いつの間にか甘やかしてしまっている事も・・

 2016-11-08
DSC02216.jpg 
「甘えさせる」と「甘やかし」の違いと言うと、
子供がオヤツが食べたいと言えばオヤツを買い与え、
オモチャが欲しいと言えばオモチャを買い与えると言う風に、
子供が望むまま物を買い与えてしまう事を「甘やかし」と言い、
子供が「寂しい」とか「怖い」などの不安を感じた時・・
精神的に満たされていないと思っている事で
「抱っこ」などを要求した時に抱っこをしてあげたり、
一緒に遊んだり、お話を聞いてあげたりなど、
心を満たしてあげる事を「甘えさせる」と言う・・
などと言われていますが、実際はそんな単純な話ではなく、
愛情不足で「愛情が欲しい」とうまく言えない子には、
子供が望む小さな要求を満たしてあげた方が良い場合もあると思いますし、
逆にワガママな気持ちから「抱っこ」や「遊び」などを
ねだったりする事もありますから、最終的には子供をよく観察し、
子供の心の状況に合わせて対応を変えて行く事が
大切になってくるのではないかと思います。

しかし、そう書くと「間違ったら大変な事になる・・」と、
「失敗をしないように・・」と慎重になり過ぎてしまい、
結果として、どちらの対応もできず、心と心が離れてしまう・・
と言う事もあると思いますから、
まずは、その選択がその子の将来にとって
プラスになるか?マイナスになるか?で考えてみる・・

モノを買い与える事で将来的に
「買って貰って当たり前」になりそうなら我慢させ、
「抱っこ」や「遊んで」の要求に応える事で、
子供の心が満足し、笑顔で過ごせるのであれば、
抱っこや遊んであげるようにする・・

しかし、むしろ、注意しなくてはならないのは、
無意識に働く親の都合かもしれません?
「子供が泣いてうるさいから」と物を買い与えてしまったり、
「今、子供の要求に応えると、
 この先もずっと要求され続けそうだから・・」と、
抱っこも遊びもしない・・など、子供のしつけのようでいて、
「その場の都合」や「親の都合」だったりする事もあると思いますから、
自分の思考や判断を常に意識する・・と言う事は大切かもしれません?

勿論、そうした事は犬を育てる時も同じだと思います。
飼い主さんの多くは犬の要求には応えない・・と思いつつも、
犬が困ったり、悩んでいたりすると、つい、手や口を出して助けてしまい、
犬が自分で考え、乗り越えるべき課題を
取り払ってしまう事は多かったりします。

実はそれも「甘やかし」につながると思いますが、
意外と気づかないのが「犬に何かをして貰いたい・・」と言う時の
「甘やかし」ではないかと思います。

ある程度、犬の事が見えてくると、
犬が「ああして欲しい」とか「こうして欲しい」と言うサインを出しても、
しっかりと「NO!」と言えるようになりますが、
飼い主さんが「ああして欲しい」とか「こうして欲しい」と思った時・・
犬が飼い主さんの言う事を聞きたくないと言うサインを出した時、
言う事を聞いて貰う為に
犬が出す要求に応えてしまう事はあるのではないかと思います。

勿論、犬がまだ、できない事・・
苦手意識を持っている事に関しては、
おやつなどを用いてサポートをする事は必要です。
でも、犬は吠えてはいけないと分かっているし、
吠えない事もできるのに犬が吠えてしまっている時や
拾い食いなど、してはいけないと分かっているし、
拾い食いをしない事もできるのに、あえて拾い食いをする時などは、
犬が守るべきルールを破っている状態・・・
それなのに、犬にはノーペナルティで、
さらに飼い主さんがオヤツなどを用いて
言う事を聞かそうとしてしまうとしたら、
犬としては「できるけれど、やらない方がメリットがある」となり、
だから、できるハズなのにいつまでもできるようにならない・・
となってしまう事もあるのではないかと思います。

犬ができない事をできるようにサポートしてあげる事を「ヘルプ」と言い、
犬ができるハズなのだけど、まだ、うまくできないので、
上達できるように黙って見守ってあげる事を「サポート」と言うとしたら、
犬ができるハズなのにやろうとしない時、
何のペナルティもなく、オヤツなどの交換条件を提示してやらせようとする事は
「飼い主さんの都合」であり「甘やかし」になるのではないでしょうか?

確かに「交換条件」は必要だと思いますし、
やるべき事をやった時に、それを「当たり前」だと思わずに
「ありがとう」とご褒美を提示する事はありますが、
やるべき事をやらない時に、それを「仕方がない」として、
交換条件を提示して「やって貰う」と言うのでは、
いつまでもルールを守れるようにはならないと思います。

「ルール」を守る為には「ガマン」が必要です。
「ガマン」してくれた事に対してはご褒美をあげたとしても、
「これをあげるからガマンして」と言うばかりでは、
自主的にガマンをすると言う風にはならないと思いますから、、
目先の「できる」とか「できない」よりも
その子の将来にとって、どう言う教え方をした方が良いか?
と考えてみる事も大切ではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫