「自分がどうなったら楽しいか?」とか
「どうなったら嬉しいか?」を考えてみる・・

それが「目標」になると思います。
しかし、「遠い目標」は中々、達成できず、
「やっていて楽しい」と思えるだけの動機付けとしては弱いので、
目標に辿り着くまでに必要な事を段階分けし、
できそうな事から始めてみるのも良いそうです。

お散歩中、犬が吠えてしまうなら、
吠えずにガマンできるようにサポートをしつつ、
10回中、1回でも吠えなかったらOKとする。など、
最初から完璧を目指さずに
できる事を少しずつ増やして行くのが良いと思います。

しかし、モチベーション維持で難しいのは
「やらない理由」をつい、見つけてしまう・・
と言う事かもしれません?

「どうせ、自分にはできるハズがない」とか
「犬が悪い」とか「忙しい」とか「今日は疲れてるから」とか、
「面白くない」など、自分の頑張りを妨害するのは、
意外と自分自身だったりしますので、
「やらない理由」に心を奪われないようにしつつ、
「やらない理由」以上の「やる理由」を見つけて紙に書き、
それを部屋に貼っておく・・と言うのも良いのではないかと思います。

「犬の心を育てる」・・
凄くステキな事だとは思いますが、
それが「義務」や「責任」となってしまうと苦しくなってしまいますから、
いかに楽しんで取り組むか?
そこを考えて行く事が大切になってくるのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫