犬のモチベーションを考えてあげる

 2016-07-17
DSC06655.jpg 

「自分の犬はやる気が無い・・」
「オヤツがないと言う事を聴かない・・」
などと嘆かれる飼い主さんも多いと思いますが、
そんな風に「オヤツなどのメリットがないと動かない」と言うのは
生まれつきの性格なのか?と言いますと、
実は飼い主さんが知らず知らずのうちに
自分の犬の積極性を失わせてしまっている・・
と言うケースもあるみたいですから注意が必要です。

最近は「褒めるしつけ」が主流です。
そして、「褒める」と同時に「おやつ」を用いる事も多いと思いますが、
折角、「その行動をすると楽しい」と犬が理解してきたにも関わらず、
飼い主さんがその行動に対してご褒美のおやつを与え続けてしまう事で
その行動に別の意味・・
「その行動をするよりもおやつが貰えるまで待っていた方が良い」
と言う認識を犬に与えてしまい、犬の積極性を奪ってしまう・・
と言う事もありますから注意が必要です。

他にも犬が「どうしよう?」と悩みつつ、
新しい一歩を踏み出す勇気を引き出している最中に
飼い主さんが「こうしてあげるから頑張りなさい」とか
「これをあげるからやってごらんなさい」と、
「交換条件」を提示してしまうケースも多いです。

犬がこれから、折角、新しい一歩を踏み出そう・・
としているにも関わらず、飼い主さんがそれを見守れず、
「交換条件」を提示してしまう事で、犬は
「積極的に行動するよりも
 交換条件を提示してもらえるまで待っていた方が良い」と思ったり、
「良い条件が提示されるまで待っていた方が得」となって、
逆に積極性が失われてしまう事は多いです。

人間もボランティア活動を始めて、
人々の役に立つ事に喜びを感じたり、
人知れず、町内の清掃活動をしている事を
自らの達成目標として頑張っていたにも関わらず、
ある日、突然、それらの活動を認められて
金銭が得られるようになった・・
あるいは、多額の寄付金が振り込まれるようになった事で
いつの間にか寄付金を得る為の活動がメインとなり、
活動は常に目立つ事が中心となり、
人知れずの活動などに見向きもしなくなってしまう・・
と言う事も多いそうです。
でも、それは何故か?と言いますと、自らの「目的」・・
「得られる価値基準」が変わってしまったからだそうです。

そんな風に最初は興味や好奇心など、
「内的な動機付け」で行動していたものが、
それを上回る「外的な動機付け」が与えられる事で
「内的な動機付け」が低減してしまうことを
「アンダーマイニング効果」と言うそうです。

勿論、最初は「外的な動機付け」から
「内的な動機付け」を育てて行く事も大切ですが、
飼い主さんがいつまでも
「外的な動機付け」をし続けてしまう事で
犬の「楽しいから」と言う「内的な動機付け」を低減させ、
「外的な動機付け」の為に動く子にしてしまう・・
と言う事もありますので、犬をよく観察し、
自分の犬が「その行動を苦手」と思っている時は
おやつを使ったりして、気持ちを盛り上げてあげつつ、
自分の犬が「その行動を楽しい」と思っている時はおやつを控え、
黙って見守るようにしてあげる事も大切ではないかと思います。(^▼^)ノ
カテゴリ : トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
くろックCute DC01

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム