お散歩中の吠え

 2016-12-03
03DSC06010.jpg 
今、少しの間だけ仔犬を預かっているのですが、
その仔犬と言うのが仔犬らしい仔犬で結構、大変なのですが、
スラムダンクの安西先生じゃないけど、
一日、一日と、成長がはっきり見てとれると言うのは、
この上もない楽しみなので、
大変ながらも楽しく一緒に暮らしています。

ちなみにこの子はお散歩にあまり行ってなかったみたいで、
最初に近所のお散歩に行った時は、
怖がって歩かないぐらいでした・・

でも、それは「過去に怖い思いをしたから」と言う事ではなく、
知らない事・・初めての事に対する恐怖だったので、
少し歩いて「怖い事は何も起こらない」と分かると、
途端に自分から歩き出したりするので、
その辺は仔犬らしいと思いました(笑)

ただ、「人を見ると吠える」と言うのは困りますね・・
飼い主さんのお悩み相談でも多いのが、
「お散歩中の吠え」だったりしますが、
吠える理由は様々なものの、この子の場合は、
あきらかに「不安」から来る吠えだったので、
「不安を取り除く」と言う事を考えてあげる事にしました。

勿論、「不安を取り除く」と言っても簡単ではありません・・
いくら僕が「大丈夫だよ」と言っても、
この子が「大丈夫」だと思わなければ意味がありませんし、
「怖いなら人の居ない時間帯にお散歩に行こうか?」と、
人を避けてしまっても、結果として
「人は大丈夫」と言う事を学び落としてしまいますので、
優しさが「大丈夫だった」と言う経験の機会を
奪ってしまう事にもなりかねないので注意が必要です。

そんなワケで、とりあえず、人を見て吠えても良いから
沢山、すれ違ってみるようにしてみました。

勿論、犬任せにしてしまうと、
この子の負担が大きくなってしまいますので、
向こうから来る人を見すぎて怖さを増幅させないように
名前を呼んで振り向かせたり、オヤツで緊張を解いたり、
向こうから来る人と犬の間に入って視界を遮ったりと
サポートはしてあげましたが、その甲斐があってか
「人を見ても吠えない」と言うケースも増えてきました。

吠えずにスルーした時はオヤツをあげて「よくできたね」と褒め、
それが正解の行動だと教えていますが、
まだ、急に話しかけられたりすると、
ビックリして声が出てしまうので、
今後はその辺も含めてやって行こうかな?と思っています。

どうしても「他人に迷惑をかけてはいけない」とか
「他人に不快な想いをさせてはいけない」と言う気持ちが強いと、
お散歩も人を避けがちになってしまいますが、
「緊張する場面」で緊張しなくなる為には、
何度も何度も同じ場面を経験するしかないそうですから、
飼い主さんがサポートをしてあげつつ、
犬自身が「なんだ、怖く無いじゃん」と気づけるように
「大丈夫」と言う経験を積ませてあげる・・
と言うのも良いのではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫