あなたが変われば私も変われるのに

 2016-08-14
DSC07796.jpg 

自分の犬の行動の問題で悩んでいる時って、
ついつい、誰かのせいにしてしまいがちですよね?

「自分の犬がもっと良い子だったら・・」
「私の言う事を聞いてくれたら・・」
「近所の○○ちゃんのようになってくれたら・・」
「旦那がもっと協力してくれたら・・」
「父と母が余計な事をしなければ・・」
「前の家の犬さえ吠えなければ・・」

・・などなど、
そんな風に色々な問題が解決しさえすれば、
ウチの犬の問題はなくなるし、私も楽しく、
リラックスした犬との暮らしが送れるのに・・と思うのですが、
実際は、そうした事は起こりはしませんので、
問題を起こした犬を大声で叱り、
叱った後で叱ってしまった自分に後悔してしまったり
する方が多いのではないかと思います。

そんな風に
自分が怒りっぽくなったのは犬のせい・・
この子さえ良い子になってくれれば・・
と思いがちですが、
では、犬の方は?と言いますと、犬は犬で

「飼い主は怒ってばかり・・
 もっと褒めてくれたら言う事も聞くのに」とか
「飼い主が私の気持ちを理解してくれないからダメなんだ」とか、
「アレはダメ、これはダメとなんでも取り上げるから 
 取り上げられないようにオモチャもおやつを
 必死で守っているだけで、安心させてくれれば、
 僕だって守る必要がなくなるのに・・」

ーと、飼い主さんの変化を望んでいるかもしれません?

つまり、お互いに
「相手が悪い」とか
「相手が変わってくれれば私も変われるのに」
と思っているから変われないでいる・・

でも、よく考えてみると、
教え、導く立場である飼い主さんが
犬に向かって
「あなたが先に変わりなさい
 そうしたら、私も変われるんだから」
と言うのっておかしくはないでしょうか?

犬を育てる時の「リーダー論」では、
絶対に犬に負けてはいけない・・と、
勝ち負けや優劣で語られる事が多いですが、
そうして、お互いに意地をはっていても
関係性がこじれるばかりで良い事はないと思いますし、
負けた方は勝った方に従わなければならない・・
劣っている方は優れている方に奪われる・・
と言う価値観の中で犬を育てていると、
犬もすっかりその思考になって、
犬同士や子供・・
女性など自分が勝てそうな相手に対し、
勝てば相手に言う事を聞かせられる・・
勝てば相手のモノを奪っても良い・・
と、余計に行動の問題が大きくなる事もありますので、
犬と同レベルで張り合わない・・
犬と同じ土俵には上がらない・・
と、言う風に考えてみるのも良いそうです。

特に飼い主さんが親から
他の子よりも優秀である事を求められてきた場合、
他の飼い主さんや自分の犬に対して
「絶対に負けられない」と言う気持ちが強くなって、
無意識に張り合ってしまう事もあるみたいですが、
そうして、勝ち負けの世界に自ら入り込み、
勝てそうもないと分かると
負けの原因を自分以外に求める・・と言うのでは、
犬と向き合っているのではなく、
「勝ち負け」と向き合っている・・
「優秀でなければいけない」と言う
自分としか向き合っていない・・
と言う事になってしまうかもしれませんので、
勝ち負けの土俵からは降り、
犬を教え、導く為にはどうしたら良いか?と、
一緒に歩んでいく二人三脚の姿勢で取り組んでみるのも
良いのではないかと思います。 (^▼^)ノ
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫